ブログを続けてはや20ヶ月。ようやく落ち着きつつある運営スタイル

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

2016年10月にブログを公開して、はや20ヶ月が経過しました。もうすぐ2年ですね。

色々と試行錯誤を続けるなかで、ようやく運営スタイルが落ち着きつつあります。

  1. 通勤中に1000文字ぐらいの軽めの記事を書く(好きなことを書く)
  2. 早朝出社後に、90分ほどかけてSEO向け記事を書く

 

※日記と検索向け記事を分けて書こうというのは、2017年12月からやり始めたみたいです。

 

①軽めの記事の方は、あまりにもムダな通勤時間の有効活用です。1日1時間を通勤でムダにした場合、なんと1年間で230時間ほどドブに捨てることになります。

とはいえ、集中して何かに没頭するには短い時間だし…ということで、スマホを使ってライトな記事を書くことにしました。

ブログで収益化できることは楽しいです。しかし、仮に収益化できなかったとしても、

  • 「思ったこと」
  • 「書きたいこと」

これらを誰に咎められることもなく好きにアウトプットできるということには、十分大きな価値があります。

嬉しいことに「こびと株はどんなことを考えているんだろう」と興味を持って下さる方も増えてきました(Twitterのフォロワー数もいつの間にか3,800人を突破しています)。

なので、自分で「くだらないかなぁコレ」と思うような考え・意見でも、とりあえず書いて公開してみようという感じになっています。

 

 

ただ、収益化がブログ更新の原動力になっていることは間違いありません。2018年7月現在、月15万円~20万円の収益が発生しています。

これらの収益はすべて「②SEOを意識した検索記事」から発生しています(日常のブログ記事からは収益は一切発生しません。)

  1. キーワード選定をして
  2. キーワードボリュームを調べて
  3. 上位表示されている記事の内容を調べて
  4. 自分達の経験・知識を使えば上位表示できそう

こう思えた記事だけを4~5時間かけて書き上げます。自然と4000~6000文字ぐらいのボリュームになります。広告収益が発生するのは、こうやって丁寧に書き上げた記事だけです。

ちなみに、想定通り収益が発生する記事は10本に1本ぐらいです。もっと少ないかもしれません。

 

  1. 「日記記事」と「SEO向け記事」を明確に分けて
  2. それぞれの記事を書くための作業時間を、1日のうちの適切なタイミングで確保しよう

たったこれだけのことなのですが、このスタイルに落ち着くまでに20ヶ月かかっています。なんだかんだ、このスタイルもいつか変わると思います。

結局のところ

  • やりこんでみないと、どんなスタイルが自分に向いているか分からない
  • どんなスタイルも、時間の経過とともに変わっていく

ということです。

新しいブログがどんどんと誕生している今日この頃。ブログ運営は本当に「ぶら下がり競争」なので、いつの間にか更新が止まっていきます。

個人的には、更新を続けることが更新を続ける最大のコツだと思っているので、どんなことでも、どんな状態でもとりあえず記事を書いて公開するという習慣が大事になるのかなと。

そのうち、自分に向いている運営スタイルが固まってくるのだと思います。

「まずは100記事」と言わず、どうぞ1年365日毎日更新して下さい。そうすれば、きっとその後も続きます。収益が出始めると本当に楽しいですよ~。

私たちも愚直に更新を続けます!

ちなみに、平日午後と土日はブログに触ってません。長く続けるならメリハリは大事かと。

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。