年間生活費300万円~350万円家庭のクレジットカード選び

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

現在、現金生活から脱却するための第1歩として、『クレジットカード選び』に取り組んでいます。

給与日に現金を下ろして封筒で小分けするような生活を送っているので、まさにレベル1からのスタートです。

 

クレジットカード利用上の注意点

クレジットカードを使用するにあたり、注意すべきことを整理しておきたいと思います。自分ルールです。

  1. クレジットカードに合わせた生活はしない
  2. 費用対効果を考える
  3. 見栄え(ブランドやステータス)にはこだわらない

 

クレジットカードに合わせた生活はしない

楽天経済圏というやつに惹かれてクレジットカード選びを始めたわけですが、なにも考えずにクレジットカードに合わせた生活をするのは本末転倒だなと。

  • 楽天市場で買い物をしたことがない
  • 楽天銀行を使うまでもなく、ATMの利用料や振込手数料は負担していない
  • 楽天モバイルを使うまでもなく、格安simはIIJmioで大満足
  • 楽天ブックス(Kobo)を使うまでもなく、電子書籍リーダーはkindleで大満足
  • 楽天トラベルを使うまでもなく、そもそも旅行にも出張にもほとんど行かない

楽天のサービスも、マネーフォワードというアプリや、kindleのように使ってみればすごくいいものなのかもしれません

食わず嫌いは良くないのですが、クレジットカードの還元率を高めるために無理矢理サービスを変えたり買い物をして生活スタイルを変えるのは、イマイチな感じがします。

ポイント生活も楽しそうなんですけどねw

あと、全部楽天にすると、ブログネタとして便利そう。カテゴリが1つ増えちゃうぐらいネタがありそう。

 

費用対効果を考える

  1. 収入を増やす
  2. 支出を減らす
  3. 資産を効果的に運用する

収入と資産は多ければ多いほど良いですが、支出は少ないほど資産形成に有利です。

クレジットカードのポイント還元は、支出にかかわる項目です。支出総額が大きければ大きいほど、高還元率が生きてきます

ここに、1つのジレンマがあります。

ある程度支出のボリュームがないとクレジットカードのコスパは良くなりません。

年間支出が1,000万円あるなら、還元率1%の差が、10万円の差に繋がります。

しかし、私の生活水準だとそこまで大きな差になりません。時間と手間をかけてもコスパが悪いですね。

 

見栄え(ブランドやステータス)にはこだわらない

こだわりません。

高級レストランでサッとゴールドカードを出してブイブイ言わせたいですがこだわりません。

 

現在のクレジットカード候補

我が家の年間生活費は300~350万円程度。このうち、クレジットカード決済にできそうな金額は、多分ですけど150~200万円ぐらいでしょうか。

※今度、もっと詳細にシミュレーションします

これを前提として…今の候補はこんな感じ。

  • REXカード:還元率1.25%
  • リクルートカード:還元率1.20%
  • 楽天カード:還元率1.00%
  • Amazonカード:還元率1.00%

 

REXカード

貯めたポイント(REXPoint)は、Jデポというものに交換できます。

すると、翌月のクレジットカード請求額からそのぶんが差し引かれるようです。

  • 10万円使って1,000ポイントゲット→Jデポに交換
  • 翌月の請求額が8万円だとすると、引き落とし額が79,000円になる

まぁまぁ利便性は高そうですね。今までと変わらない生活が送れそう。

 

リクルートカード

貯めたポイントは、LAWSONやKFCなどで使用できるPontaポイントに交換できるそうな。

ちなみに、Pontaについてはこのリプではじめて知りました。使ったことないわー

ちなみに、ホットペッパービューティはよく使うサービスですね。貯めたポイントは美容院で使えるのかしら。

こういうアドバイスも。

10年の会社員人生で、出張したことは一度もありません。引きこもり経理最強ッ!

 

楽天カード

楽天ポイント、つかいやす~さナンバーワーン♪

楽天Edyでコンビニでも利用可能!

めっちゃ便利なんだけど、倹約生活的にはコンビニを人生から断捨離した方がいい説あるので微妙。

楽天経済圏にどっぷりハマるならガンガンポイント貯まりそうなんだけど…うーむ悩ましい。

前述の通り、ブログネタとしては最強か。

https://twitter.com/inbesinbes/status/1053058561952047104?s=19

このポイントはずるい…!

 

Amazonカード

  • プライム会員で
  • Kindleでしょちゅう本を買いつつ、Kindleunlimitedも利用していて
  • 猫のえさはプライムデーで買い貯めている
  • なんか欲しいものがあれば時々買う

ぐらいのAmazonユーザーです。

今後の検証でAmazonの年間利用額を調べようと思いますが、このカードはAmazonでのお買い物は2.5%の還元率になるので、そのぶんを考慮すると他のカードよりアドバンテージありかな。

Amazon経済圏。

Amazonは今後ますます強くなる企業でしょうしね。さらに便利になっていきそう、という期待も抱かせます。

 

まとめ:年間生活費の洗い出しを行う

何にせよ、年間生活費の詳細な洗い出しが必要です。

支出パターンを丁寧に把握したうえで、そこにクレジットカードを当てはめていくスタイル

現金生活と比較して、年間30,000円~50,000円ぶんぐらいのメリットは欲しいところ。高配当株100万円~200万円ぶんぐらいの価値が出てきますからね。

要チェックや!

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。