【台風きたら会社休む】小さなことだからこそ自己決定権を失わないようにしたい

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

今朝、5時に起きた時には首都圏JRの全線はほとんど運行見合わせの状態でした。

それから2時間ほど経過。通勤ラッシュの時間帯には、運行が開始。

そのため、私の最寄り駅のホームは大混雑状態に…

今までの私だったら「どんな手段を使ってでも会社に行かねばならぬ」と考えて、まるで侍のように頑張っていたわけですが、最近はそういう考えもなくなりました。

なぜかと言うと、やっぱり心のどこかでは「オカシイ」と感じていることに気づいたからです。

 

自分の細胞や臓器がグレる!?

ちょっと長いですが、ハーバード・ビジネス・オンラインの記事をご紹介します。

メンタルトレーナーの梯谷幸司氏が執筆した記事です。

 

外的基準に従い続けるリスク

人は、何かを「やるか・やらないか」を判断するとき、2つの基準に従っているそうです。

  1. 内的基準:自分の信念や価値観に照らし合わせ、自分の基準で決めること
  2. 外的基準:みんながそうしてるから、親が言ったから、先生が言ったから、など外部の基準で決めること

外的基準で判断する生活を続けると、自分の細胞や臓器がグレるそうです。

外的基準で、世の中や身の周りに起きることを判断し、外的基準で作られた常識で動いている時、脳の中では「それは、私が考えたことではない」→「私の価値観を持ち出していない」→「本当の私を生きていない」→「本当の自分を無視している」と認識します。

その結果、細胞や臓器が暴れ出してグレ始めるということが起きてくるのです。まさに、病気を発生させる心理的要因の重要な1つは、これなのです。これは私の長年のカウンセリング経験から明確に言えることです。

(出典:同上)

意味の分からないサラリーマンルールでだんだんとストレスがたまり、

こんなの俺(私)じゃない!

と思ったことがある人も少なくないんじゃないでしょうか。もちろん、わたくしもしょっちゅう思っております。でも、なかなかその現実から抜けられないんですよね。

  • みんな同じ時間に出社する必要ってあるの?→会社の規則だから…
  • 議事録ってムダじゃない?→上司に作れって言われるから…
  • 残業まみれっておかしくない?→でもみんな残業してるし…

 

日本のサラリーマンは、世界で一番自分の会社を憎んでいるというデータがあります。これは、ゆとりのない外的基準に一因があるのかもしれません。真面目すぎるのかな?

 

内的基準に従おう

まぁここまでくるとオチは簡単で、内的基準に従った方が精神面でも肉体面でもメリットが大きいということです。

いずれにせよ、これらの「内的基準による自己決定感」があるかどうかは、健康面でも、ビジネス面でも、対人関係面でも・経済・収入面でも全て同じように作用します。

あなたが選んでいる治療法や健康法、ビジネススキル、コミュニケーションスキル。そこに「自己決定感」はありますか?

 

ちなみに、こういう話をすると極端な方向に行きがちで、

  • 外的基準による判断はすべて悪!排除せよ!

みたいなことにもなりがちなのですが、別にそういうことを言っているわけではないので気をつけたいですね。

色んな価値観の人が一緒になって暮らしているわけですから、当然自分の価値観と外部との価値観のすり合わせ・譲歩は必要にるでしょう。

とはいえ、たぶん、一般に、ジャパニーズサラリーマンは外的基準の縛りが強すぎます。だから、意識的に主導権を取り戻す動きをしたいところです。

 

サーカスの象が逃げ出さないのはなぜか?

外的基準に従い続けるうちに、無力感に支配されていきます。自分で考えるだけムダ、という状態になるということです。

サーカスの象という例え話があります。

サーカスの小象をクサリでつないでおきます。小象の力ではいくらもがいても外せません。

大人になって、クサリを外せる力がついても、「クサリはどうせ外せない」と学習しているのでおとなしくし続けるそうです。

外的基準に従い続けることで、「どうせ自分の考えは一切現実にならない・受け入れられない」という学習をしてしまうと、幸福感ダダ下がりの人生に…

 

まとめ:台風の影響で電車が微妙だったので会社休みました

というわけで、最寄り駅のホームに着いてこう思ったわけです。

こんな状況で、他の人とド付き合いながら会社行く必要ある!?

  • 運行してない路線の分まで、他の路線に人が集まってる
  • 動いてる路線も運行本数が少ない
  • 線路の安全を確認しながらゆっくり走行
  • 電車がホームについた時には既に満員でもう乗れない
  • そもそもホームは入場規制
  • 会社に行けなくてみんなイライラ、愚痴だらけ
  • 足の踏みあい、体のぶつけ合いで怒号飛び交う

たった1日有給とるなんて、小さなことです。

でも、今までの自分はそういうことができませんでした。

なんで会社を午前休にしないんだ…」そうやって愚痴を言いながら、トボトボ出社していたわけです。でも、休みたかったら休めばいいだけの話なんですよね。

 

残業だって、したくなければしなきゃいいんです。

「残業しないで定時帰り」を23ヶ月間続けた記録【人生を取り戻す】

2017.07.14
  1. 有給は全部とるし
  2. ムダだと思う残業はしないし
  3. ムダだと思う飲み会は出ないし
  4. 危険だと思ったら出社もしないし、早帰りもするし
  5. 副業だってやればいいし

~しなければいけない、というマインドを捨てて、自分の判断で生活できるようになるとストレスも減ると思います。

小さなことだから、と理不尽を受け入れ続けていると

  • 小さなことすら思い通りにできない自分

に段々と失望してきます。だから、小さなことこそ、自分で決めたいですね。そのうち、大きなことも自由にできるようになるのかも?

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。