思っていたほどお金が必要ないかもしれない説が成長中

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

  • お金を稼ぎたい
  • 資産がほしい

その一心で、収入の分散を進め、金融資本の蓄積を続けてきました。端的に言って、年収で手取り1,000万円とかあればいいなーと思っていましたし、資産1億円というのも魅力的な響きに聞こえます。

 

しかし、もっと具体的に

  • 年間、いくら稼ぐと理想の生活が送れるか?
  • いくらの資産を持っていれば理想の生活が送れるか?

という質問に対する明確な答えを持ち合わせていなかったため、とりあえず「収入も資産も毎年右肩上がりならオッケー」という前提で頑張ってきたのですが…

 

最近、歳を取ればとるほど「思っていたほどお金が必要ない」と感じるようになってきました。

  • 結婚してるし
  • ちっちゃい中古マンション買ったし(残債1700万)
  • 車いらないし(免許もってません)
  • 腕時計もってないし
  • カッコつけて高い服を着飾るモチベーションもないし
  • 旅行あんまり好きじゃないし
  • 映画鑑賞、読書、田舎のお散歩ができればハッピー

なんというか、今後想定できる「お金が必要な場面」というのが、子供の教育費ぐらいなんですよね。

老後に関して言えば、40歳までに納付した夫婦2人分の年金と、毎月10万円の配当を合算すれば生活費はこと足ります。人生の3大支出をカバーできてしまえば、もう備えは不要ですね。

一般に、お金をたくさん稼いでいる人は「すごい人」だと思われます。だから、私がお金を欲しいと思う理由も結局その程度のものなのかもしれません。承認欲求の一種ですね。

承認欲求が満たされるとキモチイイのは間違いないのですが、承認欲求を満たすためだけに稼ぎ続けるなんて人生モッタイナイ気もします。

特段お金が必要な場面が想定できなければ、はやいうちに路線変更しちゃってもいいかもしれません。やっぱり、お金にとらわれすぎていた(ている?)んだろうなぁ…

とにもかくにも、月10万円もかけずに、あんなに幸せそうに楽しく暮らしている母を見るといろいろと感じるものがありますね。わたくしの理想の生活は「よつばと」の生活です。

翻訳家になろうかな!

 

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。