3つの資本と4つの財布を育てて、高い幸福度を獲得する人生設計

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

株式を中心に、様々な資産クラスの価格が上昇しています。そんななか、インカムゲイン至上主義のこびと株.comメンバーは、時価評価額は気にせず淡々と高配当株を買い進めてインカムゲインを強化しています。

なぜ資産総額(ストック)をそこまで気にしていないかと言うと、幸福度を高めるためには資産総額だけ見ていてもダメらしいということを学んだからです。

実際のところどうかは知りませんが(大金持ちになったことがないので)、感覚的には理解できます。このブログでは度々紹介していますが、ベースにある考え方は「3つの資本&4つの財布」です。

3つの資本
  1. 人的資本(労働によって賃金を獲得する力。自己実現と関係が深い)
  2. 金融資本(株や不動産など。自由と関係が深い)
  3. 社会資本(家族・友人など。共同体・絆と関係が深い)

幸福になりたいのであれば、金融資本(資産総額=ストック)だけではなく、人的資本社会資本も育てなくてはなりません。

さらに、金融資本や人的資本は分散して安定性を高めるべきです。一点集中の依存は不安を生むからです。

4つの財布
  1. 給与所得(人的資本に関係)
  2. 事業所得(〃)
  3. 配当所得(金融資本に関係)
  4. 不動産所得(〃)
  • 3つの資本と4つの財布をバランスよく育て
  • 健康をキープしながら、余暇の時間を増やし十分に楽しむこと

これが、自分たちにとって最も幸福度が高い状態だろうと考えています。

市場の値付けによって資産総額(ストック)が増えたところで、インカムゲインはそれほど増えません。事業利益という裏付けがある配当金は急激には増えませんから、のんびり育てざるを得ないというわけです。

もちろん、資産総額が多くなって困るということはないんですけどね~

 

さて、私はサラリーマンですが、感覚的には「自分株式会社」の社長だと思っています。

22歳で入社以来、一貫して経理事業を育ててきました。経理事業が安定したので、今は、新たな事業分野としてWebサイト運営に注力して売上を伸ばしています(現在の売上は月5~10万円)。

投資の他、就活や資格の話題など、4つの財布に関係しつつできるだけ賞味期限の長い記事を積み上げていきたいと思っています。年間売上120万円を長期安定させることが目標です。

投資事業(配当金投資)は、経理事業を行うなかで得られた知見をもとに行っています。ファンダメンタルが優秀な企業の株式を超アホールドするという戦略ですね。トレードで利益を出すのではなく、ビジネスオーナーとして収益分配を受けるということです。

経理事業からあがった収益をもとに、55歳までに1億円弱入金しようという魂胆です(退職金込み)。1億円という金額を強く意識しているわけではなく、収入から基礎生活費を差し引いたものをひたすら積み立てるとそのぐらいいきそうだということです。

3%の配当利回りだと、85歳まで生きるのなら投資額は全額(それ以上)配当金で回収して使い切れる計算です。

不動産はまぁ市況次第ですね。サラリーマンの与信を生かせるタイミングを見計らいたいところです。

もし自分自身の資産形成に成功したら、そのノウハウをもとにサラリーマンに対してFP(ファイナンシャルプランニング)なんかが出来れば良いなぁと考えています。

社会は理不尽なところですが、せめてコツコツ努力した人は報われる社会だと良いなと思っているので、そのために何かできればと思っています。あとはベンチャー企業の経理のお手伝いとかをしたいですね。相変わらず経理は好きです。

 

年齢ごとの収入計画はこんな感じ。

3つの資本&4つの財布を生涯維持していこうというスタンスです。人的資本を手放したり、金融資本の取り崩しをやったりということは想定しません。

金銭面では

  • 年収800万円(1人あたり)を超えると、それ以上収入が増えても幸福度はそれほど上がらない
  • 資産1億円を超えると、それ以上資産が増えても幸福度はそれほど上がらない

ということが分かっているようなので、このあたりのラインをずっと維持していきたいと思っています。実際は夫婦2人だと1500万が目安になるようですが、私たちはそこまでは必要ないと判断しています。

(※ちなみにシーウィード家は共働きですが、妻の資産・稼ぎ(年金含む)は上記の計画には一切入っていません。妻の人的資本はすべて子供の養育/教育費に充てようということで、話し合いが済んでいるからです)

 

このあたりの話が「夢物語」「取らぬ狸の皮算用」にならないための40歳における中間目標がコレというわけです。ブログのサイドバーなどに掲げているやつですね。

この計画を達成するためにできることはたった3つです。シンプルです。

  1. 毎日10時に寝て、5時に起きて1時間半記事を書き続けること
  2. 毎月25万円で暮らして、残額は税引後利回り3%の優良株式の買付に回すこと
  3. 不動産市況が良いタイミングで与信を生かして物件を買うこと

①と②については淡々と進めるしかないですね。③については、もし買えるものがなくても現在住んでいるマンションの住宅ローンを一部繰り上げ返済して貸し出せば目標達成できると思っています。

給与の使い道は厳格に管理する一方で、配当金とブログ収入はすべて趣味費用に回します。ちゃんと投資して、サイト運営を頑張れば遊べるお小遣いが増えるというシステム設計です。

浮かれた相場が続いていますが、地に足つけてやっていきたいと思います。小さい頃から、コツコツち続けて積み上げることが得意なので、その特性を生かしてマイペースに堅実に!

ちなみに、弊社の生涯賃金は3億円もないようなので、橘センセの感覚では大卒で”そこそこ”の会社ではないということになりますね。結局、55歳までに1億円弱の入金ができるかどうかは、となりの億万長者よろしく「守り」の強さ次第と言えそうです。

配当金とブログ収入では遊ぶので、中途半端な守りと言えば中途半端な守りですがw

それではまたっ!

 

こびと計画のための重要参考書籍

3つの資本について詳しく知りたければ是非。

億万長者の典型例は「節約、節約、節約」の質素な方々です。もし平均年収の倍程度の水準の給与があるのなら、十分に億の資産を築くことが可能(だそう)です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。