ステークホルダーとは【ビジネス会計検定試験3級 過去問&解説】

スポンサーリンク

ビジネス会計検定3級の過去問解説シリーズです。今後充実させていきたいと思っています。

このシリーズを読むメリット

  • いつの間にか、ビジネス会計検定3級の得点力が伸びる!
  • 財務分析の基礎用語・分析方法が身につき、実際の株式投資に役立つ!

ディズニーランドの開示資料など、企業の生の情報を交えながら興味を持ってもらえるように解説しますので、よろしければ是非お付き合いください♪

 

過去問

第4回試験 ★★☆

企業は財務諸表などの会計情報を提供することにより、( ア )による企業の状況に関する判断を誤らせないようにしなければならない。( ア )のうち、たとえば( イ )は会計情報にもとづいて投資を行うか否かの判断を行い、( ウ )は融資を行うか否かの判断を行う。また( エ )は売上債権の回収可能性を判断する。

  1. (ア)ステークホルダー (イ)投資者 (ウ)取引先 (エ)債権者
  2. (ア)ステークホルダー (イ)経営者 (ウ)取引先 (エ)債権者
  3. (ア)ステークホルダー (イ)投資者 (ウ)債権者 (エ)取引先
  4. (ア)経営者      (イ)投資者 (ウ)債権者 (エ)取引先
  5. (ア)経営者      (イ)債権者 (ウ)取引先 (エ)従業員

 

正答・・・③

会計情報の利用者・利用目的を理解しているかどうかを問う問題です。

言葉の定義を知っていれば正解、知らなければ不正解になる暗記問題です。

【正答への最短コース】

  • 企業は、経営者も含めたステークホルダー(利害関係者)全体のために財務諸表などの会計情報を提供しているので、(ア)にはステークホルダーが入ります。
  • 投資を行うか否かの判断を行うのは投資者なので、(イ)には投資者が入ります。
  • 融資を行うか否かの判断を行うのは債権者なので、(ウ)には債権者が入ります()。
  • (ア)ステークホルダー(イ)投資者(ウ)債権者の組み合わせは③しかありませんので、③が正解です。

※公式テキストでは、取引先=得意先(顧客)や仕入先であり、融資を行う金融機関は含まれていません。従って、(ウ)には取引先は入りません。

 

実践解説!

ケーススタディ:ディズニーランドの売上を見てみよう

企業が公表している「会計情報」を実際に見てみましょう。これは、みんな大好きオリエンタルランド(ディズニーリゾートの運営者)の売上高です。

オリエンタルランド売上

(出典:オリエンタルランド 2016年3月期プレゼンテーション資料より一部抜粋)

ゲスト1人あたり売上高って11,257円なんですねぇ。

  • チケットを購入してテーマパーク内に入園して
  • お土産のキーホルダーやぬいぐるみなどを買って
  • ポップコーンやチュロスなどを食べて楽しむ!

これで大体諭吉さん1枚が消えてしまうイメージでしょうか。

1人あたりの単価は増えていますが、入園者数が減ってしまったので売上全体は落ちています。

「夢の国」の情報が、こうやって数値で出てくると面白いですよね。

このような情報は、オリエンタルランドのHP上で公開されており誰でも見ることができます。売上だけではなく、テーマパークの建物や土地・借入金など、企業の状況をさらに細かく確認することができます。

このような情報こそ、まさにステークホルダーのために公開されている情報なのです!

 

教科書的な内容:ステークホルダーって?

企業の売上や利益、資産の状況を集計するテクニックを「会計」と呼びます。集計された会計情報は、ステークホルダー(企業の利害関係者)によって利用されることになります。

利害関係者

(出典:公式HP 仕事に役立つ!ビジネス会計コラム 第1回「財務諸表の役割」)

試験上のポイントは、ステークホルダーごとに利用目的・関心が異なるということです。

ステークホルダー
利用目的
関心
経営者経営の管理株主の評価
業績
取引先(例:仕入先)財務状況の確認販売した商品・サービス代金の回収
国・地方自治体税金の徴収税金の支払能力
投資家株式売買の判断売買益
配当金
債権者(例:銀行)融資可否の判断元本の返済
利息
従業員自社状況の確認雇用の確保、賃金/福利厚生

企業は、各種ステークホルダーのために資料を作成しそれを公開しています。この企業内容の開示のことをディスクロージャーといいます。ディスクロージャーのおかげで、企業と取り巻く関係者達は、自分の必要とする情報を簡単に入手することができるのです。

 

まとめ!絶対暗記!

  • 企業の利害関係者のことをステークホルダーという
  • ステークホルダーによって、会計情報の利用目的は異なる
シーさん
ステークホルダーの種類・利用目的については、過去問で出題されたものをおさえておけば問題ありません。完璧に暗記していなくても、常識による判断/消去法で正答にはたどり着ける(少なくとも2択まで絞れる)と思います
ビジネス会計検定や簿記に関する疑問点

理解が難しい分野に関する質問や、経理実務に関する質問(人員数や担当業務、給料、残業時間や繁忙期etc..)など、いつでもお気軽にご相談下さいませ~

 

本日は以上です。それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comのボス(役割:投資対象の選定)。「お金の話」と「健康」をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理部で財務諸表を作成している会計職人。40歳時点で、給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。