2年間の総コストは150万円!?アフィリエイトの初期費用と維持費用、そして人的コストについて

スポンサーリンク

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

当ブログは、給与以外に月額20万円のキャッシュフローを獲得することを目的に、4つの財布の育成に取り組んでおります。今日は、4つの財布のうちの1つとして選んだ「サイト運営(アフィリエイト)」について、その初期費用維持費用についてまとめてみました。

 

4つの財布とは

このブログでは繰り返し言及していますが、4つの財布とは

  1. 給与
  2. 配当収入
  3. 不動産収入
  4. 事業収入

を指しています。こびと株.comメンバーは、④事業収入として(副業禁止規定に触れないように細心の注意を払いつつ)サイト運営を選択しました。

給与、配当、不動産については、その獲得方法に選択の余地はあまりないのですが、事業収入となると千差万別です。数多ある選択肢のなかでサイト運営を選んだ主たる理由の1つとして、初期投資額・運営コストの低さ(リスクの低さ)があります。

 

初期投資額はいくらか

サイト運営を開始するためにかけたコストは、次の通りです。

書籍代:3冊 計6,534円

私達は全くのド素人でしたので、ワードプレスでサイト運営を始めるのに3冊の本を購入しました。

アフィリエイトで月20万円稼ぐ方法 五十嵐勝久
WordPressサイト作成塾 技術評論社 カワサキタカシ
WordPressパーフェクトマスター 秀和システム

全く知識がないなかで選んだ本ですが、上の2冊は重宝しました。しかし、最近ではネット上に優良な情報が転がっているので、あえて本を買う必要もないかな?と思っています。

特にワードプレスの始め方については、かなり丁寧な記事が出回っているので、それを見るだけで十分対応可能なように思います。

 

テーマ代:STORK 計10,800円

無料テーマで頑張ったものの、すぐに心が折れそうになったためSTORKを買いました。結果的には大満足です。こんなに安くて満足度の高い買い物はなかったです。必須とは言いませんが、収益化を目的としてサイト運営を始めたのであれば、すぐに買ってしまっても良いと思います。モトは取れます。

ワードプレステーマ「STORK(ストーク)」を使うとwordpress歴10日の初心者がここまでできる。初心者に絶対おすすめのテーマです

2016.10.18

 

というわけで、初期投資額は「書籍+テーマ」で17,734円でした。

 

運営維持費はいくらか

サイト運営を維持するためにかけたコストは、次の通りです。

サーバー代:月額1,080円

Xサーバーを利用しています。もっと安いレンタルサーバーもあったのですが、いつかビッグになってやろうと思い(めんどくさいのでどこかのオススメサイトで一番になっていたXサーバーを選んだだけ)、高品質のXサーバーを選択しました。

 

お名前.comドメイン維持代:月額13円

なぜかー559円のクーポンがついていたため、年額151円になりました。サイト開設当時は、サーバーがどうだとかドメイン代がどうとか、全く何をしているのか分からなかったため(今もよく分かっていません)、もういいよ知らないよお金は払うよ、そんな感じでやっていました。

しかし、安いですねぇ…

 

Wimax代:月額4,000円

通信費です。もともと、うちはネット回線を引いていませんでした。

月間7GBのスマホとそのテザリング機能を利用して、ネットをしていました。しかし、サイト運営をするのにはさすがにこれだけでは容量が足らないということで、スマホを格安スマホにするとともにWimaxを契約することにしました。

個人的には、このコストは「サイト運営を始めなければかからなかったコスト」ですので、サイト運営維持費として捉えています。

 

結局、サイト運営維持費は月額5,093円ということになりました。

初期コストと運営維持費の2年総額はいくら?

そもそも、「アフィリエイトは長く続けないと結果がでない」と言われていますので、単月・単年ではなく2年間のコストを見てみたいと思います。

初期投資額17,734円+月額5,093円×24ヵ月=2年総額139,966円

結局、キャッシュで14万円ほど用意しておけば、2年間サイトを運営できるということになりますね。これは、テーマ代や通信費も入っていますから、人によってはもっと少ない額でチャレンジすることができるでしょう。もともとネット回線を引いているのであれば、それはサイト運営費ではないですからね(微妙なところですが)。

やはり、金銭的な面でのアフィリエイトは、相当にハードルが低いと言えそうです。ここまで低コストでチャレンジできるスモールビジネスもないでしょう。本当にリスクが低いです。外注戦略を取る場合は別でしょうけど、こびと株.comのような零細サイトではまだまだ考える必要はないでしょう。

忘れてはいけない人的コスト

ところで、忘れてはいけない重要なコストとして、人的コストがあります。

実は(実はでも何でもない?)サイト運営は労働集約型の事業です。ほっとくだけでサイトが稼いでくれる!なんて宣伝されているケースもありますが、そのレベルまで到達する頃には無数の屍がネット上に転がっていることでしょう。

記事のクオリティ・テーマによっては息長く稼ぐことができますが、グーグル様のご機嫌や市況というものも考えると、不労所得というにはほど遠いビジネスです。放置してもある程度稼いでくれるような資産ブログにするには、かなり工夫が必要そうですね。

さて、2年間運営するのにいくらコストがかかるか?ということですが、次の条件で人的コストを計算してみます。

  • 平日の作業時間は1時間30分(記事の作成時間の他、情報の調査時間など含む)
  • 休日は2時間
  • 時給は1,200円とする

週に11.5時間、月に46時間の作業です。年間では552時間となります。

したがって、人的コストは1,200円×552時間×2年=1,324,800円

ブログなんてやってないでバイトした方がいい・残業した方が効率が良いと言っている人は、こういうことまでしっかりと計算できている人ですね。

 

あらためて、2年間のサイト運営費用はいくらか?

初期投資額+サイト運営費+人的コスト=1,464,766円となりました。

2年間で約150万円、ならすと月62,500円稼げるサイトを作れなければ、事業的には失敗です。というか、これでようやくトントンです。初期投資のハードルが低いので油断しがちですが、人的コストまで含めて計算するとかなりシビアであることが分かりますね。

 

まとめ

アフィリエイトが成功した!と言えるためには、

  1. 軌道に乗れば、ある程度放置しても収益を産むような案件を扱う必要がある。
  2. 2年間の総コストが約150万円かかる⇒最低でも2年平均で月額62,500円稼げるサイトを作らなければ事業的には失敗

という感じでしょうか。

当サイトは、運営開始して7ヵ月ほど経ちますが、平均的な収益は月額1万円程度です。このペースでいくと、成功と言えるにはほど遠いですね。それでもなおサイト運営には大きなメリットがあると思ってチャレンジしていますが、それについてはまた別な機会で言及したいと思います。

結局、2年間運営することで金銭的には約150万円ほどの負担をしていると考えるべきです。それに見合う対価(別に金銭面だけの話ではありません)が得られないと思うのであれば、参入するのはやめてほいた方が良いかも知れませんね。もっとも、撤退コストもものすごく低い(というかほとんどない)ので、あまり慎重になる必要はありません。

 

以上、「2年間の総コストは150万円!?アフィリエイトの初期費用と維持費用、そして人的コストについて」でした

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。