勉強がつまらない理由はきっとコレ!勉強つまらない→勉強好きになるのに必要なたったひとつのこと。

スポンサーリンク

フルーツ@こびと株オーナー、です。

こびと株.comのメンバーは、全員日商簿記検定の1級をもっています。さらに、TOEIC800点以上だったり、FPもってたり、証券アナリストの勉強中だったりします。予備校に通ったり家で本を読んだり、勉強が結構好きです。

私ももちろんそうです。勉強好きv楽しいvもう完全に趣味です。だって「わかる」って楽しい。

けれども、そんな私も数年前までは勉強が大嫌いでした。

ですので、今日は「勉強ってつまらない!」と思っている方にむけて、私が勉強好きになった理由をお話ししたいと思います。読んでくださった方の中に、「勉強って悪くないかも?」と思ってくださる方が1人でもいてくだされば幸いでございます。主観の多い話となりますが、ご容赦くださいませ。

 

大事なのはアウトプット

ずばり、私が勉強を好きになった理由は、アウトプットをしはじめたからです。

いわゆる勉強ってインプットばっかりだから、普通にやってると疲れちゃうし飽きちゃうのです。息は吸ったら吐かないと。吸い続けたら過呼吸でひっくり返っちゃいます。

学生時代の「勉強」はこの典型ですよね。アウトプットの機会なんて、せいぜいテストや学生同士の発表会程度のもの。基本的にはひたすら詰込み教育です。とにかく覚えて!覚えて覚えて覚えて!…そんなの楽しいわけがありません。

社会人になって勉強が楽しくなったのは、インプットした分だけ、アウトプットしはじめたから。それも、ステキなアウトプットを。

ステキなアウトプットって「素晴らしい成果」ってことじゃないですよ?自分が楽しくなっちゃうようなアウトプットです。

 

ステキなアウトプットとダメなアウトプット

「インプットとアウトプットの繰り返しが大事」っていうの、近年はよく言われている話です。一部の大学なんかでは、生徒にアウトプットさせようと躍起になって、プレゼンテーションの機会を増やすなどしています。

私の思うに。こういうアウトプットは、「ダメなアウトプット」の典型です。だって、ちっともおもしろくないですから。

面白いって思えるアウトプットをしましょう!そうじゃないと何の意味もない。

もちろん、授業でのプレゼンテーションがたのしくって仕方ない、という人はそれでもOKです。

でもそれはおもしろいと思えない人には、少し工夫が必要です。

私にとってのおもしろいアウトプットは、コミュニケーションにつながるアウトプットです。それも、自分の発信した情報に本当に興味のある人や、その情報を本当に必要だと思っている人との、コミュニケーションにつながるアウトプット。

ステキなアウトプットは楽しいアウトプット。ダメなアウトプットは楽しくないアウトプット。性格にあったやり方をしていきましょう。

ポイントは、自分が楽しい・おもしろいって感じること。これだけです。その先に楽しいって思えるアウトプットがあれば、インプットもすいすいできるようになります。勉強はめちゃくちゃはかどるというわけです。

ご参考までに、フルーツ的楽しいアウトプットの例を3つ、ご紹介します。

 

ステキなアウトプット例①真剣に語る

その分野について真剣に語れる相手がいると、勉強がはかどります。一緒に勉強する人でもいいし、その分野にすでに詳しい人でもOKです。

大事なのは、その分野に興味のある人だってこと。それについて、延々と聞いたり語ったりできる人。あーでもないこーでもないってしゃべりだすと、目がきらきらしちゃうような人。

例えばフルーツの周りには、会計・税務の話になると目が輝きだすおじさんがたくさんいます。こういう人たちに向けて語ることは、とてもいいアウトプットになります。

法人税について学んで、役員の給与に関する税務処理の仕方について真剣に討議する。簿記を学び直して、自己株買いの会計処理の在り方について語り合う。

もっと知りたい、もっと話したい、って思えたら、しめたもの。勉強がはかどること、間違いナシです。

 

ステキなアウトプット例②仕事で使う

社会人にとって一番わかりやすいアウトプットのひとつです。仕事で使う。

フルーツの場合だと、税金について学んで申告書作成の担当になりました。覚えたことがどんどん使えて、すごく充実します。

わけがわかって処理できる。昨日教科書で見た取引を、今日本物の伝票で見ることができる。今までしていた処理のおかしいところを見つけて直したりもできる。

理論と実務が同時にできるから、どんどん身に付きます。

 

ステキなアウトプット例③ブログに書く

ブログに書くのも、勉強が楽しくなるアウトプットのひとつです。文章をまとめようとすれば、復習せざるを得ません。書くこと自体も自分の知識を強化してくれます。

そして、もしかすると、読者のだれかからコメントがもらえるかもしれません。その分野に興味のある人とのコミュニケーションの始まりです。

書くために学び、書くことで学び、そのあとのコミュニケーションでもっと学べる。ブログは3度おいしい勉強お助けツールかもしれません。

 

 

 

とにかくともかくですね。勉強って楽しいです!みんなでやりましょうよー!笑

会計・税務・証券分析…。かねのもーじゃシーウィード氏をはじめとして、こびと株.comのメンバーはみんなお金に絡んだ勉強が大好きです。

同じ分野に興味のある方、ぜひお話しましょうv

ではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。