株式投資に簿記の知識は必要か?

スポンサーリンク

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

株式投資をするうえで、簿記の知識は必要なのか?

投資のために日商簿記3級などを取得するメリットはあるのか?

今日はこの話題について、実際に株式投資を行って利益をあげている経理マン(日商簿記1級保有)の視点から記事を書いてみたいと思います。

 

株式投資に簿記の知識は必要か?

結論から言うと「必須ではない」と思います。会計が大好きなので、必須だ!と言いたいところなんですけどね。

その理由は、簿記の知識というのは、株式投資に必要な情報のうち、ほんの一部の情報を理解することにしか役に立たないからです。

 

投資に必要な情報を4種類に区分

次の表をご覧ください。株式投資に必要な情報を、「過去、未来」といった時間的な要素と、「文章、数値」といった内容の要素に区分したものです。

簿記の知識というのは、過去の数値を扱うための知識です。表の黄色の部分ですね。しかし、このエリアの重要性はそんなに高くないのです。

 

株式投資をするうえで最も重要なのは未来の情報

株価にもっとも影響を与える要素は、言うまでもなく「未来」の情報です。

例えば、中期経営計画では、その企業の今後3年程度の目標が掲げられています。中期経営計画が市場予想よりもかなり強気だった場合、株価にはプラスに影響する可能性があります。1年ごとに発表される翌期業績予想についても同様です。経営陣が強気の予想を出せば、株価にはプラスに影響する可能性が高いです。

また、IRにおいて「開発中の薬が承認される可能性が高まった」や「今後、〇〇社、△△社を買収していくことを決定した」という発表がされても株価には大きく影響しますね。

なぜ将来予想の発表で株価が大きく動くかというと、経営陣と投資家の間には情報格差があるからです。経営陣の方が、会社の現況や将来の見通しについてたくさん情報を持っているということです。これを情報の非対称性と言いますが、中期経営計画や業績予測などの将来に関する情報は、この非対称性を是正する効果があります。

※中期経営計画ってナニ?という方はこちらの例をご覧ください:伊藤忠商事の中期経営計画

トレードで利益を上げたければ、将来予想をより正確に行う能力や、将来予想に対して他の投資家がどのような判断・行動をするか読む力が必要になります。

 

簿記は、過去の数値を扱うための知識

簿記は、財務諸表を作成するための技術です。

財務諸表とは、貸借対照表損益計算書のことを指します。

貸借対照表は、ある一時点における企業の財政状態を示した資料です。損益計算書は、一定期間における企業の経営成績を示した資料です。いずれも、過去の数値をまとめたものに過ぎません。

過去の数値をいくら詳細に分析したところで、将来の予測にはあまり役に立ちません。精度の高い将来予測ができるのは、私達個人投資家ではなく、様々な情報を持っている企業サイド(経営陣)や彼らに近い機関投資家なのです。したがって、財務諸表を頼りに投資の世界で戦うというのは、かなり難易度が高いと言えます。

 

投資は総力戦

とは言え、少し視点を変えて考えてみると、投資に役に立たない知識などありません

投資は総力戦です。自分が持っている知識・経験・感性など、あらゆる要素をもって「買うか」「売るか」難しい判断をしていくのです。コスパの良い情報と悪い情報という区分はあると思いますが、まったく役に立たない知識はないと思います。

むしろ、「投資に役立つ知識」「投資で儲けられる知識」だけ効率的に学びたいと思っている時点で、熱心な投資家には勝てなくなるのではないでしょうか。

早く成功したいなら、とにかく早く失敗を繰り返すことだ

という言葉がありますが、株式投資で成功したいと思ったら、とにかく貪欲にあらゆる知識を吸収していこうという姿勢が重要なのではないかと思います。不要なこと・効率の悪いことをしてしまうというムダは発生すると思いますが、そのムダの発生頻度が高ければ高いほど、逆に成功に近づいているとも言えます。

効率の良いことしかしたくない、と言っている人で突き抜けた成績を収めている人を見たことがありません。勝つ人は、やはり情熱的で貪欲な勉強家です。

 

簿記の知識だけを頼りにリターンをあげている個人投資家もいる

こびと株.comのメンバーは、全員が日商簿記1級ホルダーで、経理/財務のプロフェッショナルです。

私達の投資の前提は

  • 株価の将来予測はできない
  • 配当金については、財務諸表を分析すれば将来予測がしやすい

この2つです。

株式投資を始めて3年になりますが、私達は株を売ったことがありません。財務体質が強固な企業を選定し、そこから配当金を得ることを目的に投資をしているためです。そして、今のところその取り組みは成功しており、安定して配当金を獲得することが出来ています。

目標利回りを割ってしまうような大幅減配や、無配転落などは経験したことがありません。

配当金の水準を年間50万円、100万円と増やしていきたいと思っていますが、このような投資をしていくのであれば簿記の知識は大変役に立ちます。というか、ほとんど簿記の知識だけを頼りに投資をしているといっても過言ではありません。株を売ったことがない投資家というのは、かなり少数派だと思いますけどね。

このように、株価をリターンの源泉にしない場合(トレードはやらない)には、会計の知識は大変有効な知識だと思います。

 

まとめ

株式投資をするうえでの簿記の位置づけについて、まとめです。

  1. 必須ではない
  2. 投資は総力戦なので、あって困る知識ではない
  3. トレードではなく、配当金狙いの長期投資ならかなり有効な知識

 

もしこの記事を読んでいるあなたが

  • 短期売買が好きなトレーダー志向
  • ハイリスク・ハイリターンな投資を求めている

であれば、簿記の知識の重要性は低いと思います。

一方で、

  • 株価の動きに一喜一憂したくない長期投資派
  • リスクを一定程度おさえつつ、安定したインカムゲインを獲得したい

このようなタイプの投資家であれば、簿記を学んで後悔することはないと思います。是非、簿記の知識を身に着けて、自分に合ったスタイルの投資を追及して頂ければと思います。ファンダメンタル投資の仲間ですね。個人的には、時間が限られているサラリーマンはこの手のスタイルが向いていると思います。

投資に役立つ簿記・ビジネス会計検定について、情報量が豊富なまとめ記事を作成してありますので、興味のある方は是非ご覧下さいませ!

日商簿記3級のまとめ(難易度・合格率、勉強方法・勉強時間、おすすめテキスト・過去問集など)

2017.05.10

 

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comのボス(役割:投資対象の選定)。「お金の話」と「健康」をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計職人。40歳時点で、給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。