【ブログ】会計知識は株式投資においてどれほど影響力があるか

スポンサーリンク

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

以前から何回かこの話題(会計知識と株式投資の関係)を出している気がするのですが、また別視点から触れてみたいと思います。

会計知識が株式投資に決定的な影響を与えるということはない」というのが私見です。

財務諸表を分析する能力が投資パフォーマンスを向上させるかというと、そんなことはないんじゃないかと。

だって、素人がIR見て電卓叩いて一生懸命財務諸表を分析するまでもなく、

  • 大型株の場合は大勢のアナリストが企業価値を算定していますし
  • 格付け会社も財務状態をチェックしてますし
  • 最近では証券会社の株式分析ツールでも財務分析できます

 

個人(私たち)が時間をかけて分析して「財務優良企業だ」と判断した会社は、ちょっとツール使って調べればすぐに「安全性A、成長性B、収益性A」とか調べられちゃいますからね。

要するに、財務情報はプラスのパフォーマンスを生み出すための「隠れた情報」じゃなくて、所与の情報なんですよね。皆知ってて当たり前。リアルタイムで株価に織り込まれている。

こういう状況下で、財務数値を頼りにマーケットプライスの誤りを見つけて利益を得るなんてほとんど無理なんじゃないでしょうか。結局、会計知識は個別銘柄をやるにしても最低限の用語をおさえておけばOK、個別株をやらないなら全く不要ぐらいに思ってます。

 

一方で、なぜ私たちが自前で財務諸表分析をすることにこだわるかというと

 

自分たちで徹底的に分析することで、長期ホールドできる自信になるからです。

 

株式投資をするうえで重要だと思っている原則がいくつかあります。

  1. 市場に長く居続けられるほど、投資成績がプラスになる可能性が高くなる
  2. 売買回数は少ない方が、投資パフォーマンスが向上する可能性が高くなる

ところが、これだけ情報の伝達速度が速く、ニュースの数が多いと、様々な情報に振り回されてついついポジションを頻繁に動かしてしまうことになります。私たちは、こうやって情報に振り回されて投資の軸がブレることを大きなリスクだと捉えています。

また、なんちゃらショックが起きたときにパニックを起こさずに振舞えますかという話でもあります。

こういう時に、私たちが拠り所(心の支えと言っても良い)にしているのが財務数値というわけです。

誰が何と言おうと、この数字なら問題ない。もともとそう思える企業にしか投資していないので、投資の軸をブラさずに今までやってこられています。

Twitterやブログでは歴戦の投資家さんが日々有用な情報を発信していますし、ちょっと気を抜くとすぐに影響されてしまいます。しかし、投資の原則はあくまで自己判断・自己責任です。

今まで生き残ってきた投資家だから、たくさん稼いできた投資家だからといってこれからも成功するとは限りません。やはり、最後は自分のアタマで考えて意思決定する必要があります。

もし私たちが自分で徹底的に財務諸表分析できなければ、

  • 急に入ってきた情報で怖くなって売ってしまったり
  • なんちゃらショックでパニック売りしてしまったり
  • 有名投資家さんが「この銘柄は良い」と言っていたから無条件に良いと思ってしまったり

おそらくこういうことになっていたと思います。

 

こびと株.comメンバーの株式投資は、いわば事業投資です。客観的な財務数値を見て投資先を選定し、長期ホールドする過程で配当という形で利益確定していく投資ですから、たまたま投資に占める会計知識の重要性が高いように見えます。こういう側面で役に立つのは間違いないのですが…

しかし、一般的に株式投資に会計知識がそこまで必要かというと、先に述べた通りこれらの情報をもとに他の投資家を出し抜くなんて無理ですし、もっと他に重要なことがたくさんあるんじゃないかなぁと思っています。それこそ、そういう部分は「実績のある投資家」さん達から学んでいきたいですね。

とにもかくにも、それぞれのスタイルで、それぞれのニーズに合う投資をやっていきましょ~!というつまらないオチで申し訳ありませんw

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comのボス(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。