【ブログ】民間の医療保険は大半の人にとって不要 

 

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

ここ最近ずいぶんと病院のお世話になっているわけですが、いやぁー日本の健康保険は素晴らしいですね。10数万円の自己負担に対して、実負担は2万円になりました。

会社からの補助が出ているのでその分は差し引いて考える必要がありますが、高額療養制度を使えば自己負担のMAXはせいぜい月10万円程度です。

もちろん、保険適用の治療であればガンなどの手術・入院も対象です。

 

数十万円の貯金があれば、大抵の医療費は賄えてしまいます(豪華な個室や先進医療を希望する場合はまた別ですが)。無駄な保険料を払っている余裕があるのなら、それを貯蓄・資産運用した方が大半の人にとってはお得です。

  • なぜ保険会社に勤める従業員の給与はあんなに高いのか?
  • なぜ保険会社は一等地に立派なビルをたくさん所有できるのか?

このへんを考えれば、誰がババを引かされているのかは簡単に分かります。

保険会社の煽り方(よく言えばマーケティング戦略)はまさに「プロ」ですからね。無防備で相談したら、ほとんどの人は不安になってしまうでしょう。

 

健康保険料(公的なもの)って、高いですよね。月に1万とか2万とか納付する必要があります。

でも、日本ではその高さに見合うだけの医療サービスが受けられます。これだけ安心して誰でも高水準の医療サービスが受けられるというのは、本当に恵まれている状況だと思います。

ひと昔まえの童話みたいな「おっかぁの薬も買えなくて…」「医者を呼ぶお金なんてねぇだ!」なんて状況には、めったなことではなりません。

アメリカならともかく、日本において個人があえて民間の医療保険に入る必要性は感じません。

  1. 民間の医療保険を検討する前に、公的な健康保険制度を良く知りましょう(FPを勉強するのがおすすめ)
  2. 民間の医療保険を検討する前に、会社の福利厚生を良く知りましょう
  3. 民間の医療保険を検討する前に、とっとと100万円の貯金をしてしまいましょう
  4. もう民間の医療保険を積極的に検討する必要はありません

 

お金持ちになれない支出の筆頭が、保険料です。なぜなら、大半のケースで他人のためにお金を支払うことになるからです。

不幸の宝くじを当てにいって得をするなんてことは考えずに、正攻法でお金をコントロールしましょう。

と言われても、保険を解約できる人・無保険(任意保険)でいられる人って少ないんですよね。保険会社のマーケティングの上手さには脱帽です。だからこそ、彼らは儲け続けられるのでしょうね。

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。