ニホンフラッシュ 定時株主総会招集ご通知!3月期決算会社の株主総会はやっぱり6月に集中

スポンサーリンク

フルーツ@アイスの季節!です。昨日の最高気温は32℃。とても6月とは思えませんね。そんな日にはクーラーのきいた部屋で、布団にくるまってアイスを食べるに限ります。涼しくてあったかくて冷たい。わーい。

すっかり休息モードの私ですが、こんな日にもこびとMTGは開催されます。本日の主役は、ニホンフラッシュ株式会社のニフラくんです!

 

補足:こびとMTG
こびとMTGは、不定期に開催される、こびとたちとオーナーとのMTGです。こびとたちのことを知り、株式についての理解を深めることを目的としています。各会社のプレスリリースをもとに、財務情報をはじめとする定量的情報の他、製品情報などの定性的情報もご紹介していきます。

※今日のこびとMTGでは、ニホンフラッシュ株式会社のリリース第53期 定時株主総会招集ご通知の内容をご紹介します。

 

ニフラ
アイスいいなぁー。

あ、ニフラくん。

ニフラ
はい。ニフラです。アイス…じゃなくて、今日はフルーツに報告があるよ!

うんうん。

ニフラ
きたる2017年6月23日、パークウエストン1階ボールルームにて株主総会を開催します!

おー。

Xネッコ
うちの株主総会より5日早いんだな!

あ、株式会社エックスネットのXネッコ。そういえばこないだXネッコも株主総会だっていってたね。

Xネッコ
3月決算会社は大抵6月だからなー。
ニフラ
そうなっちゃってるよねー。企業と投資家さんの建設的な対話のためにはいまいちだって批判があるんだけどねぇ。

現状、日本は欧米諸国と比べ、「決算から定時総会までの期間が短い」、「総会日が集中している」等により、株主・投資家との対話期間や企業の情報開示の準備期間が十分ではない状況となっています。

(経済産業省「「法人税の申告期限延長の特例の適用を受けるに当たっての留意点」を作成しました」より抜粋)

Xネッコ
このあたりの問題を解決するために、法人税法とかも変わったよな。

そうだったよね。必ずしも決算期末から3ヶ月以内に申告しなくてもよくなったんだよね。

ニフラ
うんうん。株主総会で決算を確定させないと法人税の申告はできないから、3ヶ月以内に法人税の申告をしようとすると3ヶ月以内の株主総会が必須になっちゃう。株主総会を決算期末から3ヶ月より後にやってもOKにするために、法人税法が変わったんだね。

企業と投資家の対話が大事にされ始めた証拠だよね。こびとオーナーのための取り組みが充実してくるといいなぁって思ってるよー。

 

企業と投資家の建設的な対話による、中長期的な企業価値の向上。そのために行われた法人税法の改正。

そうは言っても、いろいろとすぐには変わらないのが現実です。日経新聞社のデータベースで株主総会スケジュールについて検索すると、3月期決算会社2,433社のうち、2017年7月以降に株主総会を行う会社はなんと0社!実に2,431社の株主総会が6月に実施されるのです。(残り2社の株主総会は5月)

私フルーツの勤務先でも、株主総会の開催は6月で変わりません。株主総会の開催期を変更しようとすれば、スケジュール変更や種々の手続きなど、煩雑な事務作業が発生します。法律が変わったからすぐに株主総会の開催期変更!とはいかないわけです。

とはいえ、少しずつ時代が変わり、制度が充実し、こびと株オーナー(をはじめとする投資家)が重視される世の中になっていくといいな、と思います。

 

それではまたっ!

※今日の主役、ニホンフラッシュのニフラくんに関する基本情報はコチラです!ぜひご覧下さい♪

(参考:日本経済新聞「株主総会スケジュール」、経済産業省「「法人税の申告期限延長の特例の適用を受けるに当たっての留意点」を作成しました」等)

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。