株式投資の落とし穴?サラリーマン兼業の長期投資家は、株式投資には時間をかけすぎるともったいない。

スポンサーリンク

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

たぶん、なんとなくですけど、株式投資に関して

 

「時間をかければかけるほど、成果がでる」

 

そう思い込んでいるサラリーマン投資家は多いんじゃないかなぁと思います。基本、自分もそうなりがちですし。

で、これなんでかっていうと、サラリーマン根性が染みついているからだと思うのですよね。1社でしか勤めた経験がない自分がここまで言い切るのも少し気が引けるのですが、残業してる奴=頑張ってる奴の文化を持つ会社にお勤めの方には、多少は共感頂けるのではないかと思います。

 

お金は、汗水流して働いて得るもの。

頑張れば頑張るほど、働けば働くほどお金を稼ぐことができる

 

これが一般的な感覚だと思うんです。

 

ここで怖いのが、「頑張る」とか「働く」の内容がいつの間にか「時間をかけること」にすり替わってることなんですよね。実際、管理職でもなければ時間をかければ(=残業をすれば)給料が増えるのは間違いないので、いつの間にやらすり替わっていくのも無理はないと思います。

 

ちなみに、私の場合今までは月に40~50時間残業していて手取りが35万円ほどだったのですが、一切の残業をやめたら手取りが25万くらいに減りました。

事務能力はここ数年で格段にアップしているので、仕事の成果はむしろ上がっているんですけどね。

なんのこっちゃない。

給料は、成果に対してじゃなくてどれだけ会社にいたかで支払われているんだなということがよく実感できました。こういう実態もあって、いつの間にか「時間をかければかけるほど稼げる」と思う人が増えていくんだろうなぁと思った次第です。

 

さて

 

株式投資をやっている人は、「お金にお金を稼がせよう」という発想を持っている方がほとんどだと思います。

 

お金と労働って、必ずしも紐づいてないじゃん

 

ある意味、ここに気ががつくことが投資への第一歩ですからね。でも、そうやって踏み出した投資の世界で、気がつくと労働と変わらないほど時間をかけている人がいる。これって本末転倒じゃないかなと思うわけです。

1億とか2億とか持っている人だったらそれでも良いと思うんですよ。元本が多いため、労働よりもはるかに効率(かけた時間に対するリターン)が良いからです。もちろん、悪くなる可能性もありますが(笑)

でも、せいぜい数百万円程度の資金を運用しているサラリーマン投資家にとっては、投資にかける時間を増やしまくるのは本当にもったいないと思います。毎日2時間も3時間も勉強して、四六時中投資のことを考えて頭を悩ませて…

それで得られるリターンが年5%としましょう。結局、時給はいくらになりましたか?という話です。すでに、1日最低でも8時間は拘束されることが確定しているサラリーマン。そんな私たちは、

 

時間をかけていないのに成果が出る

 

という投資を目指した方が絶対に良いと思うんですよね。時間の切り売りは、サラリーマンだけでもう十分!そんなことを考えていてふと思ったのが↓のツイートだったわけです。

 

投資マニアになって時間を浪費するのはもったいないですよ~(自分達への戒めでもある)。

投資に勉強が不要というつもりは一切ありませんし、むしろある程度の勉強は絶対に必要なのですが、そこから先のバランスが非常に難しいところですね。投資である以上、かけた労力・元本に対するリターンについては常に意識しておきたいものです。

 

兼業サラリーマンの長期投資を前提とするならば、時間の使い方は、資産の増減に併せてこうやってシフトさせていくべきかな、と思っています。

  • 歳を重ねるにつれて、労働時間は減らしていく
  • 株式投資には、いつどんな時も、時間をかけすぎない
  • あまった時間で、事業(副業)を育てて収入を分散化
  • 資産と時間に余裕ができたら、(時にはサラリーマンの信用力を生かしてレバレッジをかけつつ)不動産投資

そんな感じですかね。

不動産投資は、やっぱりどんな市況でも選択肢から外したくないですね。実際に、お得な取引をした経験がありますし、常に次のチャンスを見張っていたいと思います。

じっくり、ゆっくり収入を分散化させていって、自分の時間を今よりももっと大切に使えるようになっていけたらいいな!

 

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comのボス(役割:投資対象の選定)。「お金の話」と「健康」をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計職人。40歳時点で、給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。