開発日記②:フリーランスCFO代行のクライアントさんが決まりました

スポンサーリンク

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

先日、こんな記事を公開しました。

こびと株CFOサービス(仮)の開発日記①【フリーランスさん向け】

2018.06.24
  • 上場会社での10年の経理経験
  • 簿記1級/証券アナリスト/FPなどの資格

これらを活かして、フリーランス向けのCFO代行サービスを作りたいという記事ですね。

 

専属サポートが決まりました

Twitterでコメントしてみたところ、何名か好意的な反応を頂けました!

そして、そのうちの1名を専属でサポートさせて頂くことになりました。クライアントさん第1号です。

実際に会社を辞めて独立される方なので、本気度が違います。こちらも、金周りのことは全力でサポートしたいと思っています

私たちにとっても初めての論点がたくさん出てくるので、たくさん勉強しないといけないですね。もちろん、こんな状況なのでサービスフィーは一切頂きません

実際にサポートするなかで、

  • 自分たちにできること
  • 自分たちにできないこと

これらがハッキリしてくるんじゃないかなと思っています。

 

ブログをはじめてから身についた姿勢

私は、基本的に「完璧に準備してから行動する」という性格です。

しかし、ブログをはじめてから「行動しながら適宜修正する」という姿勢も大事だということに気がつきました。

ブログ記事なんて、何がウケるか、何が読まれるかなんて事前にはまったく分かりません。とりあえず、書いて公開して反応を見る。反応を見てから対応を考える。こういう順番が大事になります。

とりあえずやってみるという精神が大事なのかなと思います。この点、迂闊に行動したらどんなしっぺ返しを食らうか分からないという会社の世界とは全く違いますね。

 

今までだったら

  1. 机上の空論でCFO代行サービスを練る
  2. プランができたらお客さんを募集
  3. しようと思ったけど、プランができずに頓挫

という流れだったと思います。いきなり見切り発車するというのは、今まででは考えられなかった行動ですw

 

このことはクライアントさんも承知のうえなので、ある意味2人3脚でサービスを作っていくことになります。大変ありがたいことです。その分、経理代行や資金繰りなど、全力でサポートしたいと思います。

※税務相談、申告書作成代理は税理士の独占業務なので対応できません。このあたりがもどかしいところですね。実務でやっているので知識も経験もあるのですが…必要に応じて税理士先生と連携する必要がありますね。

このクライアントさんのサポートを通じて、サービス内容を固めていきたいと思っています。フリーランス専用の業績管理ファイル資金繰り表予算管理表などのツールも出来ていくことでしょう。

事業成長に貢献できてこそCFO代行なので、経理の守備範囲を越えたところでも力を発揮したいですね。

  1. 事業の売上/利益拡大
  2. 個人資産の拡大

この2つがミッションです。

 

会社で培った経験を外の世界で活かそう

サラリーマンを何年も続けていると、気がつかないうちに色々な経験が身についています。

自分では当たり前に思っている知識でも、外の世界では重宝されるということが往々にしてあります。会社の外で自分の力を試してみるというのは、なかなかエキサイティングな経験になると思います。

なんにせよ

  1. ブログを作って運営してみる
  2. Twitterアカウントを作って運営してみる

この2つは本当にオススメです。

2年、3年と続けていくと、楽しい未来が待っている気がします。

この記録を読み返して「こんなときもあったな~」と思えると良いなと思います。千里の道も、一歩から!

初の打ち合わせは7月下旬ということになりました。続報をお楽しみに!

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。