日本企業が持つ現金100円の価値は50円!?企業や個人がお金の「実質的価値」を高めるために必要なこと

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マン(@kobito_kabu)です。

経営財務」という週刊情報誌があるのをご存知でしょうか。

会計を生業にしている人達が読む超マニアックな雑誌です。業界最前線の情報を最速で入手できる、知る人ぞ知る優良誌です。

時々この雑誌の中に、投資家にとっても有用かつ面白い情報があるので、それを紹介させて頂ければと思います。

はじめに記事全体のネタバレをしておくとこんな感じ。

本記事の要約
  1. 海外機関投資家は、日本企業が保有する100円の価値を50円として評価している
  2. 企業がお金の実質的価値を高めるには「コーポレートガバナンス」が重要
  3. 個人がお金の実質的価値を高めるには「お金のEQ」が重要

それでは見ていきましょう。

 

【悲報】日本企業の現金100円の価値は50円

「経営財務3304号 2017年4月3日」の記事からのご紹介です。

本記事の著者である柳良平氏(東洋大学客員教授・エーザイ常務執行役CFO)は、海外投資家にこのようなことを頻繁に言われるそうです。

「日本企業の保有現金は50%で評価する。100円は50円とみなす」

これは驚きの発言ですね。

10年近く経理業務に携わっている私からすると、100円はまさに額面通り100円であり、銀行預金の残高証明書などで確認できるリアルな数字です。当たり前ですが、100円払えば100円のものを購入できます。

それが、投資家目線ではディスカウントされている。なぜこのようなことが起きてしまっているのでしょうか?

 

理由:コーポレートガバナンス(企業統治)がガバガバ

多額の現金保有している企業は、次のような行動をとるおそれがあります。

  • 資本コストを下回り価値破壊するような、利益率の低いプロジェクトに投資する
  • ムダに豪華なオフィスや車を保有する
  • 経営陣の保身でひたすら現金を抱え込む

コーポレートガバナンス(企業統治)が脆弱な企業は、保有現金を有効活用できない可能性があるのです。

米国企業はコーポレートガバナンスが優れていて、日本企業はコーポレートガバナンスが脆弱。このようなことを聞いたことがないでしょうか。まず、米国企業の状況を見てみましょう。

ミシガン大学で行われた先行研究によると、米国企業が保有する現金の現在価値は次のようになっているそうです。

  • コーポレートガバナンスが優良な企業・・・1ドルあたり1.27~1.62ドル
  • コーポレートガバナンスが劣後している企業・・・1ドルあたり0.42~0.88ドル

ずいぶんと大きな差がありますね!

 

でも、よく考えてみると当然です。例えば、

  1. すばらしい投資手腕を持っている投資家が保有している現金
  2. 私が保有している現金

この2つは、たとえ同じ額面であったとしても実質的には同じ価値ではないでしょう。

孫正義氏はガンガンお金を増やせるでしょうが、一方で、私が持っている現金は、浪費や消費、大して有望ではない投資先に向かってしまう可能性がありますからね。

コーポレートガバナンスの優劣は、間違いなく現金の実質的価値に影響を与えるのです。

 

日本企業を対象にした同様の研究を見てみましょう。広島経済大学と甲南大学の教授が行った調査によると、平均的な日本企業が保有するバランスシート上の現金1円は、

0.55円~0.74円

の評価になっているそうです。日本企業全体の平均が、米国のガバナンスの悪い会社の平均と同じレベルなのです。

※最近では、日産のカルロス・ゴーン会長が会社の資産を不正使用していた可能性があるというニュースが流れ、日産株が下落していました…ゴーン氏に私的にお金を使われていたのなら、日産が持つお金の価値はまさにディスカウント評価されてしかるべきですね。

 

実際に、海外の投資家は日本企業の現金の価値をどのようにとらえているのか?

柳氏が大手機関投資家に対して個人的に行ったアンケートによると、日本企業の保有現金を額面通り100%で評価している海外の機関投資家はたったの35%しかいませんでした。

半数を大きく上回る、65%の投資家が一定のディスカウントを行ったうえで評価しているのです。

なぜこのようなディスカウントをするのか?という問いに対する答えは

  • コーポレート・ガバナンスが脆弱・・・42%
  • 投資の意思決定に対する懸念(ROEが資本コストを下回っている)・・・58%

となっています。

 

はい。

 

要するに、企業統治がガバガバで、投資がヘタくそだからってことですね。

グウの音も出ません(自らを省みて)

 

現金の定義を少し広めて、現金+有価証券を範囲とすると、ディスカウント率はさらに高まります。たいした利益を産んでいない持ち合い株に対する否定的な評価です。

7割を超える海外投資家が、50%近いディスカウントをしているようです。

ちなみに、このような厳しい視点を持った海外機関投資家から見ても、今後日本企業がコーポレートガバナンスを改善し、財務のリテラシーを高めるのであれば、日本企業の現金の価値評価を高め日本株をオーバーウエイトしたいと思っているようです。

 

お金に困らず幸せに暮らすために必要なこと=お金のEQも高める

さて、このような考え方(客観的に見える数字=お金も、実はその所有者によって価値が変動する)は、一般家庭にも応用することができます。

  • 相続などでいきなり資産3,000万円を手に入れたAさん(お金の使い方がド下手)
  • 収入・支出・資産運用をコントロールし、コツコツ1,000万円貯めたBさん(お金の使い方も上手)

数字だけ見ればAさんの方がお金持ちですが、それって本当?という視点が持てるといいですよね。

 

どこまでいっても、他人は他人。自分は自分です。

 

巷にあふれる「平均年収」や「平均貯蓄額」という言葉に惑わされず、自分が持つお金の効用を最大化することだけを考えた方が建設的でしょう。

  • 平均年収より高い年収を稼いでいるからといって、”上”の人かどうかなんて分かりません
  • 平均貯蓄額より多い貯蓄を持っているからといって、”上”の人かどうかなんて分かりません
  • 誰も彼もが年収1000万円、資産1億円といった「キリの良い数字」を目指す必要があるでしょうか?

年収500万円の人より年収800万円の人の方が裕福に決まってるだろ!という感覚を持ってしまうことは否定しません。

しかし、そこを一歩引いて「実質」を考えられるかどうかは、お金との付き合い方を測るうえで重要なポイントになると思います。数字に支配されるか、数字を支配するかということです。

目的はお金持ちになることではなく、幸せになること。ここに異論のある人はいないでしょう。お金は道具・手段に過ぎませんから、そこを見誤らないようにしたいものです。

今回の記事で「自分の持ってる100円と他の人が持ってる100円は価値が違うのか~」という気づきが得られたと感じた人は、ぜひ本田健氏のこの本を読んでみてください。

※本田健氏は、ベストセラー「ユダヤ人の大富豪からの教え」の著者ですね。

  1. お金のIQ(実務面の知識や知恵)
  2. お金のEQ(お金に関する感性)

この2つを高めて「本当の豊かさ」を手に入れましょうという内容です。パッと聞くと胡散臭さがすごいですねw

さて、巷で溢れるマネー本の大半は、お金のIQに焦点が当てられています。お金を稼ぐための方法や、資産運用の具体的なテクニックのことです。

お金のEQ(いかにして、お金に対して感情的に健康に付き合うか)という話をテーマにしている本はあまり多くはないので、参考になると思います。

お金のEQに関するキーワード
  1. 受け取る
  2. 感謝して心から味わう
  3. 信頼する
  4. 分かち合う

お金のEQを高めると、あなたが持っているお金の実質的価値は明らかに増価します。スピリチュアルに聞こえるかもしれませんが、個人的には割と実感が伴っていますw

 

まとめ:企業はコーポレートガバナンスを強化せよ!個人はお金のEQを高めよう!

  1. 企業は、コーポレートガバナンスを強化する
  2. 個人は、お金のEQを高める

これが、お金の実質的価値を高めるための答えの1つというわけです。

 

一見客観的に見える「100円」という数字。

しかし、海外機関投資家は、日本企業が持つ100円を50円にディスカウントして評価しています。コーポレートガバナンスがガバガバで上手に使えないため、実質的にその価値がないからです。

個人にも同じことが言えます。

お金のEQが低ければ、お金の効用を最大化することができません。逆に言えば、額面通り(もしくはそれ以上)のお金の価値を持たせられていないということです。

自分の持っているお金で幸福感・満足感を得られないのは、

  1. そもそもお金が足りない(←自覚を持ちやすい)
  2. お金のEQが低い(←自覚を持ちにくい)

という2つの要因があることを認識すると、見える世界が変わります。お金のEQが高い人は、お金の絶対額が少なくてもとても幸せそうに暮らしています。

あなたのそばにも、そういう人がいるんじゃないでしょうか?

お金の実質的価値

深いテーマですが、向きあう価値は多いにあるでしょう。

 

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。