僕「目標になる人がいません!」 上司「君は目標とされる側ですよ」

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

なんか、面談があったんですよ。会議室で2人きりの、愛の面談が。

3時間ぐらいかけて色々話したんですけど、今あまりモチベーションが上がらない理由として「目標になる人がいない」ということをぶっちゃけました。

10年前、入社した当時は

  • 税金のプロフェッショナルの先輩がかっこよく見えましたし、
  • 開示資料をバリバリ作れる先輩が頼りになりましたし、
  • 会計士より会計基準に詳しい先輩に憧れましたし、

とにかく、「自分もこうなりたい!」と思う人がそれなりにいたんですよね。

ところが、今となってはほとんどの業務を経験して、良くも悪くもこれはできない!と思うことがなくなってしまいました。

仕事が楽になって、簡単になって、勉強することもなくなって、簡単に言うと飽きてきてしまったのかもしれません。

 

色々と思いをぶつけていると、

上司が一言。

 

上司「シーさんはもう、目標とされる側の年齢だと思うよ。若手の見本になってください

部下たちを導く上司の図

 

はー、しーさんそんなこと考えたこともなかったよ。

そういえばもういい年齢だもんねぇ。

そうだねぇ若手の見本にならないとねぇ。

 

  • 個人でも稼げるスキルを身につけて(副業をしっかりやって)
  • 資産運用をしっかりやって
  • 与信を生かした不動産投資をやって

経済基盤を確立して自由に楽しく生きていきたいと思います!

よーし、見本になるぞ!

 

僕 「はい!見本になるよう、頑張ります!」

上司「期待していますよ」

 

上司の意図を汲めた自信はありませんが、表面上は分かりあえたと思います。ちなみに当ブログやその他運営サイトは、会社の後輩たち3名と共同で運営しております。

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。