ウォーレン・バフェットについて知りたい人におすすめ!「スノーボール」

スポンサーリンク

フルーツ@バレンタインには友チョコじゃなくって、投資本がほしかった!です。でも本当にほしいのは「絶対にあがる株」です。最近しーさん先輩の「かねのもーじゃ症候群」が伝染しつつあります。

今日は、ウォーレン・バフェットの生涯を詳しく書いた本をご紹介します。アリス・シュローダー著、伏見 威蕃訳、ウォーレン・バフェット伝「スノーボール」です。

 

スノーボール

内容について

上巻696ページ、下巻713ページ、計1,409ページの大長編です。超有名投資家ウォーレン・バフェットの、あらゆるエピソード、生い立ち、生き様が描かれています。

「スノーボール」は、ウォーレン・バフェットの伝記です。必ずしも投資についてフォーカスされているわけではありません。しかし、大成功した投資家の生涯について知ることは、きっとあなたの投資家人生にも役立つでしょう。

フルーツ
いつかは私も自分の伝記、書いてみたいw

300時間以上の本人へのインタビュー、250名以上の関係者への取材をもとに、5年の時をかけて執筆されています。伝説の投資家のいいところも悪いところもていねいに描かれていて、オマハの賢人ウォーレン・バフェットに会ったかのような気持ちにさせてくれます。

1,409ページというボリュームからもわかる通り、ポイントを絞って端的にまとめてあるわけではありません。てっとり早い要約を求めず、ウォーレンの歩んできた道をたどることをゆっくり楽しみたい人のための本です。

人間味あふれるウォーレンが、なんだか大好きになってしまう1冊です。投資に興味のある人はもちろん、興味のない人も楽しめると思います。

一方で、必ずしも投資に直接関係のあることばかり書いてあるわけではありませんから、投資の指南書を探している人には向かない本だと思います。

フルーツ
2回読みましたvこれからも何度か読み返すと思います!

 

私のお気に入り

おもしろいエピソードにあふれるこの本なのに、一番心に残ったのは、裏表紙のこの言葉でした。お気に入りの一節です。

Life is like a snowball. The important thing is finding wet snow and a really long hill.

人世は雪玉(スノーボール)作りに似ている。大切なのは、大きい雪玉を作るに適した長い長い坂を見つけることさ。

Warren Buffett

ウォーレン・バフェット

フルーツ
大きな大きな特大の雪玉を作って見せようじゃないか!こびと株で、スノーボール!

なんだかやる気が満ちてくる本でした。

フルーツ
こびと株こそ、雪玉作りの最上の手段である!こびと株.comは雪玉制作所なのである!

 

とってもおもしろい本ですので、ぜひ。

 

ではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。