米国株連続増配ランキング【2017年2月末時点】

スポンサーリンク

2017年2月末時点における、米国株の連続増配ランキングをご紹介します。

配当チャンピオン(連続増配25年以上)

全109社(前月比±0社)となっています。全社単純平均の数値は次の通り。

  • 配当利回り平均:2.31%(前月比▲0.04%
  • 配当性向平均 :57.24%
  • PBR平均   :5.38倍
  • ROE平均   :17.82%
  • 負債比率平均 :0.88

※エクセルオンラインのデータを表示します

 

配当コンテンダー(連続増配10年以上25年未満)

全230社(前月比+1社となっています。全社単純平均の数値は次の通り。

  • 配当利回り平均:2.65%(前月比▲0.01%
  • 配当性向平均 :74.08%
  • PBR平均   :4.42倍
  • ROE平均   :16.93%
  • 負債比率平均 :1.14

※エクセルオンラインのデータを表示します

 

まとめ

チャンピオン(連続増配25年以上)、コンテンダー(連続増配10年以上25年未満)ともに、ランキングから落ちてしまった銘柄はありませんでした。

(3月2日時点で10数社ほどランキングから落ちてしまったとツイートしたのですが、現地会社のHPを見て資料を修正したところ、実際は減配したところはありませんでした。元資料と現地会社HPとの差は不明です…なんでだろう…)

そして、コンテンダーに連続増配10年のBrookfield Infrastructure Partners LP(ティッカーコード:BIP)が追加されました。未来のチャンピオン目指して頑張ってほしいですね。ここから15年、先は長いですね。

 

現在50年、60年と増配を続けており株主への還元を続けている企業には頭が上がりません。ステークホルダーに対して利益貢献し続ける偉大な企業達に敬意を払いたいですね。

日本の企業からも、彼らのような企業が生まれることを祈りつつ、そして株主としての立場からの応援を続けていきたいと思います。

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comのボス(役割:投資対象の選定)。「お金の話」と「健康」をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理部で財務諸表を作成している会計職人。40歳時点で、給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。