【ブログ】アフィリエイトは副業向きだけど、独立時の収入としてはアテにしづらい

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

ブログ開設以降、PVも収益も順調に成長しております。

こうやって育ってきて感じるのは、

  • アフィリエイトは副業向きではあるけれど、独立時にアテにしづらい

ということです。

 

  • 収益が5万円になっても
  • 収益が10万円になっても
  • 収益が20万円になっても

やはり、アフィリエイト収入をアテにした独立計画(※アフィリエイト専業になるという話ではありません)は立てづらいものです。

50万円とか100万円とか、そういう上級者レベルの金額を1年以上キープできるようなスキルがあればまた感じ方は変わるのかもしれないですけどね~。

 

今の取り組みを続ければ、

  • 株式投資からの配当金
  • 不動産賃貸料
  • ライター業
  • その他自営業

これらの数字をすべて組み合わせれば、それなりの数字になるでしょう。年間の手取り収入が安定して300~400万円になるのなら、今とはまた違った働き方も可能です。

(例えば、どこかの中小企業と契約して、財務コンサルみたいなこともできるかもしれません。)

 

しかし、何と言ってもアフィリエイト収入は不安定。

  • いつ検索順位が落ちるかわからない
  • いつ広告が配信停止になるか分からない

サイト運営者にはコントロール不可能な要因に大きく左右されます。

事業化させるには、片手間のサイト運営とはまた1つ違った『本気の戦略』が求められますね。稼ぎ続けている人は、やはりどこか「突き抜けて」います。

 

こびと株メンバーは、何のストレスもなく気軽にサイト運営が出来ていますが、それは給与という安定収入があるからです。

これを失ったときに、今と同じ気持ちで記事が書けるかというと、それはNOでしょう。

  • PVの動きが気になる
  • 収益の発生が気になる

これは避けられません。なぜなら、生活を直撃するからです。

こうやって考えていると、安定しているサラリーマン(労働力販売業)が良い商売なのか悪い商売なのか分からなくなってきますねw

ただ、誰かが言っていましたが『安く定まる』と書いてサラリーマンです。それは、株式会社の仕組みを考えればある意味当然の理屈です。

そして、周りを見渡せば分かる通り、サラリーマンの自己肯定感は高くはありません。安定はするけれど、しがらみとは常に隣り合わせです。

よし!やっぱり友達とマイクロ法人を設立して役員になろう!

  • 役員報酬は85,000円に設定して、厚生年金と健康保険の保険料をおさえつつ、
  • 給与所得控除65万円基礎控除38万円で所得をゼロに
  • 友達と共同経営する会社の給料だけじゃやっていけないから、しょうがないので個人事業者になって副業。青色申告控除650,000円経費枠をゲット
  • 奥さんには扶養の範囲内(103万円)で働いてもらい
  • 配当所得は配当控除を使って住民税5%のみの課税に
  • 所得が出すぎたら小規模企業共済iDeCoを使って所得を落とす
  • 不動産所得を相殺するために木造中古戸建てを購入して減価償却費をぶつける

さて、総年収いくらに対して、いくらの税金が/保険料が取られるかイメージできるでしょうか?

手取りはいくらで、年間いくら貯金できるでしょうか?頭の体操をしてみてくださいw

 

アフィリエイト専業は難しいですが、副業としてはかなり素晴らしいビジネスです。色々な技の組み合わせで、うまいことやっていけるプランを考え中です。

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。