【ブログ】なんとなくセミリタイアについて考えてみた

スポンサーリンク

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

ここ数年、欲しいものが「株式」しかありません。妻に、誕生日や記念日に「何が欲しい?」と聞かれたら「株です」と即答しています。

会話はそこで終わります

 

さて、こんなに欲しいものがないんじゃあ頑張ってお金稼いでも意味ないんじゃないの?ということにうっすら気づき始めました。というわけで、セミリタイア生活を送るために必要な金額を試算!

現在、夫婦の生活費は年間300万円ほどです。仕事を辞めたとして、カットできるものをカットしていくと、どうなるでしょうか?

 削減できる金額(年間)備考  
クリーニング代3万円夫婦でスーツ着なくなる
食費40万円外食が激減する
住居費84万円実家を略奪
交通費10万円会社行かなくなる

約140万円弱の節約が可能になります。ほとんどが食費住居費ですね。

結局

  • 働くために都心に近いところに住んで
  • 共働きで時間がないから外食が増える

という、労働コストのせいで生活費がアップしているとも言えますね。なんか虚しいですねこれw

住居費がかからないなら夫婦で月13万円(年間約160万円)で暮らすのはそこまで難しくないでしょう。(自分や妻の実家も含め)田舎では住むところが余っているので、住居費をおさえることは十分に可能だと思います。

子どもの養育費・教育費は22年間で3,000万円ぐらいかかるらしいので、ざっくり年間150万円とします(子どもの食費や被服費だけでなく、高校や大学などの教育費含んでならした金額です)。

夫婦2人の生活費160万円 + 子ども150万円 = 310万円

で、忘れてはいけないのが税金社会保険料です。

  • 所得税
  • 住民税
  • 国民年金(年間約20万円×夫婦)
  • 国民健康保険(年間約30万円と仮定)

まぁ、ざっくり税込年収で380万円ぐらい必要な計算になりますね。

 

/(^o^)\結局、フルタイムで働かないといけない金額ではないか

 

ところで、私の「4つの財布」計画では、40歳時点で手取り240万円のキャッシュフローが実現していることになっています。

  1. 配当金・・・年間60万円
  2. 不動産・・・年間60万円
  3. ブログ・・・年間120万円

①と③はほぼゴールが見えています。

②については、妻がこのまま40歳まで共働きしてくれれば住宅ローンを完済できるので、マンションを貸しに出せば即ゴールとなります(※賃料から修繕積立金や管理費、固定資産税やその他税金などのコストを引いた手残りが年間60万円オーバー)

手取りで240万円確保できているということは、あと月10万円分ほど稼げば先ほどシミュレーションした「必要な生活費」に届くということです。

月10万円ぐらいなら、フリーで稼げるんじゃないかしらん。奥さんも10万円稼いでくれるならもう完璧ですね。不動産は、売って全部株にしてもいいですね。

というわけで、お金を稼ぎまくっても特に欲しいものもないので、地元に引っ込んでのんびり暮らすマネープランについて考えてみたという話でした。

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。