【雑談】緻密な経理マンの、雑な家計管理

スポンサーリンク

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

今日は、投資の原資たる「タネ銭」を、どのような家計管理によって用意しているかというお話です。要するに家計管理です!

 

我が家の家計管理方法

我が家には4つの銀行口座があります。

  1. 給与口座
  2. 生活費引き落とし用口座
  3. 住宅ローンの支払用口座
  4. 貯蓄用口座

月末におけるこの4口座の合計残高が、先月末より〇〇万円増えていればOK

そんなゆるい感じで管理しています。

ストック(残高)を最重視していて、フロー(支出の明細)についてはストック変動の内訳にすぎないという立場からの管理方法です。会計基準でいうと、日本基準ではなくIFRSです。え?伝わらない?(´・ω・`)そっかぁ…

 

我が家の家計管理方針

  • 毎月の給与から、月約12万円(年間約150万円)貯蓄する
  • ボーナスは年間150万円貯蓄する
  • 細かな支出は管理しない(コスパが悪い)

※現在、シーウィード家は共働きです

1年間でキャッシュが300万円増えれば、あとは細かく管理しない。

そういう方針でここ6~7年やってきています。他のブロガーさんの家計管理を見ると、その精度の高さ、マメさに本当に驚くのですが、うちはかなり適当な管理だと思います(笑)あれぐらい管理できると、うちの貯蓄額ももっと伸びるんだろうな~

 

生活費の管理方法

1.給与口座 → 2.生活費引き落とし口座 に半年に1回約100万円ほど振り込んでいます。

お小遣い・住宅ローン返済以外のすべての生活費はここから引き落とされることになっているので、とりあえず定期的にお金を振り込んでおいて、あとは放置です。方針に記載の通り、何にいくら使っているかなど細かな明細は管理していません。

支払いの明細としては以下のようなものがあります。どのくらいのお金がかかっているか万円単位でざっくり知っている、そのぐらいの把握状況です。

  • 水道光熱費
  • 保険料
  • マンションの修繕積立金、管理費
  • 通信費
  • 食費(妻にクレジットカードを渡しておいて、カードで支払い)
  • 雑費

異常値がなければ、1年に1回見直せばいいやって感じです。時期を決めているわけではありませんが、1年に1回の見直し時に、3大キャリアから格安スマホに乗り換えたりとか、家計改善のために打てる手を打っています。

 

1.給与口座 → 3.住宅ローン支払用口座 に1年に1回約60万円ほど振り込んでいます。

現在、住宅ローンの返済額が月約5万円ほどです。

1年に1回、1年分の返済原資を口座に突っ込んだらあとは放置です。

 

貯蓄用口座の管理方法

妻から毎月12万円を手渡しでもらう → 4.貯蓄用口座 に毎月12万円振り込んでいます。

それだけです。

 

お小遣いの管理方法

生活費やローン返済費など、必要なお金は最初から口座に入れてあるので、給与口座に残っているのがなんとなくお小遣いです。給与口座の残額から、

  • 短期で使うもの
  • 長期で使うもの(予備校代や旅行代)
  • 半年・1年後に生活費口座に振り替えるお金

を頭の中でざっくり分別しています。

多分、月5~8万円くらいがお小遣い…だと思います。だいぶ好き放題使っている感じです。

ちなみに、妻の年収や給与の手取りはざっくりとしか把握していませんし、お小遣いの用途についてはお互いに一切干渉していません。そのおかげか、お互いのびのびと自由にやれています。

 

雑な管理だけど満足度は高い

月末の口座残高だけに焦点を合わせて、あとはゆるく管理しています。

きっちり支出を洗い出して精査するということをしていないので、それなりにムダのある家計な気はしますが、まぁ及第点かなぁと自分では思っています。

何より、家計管理については満足度が一番重要なポイントだと思います。

  • お互い干渉されないお小遣いがある(へそくりもOK)
  • 将来のための貯蓄はしっかりとできている
  • 家計管理にかける時間が極少

このように、我が家の家計管理の満足度はとても高い状態です。夫婦喧嘩なんかまったくないですし、いつも楽しく暮らせています。

だから、貯蓄額をあと10万円追加で増やすために、精神的・時間的なムダを引き受ける気にはならないというのが正直なところです。ものすごく大切なお金だということは分かっているですけどね、10万円。バランスが大切です(ちなみに、夫婦の年収に対する貯蓄割合は30%~35%程度だと思います。)

 

家族構成や年収、年齢など、人生のステージによって最適な家計管理方法は異なると思うので、「これが一番!」と決めつけずに、柔軟に対応していきたいですね。いつでも、視野を広く、目的を見失わず!

 

会社では精密機械のごとく働く緻密な経理マンなのに、家計に関しては緩い管理をしているシーさんなのでした!それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comのボス(役割:投資対象の選定)。「お金の話」と「健康」をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計職人。40歳時点で、給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。