文系大学生だってMRになれる!MRの半分以上は文系出身です!

学生
MRって仕事があるらしい。なんとなく興味あるなぁ。でもボク文系なんだけど…文系でもMRってなれるの!?

こんな人向けの記事です。

この記事を読めば、「文系でもMRになれる!」という確信が持てます。

 

MRってこんな仕事!

 

キャリアカウンセラー
まずはMRの仕事についてざっと見ていきます。

「そんなの知ってるから!早く文系でもMRになれるかどうか教えて!」という方は、「データで納得 文系でもMRになれる!」へどうぞ。

 

「MR」はMedical Representativeの略

キャリアカウンセラー
MRとは、Medical Representative…日本語でいうと医薬情報担当者です。

この医薬情報担当者という言葉は、厚生労働省の出す省令「医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器の製造販売後安全管理の基準に関する省令(GVP)」に出てくる言葉です。

GVPには、「「医薬情報担当者」とは、医薬品の適正な使用に資するために、医療関係者を訪問すること等により安全管理情報を収集し、提供することを主な業務として行う者をいう」と定められています。

また、公益財団法人 MR認定センターの作成する「MR教育研修要項」には、「「MR」とは、企業を代表し、医療用医薬品の適正な使用と普及を目的として、医療関係者に面接の上、医薬品の品質・有効性・安全性などに関する情報の提供・収集・伝達を主な業務として行う者をいう」と書かれています。

ずいぶんカタい言葉で書かれているので読むのが嫌になりますね。ざっくりキーワードだけ拾うと、

  • 医薬品の適性な使用と普及
  • 医療関係者を訪問
  • 情報の収集・提供

このあたりです。

 

キャリアカウンセラー
誤解を恐れずに一言で言えば、MRは薬の営業です。

MRの勤め先は製薬会社やその業務委託先です。製薬会社は、薬を作って売るのが仕事。薬が売れなければ利益が出ませんから、つくった薬は適性な形でたくさん使われるのが望ましいわけです。

そのためにMRは医者や薬剤師のもとを訪問し、「これはこんな薬なんですー。こんな病気にこんな風に使ってください!あぁでも使うときは、こういう点に注意してくださいね。」という風にして自社の医薬品を売り込むのです。

もちろん、売るべき商品が薬ですから、「なんでもいいから買って!」というわけにはいきません。医師や薬剤師に薬に関する情報を提供し、医師・薬剤師側からも情報を得つつ、薬が正しく使われるように努める必要があります。

キャリアカウンセラー
MRは、営業職の一種です。売るべき商品である薬について知らなければいけないのはもちろんですが、まずは営業として適性があることが重要です。

 

コラム~MRのつぶやきメモ~

MR1
明日はA小児科で新発売の薬の説明会だ!医院のお昼休みにお邪魔するんだから、おいしいお弁当でも差し入れて、和やかな雰囲気を作ろう。効果や副作用についてはもちろんだけど、アイスに混ぜればこどもでも飲みやすいなんて話もしておけば、患者さんたちの役に立つかもしれないなっ!
MR2
来週はB医院の開業10周年パーティーだ!幹事手伝って先生と仲良くなるぞー!
MR3
冬は内科は混んでるなぁ…。診察が終わるまで先生には会えないから、待合室で立ちっぱなし。オレも風邪ひかないようにしないと。
MR4
大学病院の先生は本当に忙しいな…。診察室から入院病棟への道を一緒に歩いて、1分でこの薬の良さをアピールしよう!

やはり、「薬の知識がMRのすべて」というわけでは全くなく、営業としてのさまざまな工夫が必要な職種のようですね。

 

MRの2つの特徴

MRの仕事内容がざっとわかったところで、MRの仕事の特徴的な点を2つご紹介します。

①高年収

一般に、MRの年収は高いと言われています。

転職・求人DODAの平均年収ランキングによれば、MRは86職種中第3位の年収を得ているようです。全体の平均年収が442万円であるのに対し、MRの平均年収は710万円ということですから、かなり高給取りであるといって間違いなさそうです。

業種別の平均年収ランキングを見ても、医薬品メーカーは67業種中第2位で672万円。医薬品メーカー自体の給与水準が高く、MRはその中でも厚遇されているといえそうです。

キャリアカウンセラー
成果主義が取り入れられている会社も多いのでいちがいには言えませんが、30代で1,000万円超などという話も珍しくないようです。

 

②理系の専門知識がなくても「人の健康に貢献できる」

厚生労働省の「健康意識に関する調査」によれば、幸福感を判断するために最も多くの人が重視する要素は「健康状況」です。

これだけ幸福と結びつきの強い「健康」ですから、「人の健康に貢献できる仕事がしたい!」と思う人も多いことでしょう。

文系学生
でもボク医学部でも薬学部でもないし。理系の専門知識なんにもないしなぁ…

こんなことを思っている文系学生のあなた、ぜひMRという職種を検討してみてください。

MRは、良い薬を売り、薬の情報を医師・薬剤師に正しく伝え、医療現場の情報を適切に創薬側にフィードバックすることで、人の健康に貢献できる仕事です。

そしてこのMRという仕事、理系の専門知識をもたない文系学生にも、ばっちり活躍可能な仕事なのです。

キャリアカウンセラー
それでは本題!「文系でもMRになれる」ということを、データと実例で説明いたします!

 

データで納得 「文系でもMRになれる!」

MRがどんな仕事か見えてきたところで、実際のMRについてデータや実例で確認してみましょう。

 

MRの半分以上は文系出身

2015年の総MRのうち、文系学部出身のMRは56.9%です。2006年から2015年までの10年間、文系MR数が総MR数の50%をきった年は1年もありません!(出典:公益財団法人 MR認定センター「2016 MR白書」)

これを見たらだれも文系はMRになれないなんて言わないでしょう。だってもう10年以上、MRの半分以上は文系なんですから!

キャリアカウンセラー
文系学生のみなさん、ビビる必要はありません!事実として、MRは理系出身者より文系出身者の方が多いのです。

 

入社してからがっつり研修される

公益財団法人MR認定センターの定める「MR教育研修要綱細則」には、導入教育の必須総時間は、基礎教育300時間以上、実務教育150時間以上と記載されています。

多くの企業がこれにそって、新人MRの研修を実施しています。(ちなみにこの細則には、「本要綱で定めた教育研修は、原則、勤務時間内に実施すること」という記載もあります)

 

アステラス製薬の場合

新入社員MRへの導入研修は、入社直後から約6ヶ月にわたって実施されます。

また、1年目の後半にはMR認定試験対策が行われるほか、3年目には3年目MRフォローアップ研修も控えています。

(参考:アステラス製薬HP「教育研修制度」)

大日本住友製薬の場合

新入社員MRへの導入研修は、入社直後から約5ヶ月かけて実施されます。「自立したMRになるための基本を習得する」ための、合宿形式での研修です。

また、入社3年目までのMRが若手と位置づけられており、配属後の導入フォロー、MR活動と並行して行う意識コース・知識コース・スキルコースの三種の研修「DEGEICO」と呼ばれる育成プログラムなどが行われています。

(参考:大日本住友製薬HP「大日本住友製薬のMR育成プログラム」)

 

キャリアカウンセラー
薬の知識が乏しい文系学生でも、入社してからしっかり研修を受けられるので安心、ということです!

 

MRに最も必要なスキルはコミュニケーション能力

MR転職サービスによれば、MRに必要とされているスキルの第1位はコミュニケーション能力です。

ちなみに2位と3位は情報収集能力と行動力で、「薬の知識」みたいなものはベスト3から外れています。

キャリアカウンセラー
文系だっていいんです。コミュニケーション能力があれば。理系だって困るんです。コミュニケーション能力がないと。

 

コラム~医院内でのMRに関するつぶやきメモ~

医者1
成分があんまり変わらない薬ってたくさんあるんだよね。成分が変わらなかったら、応援したいって思うMRの薬使っちゃうよね
医者2
あのMRさん、こないだちょっと叱ったら来なくなっちゃったな。あと一歩でいいMRさんになれる子だと思ったのに残念だなぁ
事務員
あのMRさん、いつもすごく丁寧で気が利くわ。早めに先生に会えるように調整してあげましょう♪

やはり、ひたすら薬に詳しくさえあれば勝てる世界、というわけではないようですね。

 

まとめ:文系でもMRになれる!

文系学生でも、MRになることができます。現実に文系出身のMRはたくさんいますし、当然活躍している人もたくさんいます。(でなければ、企業が文系MRを雇用し続けるはずがありませんよね。)

コミュニケーション能力等に自信のある人は、入社してから研修をがんばって、すてきなMRを目指すのもいいですね♪

反対に、コミュニケーション能力に自信のない人や、仕事内容等を見て「MRは、やりたいこととちょっと違うかも…」と思ってしまった人は、こちらの記事もご覧ください。

営業以外に就職したい文系のあなたへ【この方法でOK。実績あり】

2018.07.21

【文系の職業一覧】文系には、こんなに可能性があるって知ってほしい!

2017.12.01

 

また、自分がMRに向いているかどうかについて悩みはじめてしまった人には、就活アドバイザーサービスの利用がおすすめです。ひとりで悩むより、プロに相談するのが一番!プロの就職アドバイザーが無料で相談にのってくれるサービスなんて、使わなきゃソンです♪

 

それではまたっ!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。