ブログ収益が月額5万円に到達!ブログ運営のド素人が考えたこと・やってきたこと

スポンサーリンク

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

ブログ開設(初投稿は10月18日)から約1年。ようやくブログ収益が5万円を超えました。このペースを維持できれば、年収60万円アップです。我が家の家計にとってはかなりインパクトのある金額に育ちました。

ここに至るまでの経緯をまとめてみたいと思います。※ノウハウ記事ではありません!ド素人がどんなことに悩みながらブログを始めて、どんな感じで運営してきたのかという参考にして頂ければ。

 

ブログで稼ごうと思ったきっかけ

このブログのコンセプトである「収入の分散」が目的です。

10年前に就職して働き始めました。入社当時の年収は350万円ほど。給与以外の収入は一切なかったので、給与に対する依存度は100%です。

会社をクビになったら食べていけない状況ですね。

それから約10年、特に収入の分散を目的に掲げることなくサラリーマン生活を頑張ってきた結果、年収は650万円ほどになりました(うち残業代が100万円)。年収が増えて大満足!といきたいところですが、そうではありません。

仕事を頑張りすぎて体調を崩してしまいました。

結果、約1ヶ月ほどほとんど休職状態になりました。この時に思ったのです。結局、10年前も現在も、給与への依存度は100%。サラリーマンとして働けなくなった時点で、生活が破綻してしまうと。

 

  1. サラリーマン1本で年収1,000万円!

この状況よりも、

  1. サラリーマンとしての年収600万円
  2. 配当収入年額60万円
  3. 不動産収入年額60万円
  4. ブログ収入年額120万円

トータルでは840万円ですが、こっちの状況の方がはるかに安定していると思ったのです。4つの財布を作ろうという発想ですね。

給与以外の収入が240万円(月額20万円)あれば、それだけで十分な生活を送ることができます。さらに、サラリーマンとして平均的な年収(約500万円ほど。国税庁調査)を稼ぐことができれば、もう言うことなしです。

 

正直に言って、この10年間給与以外の収入を増やす取り組みを一切してこなかった自分は「思考停止状態」だったと思いました。何かに依存するのが嫌いな性格にもかかわらず、ひたすらに会社依存への道を歩んできたわけですからね。

心のどこかで、サラリーマンを続けていれば安泰だし、コツコツ努力していれば報われるだろうと思っていたのでしょう。

一念発起!

全く未経験の分野ですが、時間をかけながらじっくりブログを育ててみようと思ったわけです(配当金や不動産収入の獲得は別途チャレンジ)。

※ブログ運営が1年間順調に続いたのは、収入を分散させたいという動機がめちゃくちゃ強いものだからだと思います。やはり、動機の強さは物事を始める際には最も重要です。

 

ブログの収益目標値の設定

さて、ではいくら稼ぐのを目的にするか?です。

去年ブログを始めた頃は、プロブロガーと呼ばれる方々の「半年で月収50万円超えました」「月収100万円超えました」といった報告が相次いでいた時期でした。

でも、私たちのブログ収入のゴールは月額10万円です。目的が収入の分散だからです。ブログ収入に対する依存度が上がりすぎるのは、それはそれでリスクだと思っているということです(もちろん、そもそもそんなに稼げない)

 

ネットで情報収集した結果、収益の獲得方法は大きく2種類あることが分かりました。

  • アドセンス
  • アフィリエイト

です。アドセンスを利用した場合、1PVあたりの収益は0.2~0.3円ほどです。15万PVあれば、3万円~4.5万円ほどの収益になります。

アフィリエイトで6万円ほどの収益をあげられれば、合計で約10万円になります。月に1,000円稼いでくれる記事を60本作れれば目標到達というイメージですね。

 

なんとなくのイメージですが、「15万PV+数十本のアフィリエイト記事」でゴール。このぐらいなら、3~4年かければなんとか到達できるような気がしました。

3年での達成を目標とすると、アフィリエイト記事は年間約20本で済みます。毎日更新するとしても、残り340本の記事では収益性を気にせず好きなことを書くことができます

収益の分散という目的からも、実現可能性という意味でも、月額10万円という目標は妥当だったのではないかと思っています。

 

ブログの運営コスト・リスクの考察

月額10万円の収益を目的とした場合、コストはどれぐらいかかるものなのでしょうか?

調べてみると、

  • 初期費用としては、ワードプレスの有料テーマは10,000円ほど
  • ランニングコストとしてはサーバー代が年間12,000円、ドメイン代が年間2,000円ほど。

ほとんどと言って良いほど運営コストがかからないことが分かりました。目標である月額10万円の収益を獲得できるようになった場合、年間売上は120万円です。一方でコストは年間2万円程度ですから、利益率は脅威の98.3%です。

記事の外注が必要になる運営規模でないので、外注費は発生しません。

※PCを持っていない人はもっとかかりますが、最近は3~4万円あれば十分ブログ更新が可能なPCは手に入るのでそこまで大きな差にはなりません。

 

ブログ運営は

  • 初期投資・ランニングコストが低く済みますし
  • 在庫を持ちませんし
  • 売上金の回収リスクもありませんし
  • 作業する場所・時間を選びません
  • 他者・他社に雇用されるわけではないので、副業禁止規定にも抵触しません

とにかく身軽で低リスクです。

サラリーマンの副業としてはかなり魅力的な条件が揃っていると思います。

 

ブログの運営スタイルに悩む

  • 雑記ブログにするか、特化ブログにするか?
  • 1サイトだけ運営するか?複数サイトを運営するか?

いざ運営しようと思うと色々悩みます。

実は、このブログと並行で、2つほど特化ブログ用のドメインを取得してブログを立ち上げていました。しかし、結果は見事に失敗!

  • 複数サイト更新は手間がかかりすぎる
  • ネタ切れを起こす
  • 運営ノウハウがないので、綺麗な特化サイトにならない

結局、立ち上げて2ヶ月も持たずに更新が止まってしまいました。さらばドメイン代…

 

紆余曲折を経て、運営スタイルは「カテゴリーをある程度絞った雑記ブログを1つ運営」という感じで落ち着きました。ここでいうカテゴリーは4つの財布のことです。見る人から見れば、このブログはあまりにテーマが広すぎるブログだと思います。

  1. 給与:働き方
  2. 配当金:株式投資
  3. 家賃:不動産投資
  4. ブログ収入

4つのテーマそれぞれで、独立した特化ブログを作れそうなほど大きなテーマですからね。ブログ運営にしか興味がない人から見れば、残りの3テーマは不要なわけです。

だから、固定読者が付きづらいブログになってしまったなぁと思っています。「収入を分散させたい!」というレアな層の方だけは、毎日覗きに来てくれるかもしれないですが。

しかし、そんなことは重々承知しております。それよりも、

  • ネタ切れを起こさず
  • 記事を書くのに苦労がない

ことを優先したということです。更新を続けないことには何も得られないですからね。基本的には検索流入重視で、1つ1つの記事が検索流入を稼いでくれればOKというスタンスです。

 

1年間ブログを運営して感じましたが、やはり私たちのような初心者には「雑記ブログの1サイト運営」がオススメです。毎日更新することで運営ノウハウが蓄積されていきます。

リアルな経験値が溜まっていくので、高レベルのブロガーさんやアフィリエイターさんの言っていることがなんとなく分かるようになってきます(分かるだけで、実践レベルには程遠い)。

特化ブログや複数サイト運営は、それからでも遅くないのではないかと思います。

ブログ更新が生活リズムのなかに組み込まれ、まるで歯磨きのように習慣化してしまうまでは、複数サイト運営や特化ブログの運営はおすすめできないなぁというのが偽らざる実感です。

 

約1年間ブログを運営して良かったこと・悪かったこと

良かったこと

会社の外でもお金を稼げる!ということが少しずつ分かってきました。これが自分のなかで一番大きな変化であり、「ブログをやってみて良かった!」と感じていることです。

サラリーマン以外で稼ぐ方法を知らなかったですし、サラリーマン以外の稼ぎ方って「なんだか怪しいもの」と感じてましたからね。もしくは起業みたいに「リスクの高いこと」か。

会社の外で稼ぐ方法は無数にある。当たり前のことのはずですが、狭い社会で生きているサラリーマンにとっては意外に実感の持てないところなんじゃないかと思います。

今はまだ月額5万円の収益ですが、この活動を続けていけば2年後3年後にはまた世界が変わっている気がします。う~ん、楽しみ!

 

他に良かったこととしては

  1. 単純にアウトプットが楽しい
  2. 記事に反応が貰えるのが嬉しい
  3. PVと収益が増えていく様を見るのが楽しい
  4. 生活リズムが整った(毎日更新しているので)
  5. 頭の中を整理するのに役立つ
  6. アウトプットのための読書量が増えた

などなど、挙げるとたくさんありますね。

 

悪かったこと

時間がとられることです。

うまく書けなくて「あ~もう!」となることも時々あります。記事のストックが減ってくると「早くなにか書かないと!」と焦ることもあります。頻度は少ないですが、気持ちよい状態ではありません。

時間がとられて、精神衛生上ストレスも感じてしまうと

こんなことやってないで遊んでた方が良くない!?

と思ってしまいます。将来自由な時間を手に入れるために、今不自由な時間を過ごすという。沼にハマってるぞ…!

ただ、上述したように「やって良かったこと」を感じる機会の方が多いので全然問題なく続けられています。このバランスが崩れると更新が止まっちゃうんだろうなぁと思いますね。

 

月額5万円の収益をあげるために守ったこと

たったの2つです。

  1. 毎日更新する
  2. 2,000文字以上書く

以上です!これしか意識していません。キーワード選定とか競合調査とかほとんどやってないです。まず書きたいことを書いて、なんとなく検索にかかりそうなタイトルをつけているだけです。

運営の基礎知識としては、この記事だけ読んでおけばOKだと思います。ブログ界最強の海洋生物さまが書いてくださった記事です。

当ブログで発生している収益のうち10割は、この記事のノウハウを利用したものです。全部じゃん

いつか焼肉ごちそうさせて頂きたい。

補足:当ブログにはライターが2人います

ちょっと複雑な運営スタイルですが、当ブログにはライターが2人います。それぞれ、1日1時間×20日ぐらいが1ヶ月にブログにかけている時間です。合計で月間40時間ですね。

ライター2人体制で運営していなければ、「毎日更新+2,000文字」の組み合わせは守れなかったと思います。一人で更新を続けられるブロガーさんは本当にすごいと思います。私たちはまだまだ力不足ですね~

 

まとめ:長く続けてると時給があがってきます

  1. サラリーマン100%依存の生活に恐怖を感じて「収入の分散」を決意
  2. 月額10万円(15万PVでアドセンス約4万円、月1,000円稼ぐアフィリエイト60本)なら到達イメージが湧く
  3. ブログ運営は副業としては超低リスク。未来の利益率98.3%に心躍る
  4. 複数サイト・特化ブログ運営をしようとしてコケたので、カテゴリーを絞った雑記ブログにする
  5. 雑記ブログにしたおかげで①毎日更新②1記事2,000文字を守れた。ヒトデ氏の記事を心に秘めながら更新を続けた結果、収益が月5万円に。

ざっくりこんな経緯です。

ちなみに、1年間の収益は約20万円&運営時間は約480時間ほどなので、時給換算すると約417円です。マックでバイトしてた方が良いじゃん。

しかし!今後安定的に月5万円の収益を発生させられるとしたら、時給は1,250ほどになります。ずいぶん改善しましたね。

もし月10万円稼げるようになれば時給2,500円です。大企業のサラリーマン並みの時給です。ブログが資産化して、更新の手間を減らせるようになれば、時給は3,000円にも4,000円にもなるでしょう。

最初はまったく割に合わないですが、育ってくるとどんどん時給が改善するのがブログビジネスだと思っています。どんな副業でも、軌道に乗せるまでは割に合いません。

オイシイ話ばかりがついつい目についてしまいますが、そのへんはちゃんと理解しておいた方が良いと思います。そうじゃないと、「こんなはずじゃなかった!」となって、続けられなくなってしまいますからね。

収益目的で運営するなら、メリット・デメリット、リスク・リターンをしっかり理解して、長期的な目線で頑張りましょう!!

 

というわけで、「ブログ運営のド素人がブログ収益月額5万円を達成するまでの経緯」でした。

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

    • >excelcfさん

      コメントありがとうございます!お互い頑張りましょう!
      これからもぜひ読みに来てくださいね~♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    シーウィード

    こびと株.comのボス(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。