キヤノン ナノインプリント向け量産用マスクレプリカ製造装置 製品化!

スポンサーリンク

フルーツ@ヒートテック万歳!です。寒いの苦手。暑いのも苦手。ですから温度管理のされた快適な部屋で暮らすために、こびとたちにせっせと配当を運んでもらわねばなりません。

今日は配当金の原資である利益を稼ぐ、新しい製品のお知らせ。またまた主役はキヤノン株式会社のかのんちゃんです。こびとMTG、スタートっ!

補足:こびとMTG
こびとMTGは、不定期に開催される、こびとたちとオーナーとのMTGです。こびとたちのことを知り、株式についての理解を深めることを目的としています。各会社のプレスリリースをもとに、財務情報をはじめとする定量的情報の他、製品情報などの定性的情報もご紹介していきます。

※今日のこびとMTGは、キヤノン株式会社のプレスリリース世界初のナノインプリント向け量産用マスクレプリカ製造装置 “FPA-1100NR2”を製品化」の内容をご紹介するMTGです。

 

かのん
世界初ー♪せっかいはつー♪

かのんちゃん、上機嫌だね。

かのん
だってかのん、世界初の製品つくっちゃったの!

世界初!さすがはかのんちゃんだね。

かのん
エヘン。ナノインプリント向け量産用マスクレプリカ製造装置なのだっ。

…???

ニフラ
半導体を量産するときに必要な、マスクを作る装置だよ。

あ、ニホンフラッシュのニフラくん。もうちょっと詳しくお願い!

ニフラ
半導体の製造装置には、昔から使われてる露光技術っていうのを使った装置や、ナノインプリントっていう新しい技術を使ったやつなんかがあるんだ。

ふむ。

ニフラ
ナノインプリント技術を使った半導体製造装置で半導体デバイスを量産するためには、回路のパターンを彫り込んだ型が必要なんだ。この型はマスクって呼ばれてる。

うんうん。

かのん
マスクには、お値段の高いマスターマスクと、お安くできるレプリカマスクがあるのだっ。
ニフラ
今回かのんちゃんが世界で初めて作った製品は、そのレプリカマスクを作る機械なんだ。

ほー、なんとなくわかった!

かのん
今回の製品“FPA-1100NR2”はDNP(大日本印刷)グループに納品するの。マスクの生産性を飛躍的に向上させるのだっ!

すごいじゃん!

ニフラ
しかもかのんちゃん、サンノゼで行われる半導体リソグラフィ国際会議で講演するんだよね!
かのん
そうなの!ナノインプリント技術とナノインプリント装置の開発進捗について。アメリカ時間の今日朝8時10分からなの。
ニフラ
時差は17時間だから、あと4時間くらいではじまるね!

おーv

 

かのんちゃんのビジネスが少しずつわかってくるのはとっても楽しいです。サンノゼまで飛んでいって講演を聞くぞっ!というわけにはいかないのが残念。まぁ、きいたところで技術の話も英語もわからない可能性300%ですけれども。

今回の納入先であるDNPグループは、ナノプリント用マスクのリーディングサプライヤーなのだとか。これを皮切りに、“FPA-1100NR2”がどんどん売れたりしないのかしら。そしてそれがかのんちゃんの増益につながり、ひいては増配に…!

「それにつけても 金のほしさよ」という一節が頭から離れない私ですが、純粋な気持ちで、かのんちゃんの発展を祈りたいと思います。

それではまたっ!

 

※今日の主役、キヤノンのかのんちゃんに関する基本情報はコチラです!ぜひご覧下さい♪

(参考:「SPIE」、http://web.canon.jp/technology/future/nanoimprint-lithography.htmlなど)

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。