こびと株投資のモデル紹介

こびと株投資のモデルを紹介したいと思います。

こびと株.comメンバーのモデル

※メンバーによって多少異なりますが、40歳で概ね年間30~50万円の配当獲得を目指しています。

インカムゲインの推移(予定)

・40歳で毎年33万円の配当金

・50歳で毎年63万円の配当金

・60歳で毎年93万円の配当金

・65歳で毎年108.0万円の配当金

・3,600万円の投資に対して、85歳時点の投資元本+配当金受取総額は7,758万円

100万円&3%

グラフの意味

こびと株投資の本質は、投資元本部分(青色の棒グラフ部分)の元本割れリスクをコントロールしながら、配当金(緑色の棒グラフ部分)を獲得することです。

株式投資などせずに預金していれば、青色の棒グラフ部分は必ず維持されます。しかし、元本割れするリスクを受け入れることで、緑色部分の獲得が狙えるようになるのです。

モデルの大前提

・複利運用せず、配当は全て生活・趣味に充てる

・ポートフォリオ全体での配当水準(税引後3.0%)は安定的に維持される

・ポートフォリオ全体での投資元本は超長期的に見て元本割れしない

投資成否の判断方法

ポートフォリオを次世代まで引き継がせていくつもりなので、なかなか投資の成否判断が難しいところなのですが、とりあえず「40歳時点における配当受取額と元本状況」を中間的な判断時点とします。

元本受取額:狙った金額の配当金を獲得できているか(最重要)

元本状況:市場が落ち込んでいた場合、市場の下落率よりこびと株ポートフォリオの下落率が低いこと

ちなみに、NISAが恒久化されると配当利回りをかなり押し上げてくれます。3.75%と3.0%では大違いですからね。恒久化を望む声も多いので、是非期待したいところです(2016年10月20日時点記載)。

※対抗馬として意識しているのは、「市場平均」ではなくインフレ率長期国債金利です。

参考:毎年の積立額が〇〇万円の場合

50万円の場合

50万円&3%

75万円の場合

75万円&3%

125万円の場合

125万円&3%

 

以上、モデル紹介でした。

「こびと株.com」について知りたい方はコチラ

「こびと株」の10条件について知りたい方はコチラ

「こびと株」の6つのメリット・2つのデメリットについて知りたい方はコチラ

「こびと株」の投資10原則について知りたい方はコチラ

「投資が必要な理由」、「配当金が生活・趣味にどれだけ役に立つか」、「債券・投信・不動産投資との違い」、「口座開設の方法」などについて知りたい方はコチラ

そんなことより、こびと達の顔を見てみたい!という方はコチラ