上場企業の経理で税理士資格は役に立つのか?

スポンサーリンク

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

私は学生時代から経理/財務職に関心を持っていたため、どのような資格・スキルが経理に役立つのかを考え続けてきました。職場の後輩や就活中の学生から色々と相談を受けることもあるのですが、そのなかで割と多い質問がコレ。

上場企業の経理で税理士資格は役に立つのか?

です。

私は税理士資格を有していません(また、会計事務所での勤務経験はなく、いわゆる一般事業会社での勤務経験しかありません)。それを前提としてお読み頂ければと思います。ちなみに、日系企業です。

 

勤務税理士という働き方

独立開業している税理士を開業税理士、会計事務所や事業会社に勤めている税理士を勤務税理士と呼ぶことがあります。今回の話題は、独立開業の話題ではなく、勤務税理士に関するお話です。

 

税理士資格は、社内での昇格・昇給の役に立つか?

多くの時間や教材費などのコストをかけて「税理士」のような専門知識を身につける目的は、究極的には経済的メリットの享受だと思います。その観点から、税理士資格が社内での昇格や昇給に役に立つかという質問に答えると…

残念ながら、役に立たないと思います。

役に立たないと思うのには、3つの理由があります。

  1. 年功序列を前提とした日本の大企業では、個人の特殊スキルを評価する仕組みがない
  2. そもそも、体力のある会社(上場企業など)には税務顧問やコンサルがいる
  3. 出世に必要なのは、税務知識(ポータブルスキル)ではなく社内政治力(インポータブルスキル)

 

まず、「①年功序列を前提とした日本の大企業では、個人の特殊スキルを評価する仕組みがないについてですが、ご存じの通り、日本企業は一般的に年功序列という仕組みを採用しています。例えば、20代の税理士有資格者と、30代の社員がいた場合、先に昇格するのは30代の社員です。なぜなら、評価の基準に「年次」があるからです。

外資系など、完全に実力主義の会社であれば若い人材の登用もあるかもしれませんが、古い日本企業ではそんなに思い切った人事は出来ません。

たとえ税理士資格を有していても、それをひっくり返すほどのパワーはありません。AとBが全く同じ年次で、社内での評判や経験にあまり差がない場合、はじめて税理士資格が考慮される、そんな程度のレベルだと思います。税理士資格の難易度を考えるとあまりにコスパが悪いですね。

 

次に、②体力のある会社(上場企業など)には税務顧問やコンサルがいるについてです。複雑な税務論点に対する大企業の考えはこうです。

高度かつ複雑な税務論点(組織再編や移転価格税制対応)については、社内人材ではなく社外専門家の力を借りて対応する

なぜなら、このような論点(会社経営に対するインパクト・リスクが大きい税務論点)について社内調整をする場合、「外部のコンサルがこうしろと言っている」というのはとても説明がしやすいからです。社内のいち社員の提案よりも、コンサルの意見を重視します。

税理士有資格者が有利になりそうな論点は顧問や外部コンサルに対応させて、日常業務の一環として対応しなければならない論点は一般社員で対応する。こう考えると、一般事業会社における勤務税理士というのは帯に短したすきに長しといった感じです。どうにも活躍する場が見出せません。

 

最後に、「③出世に必要なのは、税務知識(ポータブルスキル)ではなく社内政治力(インポータブルスキル)」についてです。

会計や税務といった知識は、ポータブルスキル(持ち運び可能なスキル)と呼ばれることがあります。A社にいようがB社にいようが、どの会社も決算や税務申告は行っていますから、ポータブルスキルを持っている人はどこにいっても働くことができます。

悲しいことに、税理士が持っているような高度な知識は、ポータブルスキルゆえに「替えがきいてしまう」のです。社内のことに詳しい人材は、絶対に外部には存在しません。一方で税務に詳しい人は外にいくらでもいるのです。

持ち運び不可な、その会社の中でしか通用しない能力(社内人脈など)を有している人の方が、出世や昇格には圧倒的に有利です。なぜなら、替えがきかないからです。

うちの職場においても、税理士有資格者をさしおいてバンバン昇格している人がいます。というか、むしろ無資格者の方が出世が早いとすらいえますね。税理士を取得すれば、尊敬されて輝ける!というのは幻想にすぎないというのが現実です。

 

以上3つの理由により、税理士資格は出世・昇格には役に立たないと考えています(もしくは、極端にコスパが悪い)。

税理士資格取って、出世にも役に立ったよ!という人は、そもそも税理士資格がなくても出世していただろうという、謙虚でコミュニケーション能力の高い努力家の人が多いように思いますね(サンプルが2人しかいませんが)

 

社内で税務に携わるために役に立つか?

経済的メリットのことはさておき、「やりたい仕事ができるか?」という観点です。税法が大好きで、3度のメシより税務が好き、そういう人が税理士資格をとることで、税務に携わることができるようになるか?と言いますと、

これはもう、バッチリ税務をやることができます。

もし、社内で税務がやりたい!ということであれば税理士より役に立つ資格はないんじゃないでしょうか。グループ移動や部署移動など、人事評価と関係ないところでなら、簡単に考慮してもらえると思います。

 

転職に役立つか?

そもそも、昇格や昇進に役立つか?というところで触れた通り、上場企業では「税理士」のニーズがそんなに高くありません。それよりも、海外の駐在経験や、内部統制対応など、その場その場で社内に足りていない人材をピンポイントで要求する傾向にあります。例えば、移転価格税制に関して人材を募集しているとして…

移転価格税制対応経験のある無資格者と、移転価格税制対応経験のない有資格者であれば、前者が有利です。

私の知り合いで、「上場企業勤務経験ナシ・税理士有資格者・30代前半」で転職活動を進めていた友人がいましたが、相当苦戦していました。税理士は、上場企業転職のプラチナカードではないようです。もちろん、無資格者よりは評価されると思いますが、決定打になるかというと難しいところですね。

 

まとめ

このように見てくると、昇格・昇給や転職に関して、税理士試験の難易度を考えると(5科目合格の平均年数は7~8年)は相当にコスパが悪いと言えます。

資格スクールは、受講者を増やすために甘い言葉を並べますが、現実はそんなに甘くはありません。

社内で税務に携わりたい!その一心で税理士試験を勉強している人なんてかなり少数でしょうから、現実には「税理士を取得したことで、満足のいく就労環境が得られた!」という人は少数派なのではないかと思います。

 

税理士資格は、やはり独占業務(税務申告業務・税務相談)を行う開業税理士をやってナンボの資格だと思います。独立に対する意識が高くない人は、安易に受験すべきではないと思います。本当にお金も時間もかかる大変な試験ですからね。

というわけで、「上場企業の経理で税理士資格は役に立つのか?」でした。絶対こう!というわけではないので、いち意見として参考にしていただければ幸いです。

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comのボス(役割:投資対象の選定)。「お金の話」と「健康」をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理部で財務諸表を作成している会計職人。40歳時点で、給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。