【報われない努力がツライあなたへ】報われる努力と報われない努力

報われる努力がしたい人
努力って報われるのかなー?努力する気はあるんだけど、報われないのは辛すぎるからなぁ…
報われない努力に疲れた人
努力しても、報われる人と報われない人がいるわよね。どうすれば報われる努力だけできるのかしら…

こんな人のための記事です。

 

フルーツ
報われる努力と報われない努力があるんじゃなくて、報われるかもしれない努力と報われるはずのない努力がある

というのが私の考えです。

  • どういうことか?
  • 「報われるはずのない努力」を避けるためにはどうすればいいか?

について解説します。

 

報われる努力と、報われない努力

報われる努力がしたい人
報われる努力の見分け方が知りたいんだけどな~

気持ちはわかります。

誰だってムダな努力はしたくないし、どうせなら「報われる」と保障のついた努力を選びたいもの。

でも多分、

報われる努力がしたい人
努力を始める前に「報われる努力」と「報われない努力」を見分けたい!見分けられるはず!

というその発想自体が、間違っています。

 

報われるかもしれない努力と、報われるはずのない努力

あるのはただ

  1. 報われるかもしれない努力
  2. 報われない努力

の2種類だけ。

①報われるかもしれない努力は、やってみないと、報われるか報われないか分からない努力。

②報われない努力は、やる前から、報われないと分かっている努力。

 

フルーツ
残念ながら、やる前から、報われると分かっている努力なんて、無いと思うのです

法律の勉強を始める前から、司法試験に受かると分かっている人はいません。みんな、報われるかどうかは分からないけど、勉強するわけです。

小学生のときから、野球選手になれると決まっている子はいません。報われるかどうかは分からないけど、練習するわけです。

 

だから、私たちにできることは2つだけ。

  1. 初めから「報われない努力」と分かる努力は、避けること
  2. 「報われるかもしれない努力」をしたときは、報われなくてもなにかしら学ぶこと

 

努力はコスパが悪いから止めるべき?

報われない努力に疲れた人
そうやって考えると、努力ってコスパが悪いわよね…もう止めようかしら…

ベートーベンの言葉に

努力した者が成功するとは限らない。しかし、成功する者は皆努力してい

というのがあります。なかなか心に響く言葉かな、と私は思います。

 

報われない努力に疲れた人
まぁでも、成功なんてしなくても…だって報われない行動なんてムダなことしたくないし…

「報われないから行動しない」というのは、なかなか奇妙な発想です。

だって、考えてみて下さい。

私たちは全員、最後は必ず死ぬわけです。それこそ、どんなに努力しても、必ず死はやってきます。

だからといって、「どうせ死ぬだけだから、生きてる意味ない」とは思わないですよね?

フルーツ
どうせ死ぬだけだけど、生きている。だったら。どうせ報われないかもだけど、頑張ってみようかな。

これくらいの気持ちで行動してみるのも、アリだと思うのです。

 

努力はやめて好きなことをやればいい?

報われる努力がしたい人
努力なんかやめて、好きなことをしよう!っていう意見もありそうだよね

いくら好きなことだって、本気で取り組んだら、いつも常に100%楽しいだけなんてこと、有り得ないですよね。

例えば、サッカーが好きな少年がいたとします。もし彼が、本気で上手くなろうと思うなら、努力をともなう練習は不可欠でしょう。

  • 楽しくない基礎体力作りのトレーニングも必要かもしれません
  • 眠い目をこすりながら練習時間を確保する日もあるかもしれません
  • やってもやっても身に着かない技術があって、投げ出したくなることもあると思います

 

好きなことをやるのは、大賛成です。

でも

フルーツ
好きなことだって、本気でモノにしたかったら努力は絶対必要!

だと思います。

たいていのサッカー選手は、たぶんサッカーが好きでしょう。でも、練習がツライと思ったことが1度も無い選手なんて、ちょっと想像つかないですよね。

 

報われるはずのない努力の特徴3つ

報われる努力がしたい人
なるほどねー。じゃあ仕方ない、頑張るよ。でもとりあえず「報われるはずのない努力」を避ける方法だけは教えてほしいな

ここでは、報われるはずのない努力を避けるために、その特徴3つご紹介します。

フルーツ
自分がしている努力に、こういう特徴がありそうだったら、今すぐ止めてしまうのがおすすめです

 

特徴①すぐ結果を求める

今日、努力した。明日、結果が欲しい。

こういう努力の仕方は、まず報われません。

もちろん努力する物事の種類にもよるでしょうが、大抵の努力は、報われるまでに時間がかかるものです。

 

例えば、体力をつけようと思ってランニングを始めるとします。

今日、走る。明日、何も変わらない。

明日も走る。明後日、何も変わらない。

1週間毎日走る。やっぱり、何も変わらない。

変化がわかるのは、少なくとも何ヶ月か先のこと。

それまで「何の結果も見えない時間」を耐え忍ぶことができなければ、努力は報われないまま終わってしまいます

フルーツ
報われないと感じる時間が、無限に思えるほど続いて…それからやっと結果が出るかも。そんな感じですよね

 

ツライ時期を超えられるかどうかは、時間軸のとらえ方にかかっています。

「今」や「明日」ではなく、「3か月後」「1年後」、ことによると「10年後」や「30年後」を見て行動を続けること。

これが、報われる可能性のある努力を行うカギです。

 

特徴②自分の目的と合わない

アメリカの心理学者シーベリーの言葉に

 自分自身になれないなら、悪魔になった方が良い

というのがあります。

努力の方向性は、自分の目的地と合わせましょう

  • 見栄
  • 他人の誘導
  • 不安

こういうモノに惑わされてする努力は、まず報われません。

フルーツ
自分が欲しくもないモノのために、めっちゃ努力してしまう…。人間って、わりと簡単に、そういうどうしようもないミスをしますよねw

 

特徴③変えられないものを変えようとする

カナダの心理学者、エリック・バーンの言葉に

他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる

というのがあります。

フルーツ
他人や過去を変えようという努力は、確実に「報われない努力」に分類できるわけです

 

アメリカの神学者・倫理学者のラインホールド・ニーバーの言葉には

神よ、

変えることのできるものについて、それを変えるだけの勇気を、

変えることのできないものについて、それを受け入れるだけの冷静さを、

そして、この2つの違いを、見定めるだけの知恵を

我らに与えたまえ

というのがあります。

フルーツ
私から付け加えることはありません!(笑)

 

まとめ:覚悟を決めて、ゆるゆる努力しよう

努力というのは、種みたいなものかなと、私はおもいます。

種をまかない限り、芽が出ることはありません。当然、芽が育ち、茎が伸び、花が咲いて実が生ることなど、絶対にありえないわけです。

一方で、種をまいたからといって、必ずその実を収穫できるわけではありません。

  • 育てる人のスキルの問題もあるし
  • 種をまくのに適した土地とそうでない土地というのもあるし
  • 天候や水害などコントロールできない課題もあります

なかなかキビシイ条件ですよね。

フルーツ
でも、収穫の日を迎えられるのは、それでも種をまいた人だけなのです。

 

だから、私は思います。

  • 行きたい場所があって
  • たどり着けそうな手段があるなら
  • キツイときは泣き叫びながらでもいいから
  • 言い訳しないで進んでいきたい

と。

 

30年以上生きてきて、日々なにかしらの努力をしながら暮らしていれば、当然、報われることも報われないこともありました。

フルーツ
それでもまぁ、ゆっくりと、ぼちぼちと、疲れ果ててしまわない程度に。

努力を続けていきたいな、と思う今日この頃です。

  • 明らかに「報われるはずのない努力」は、しない
  • それ以外は、例え報われなくても、努力する

そんな感じで、歩き続けていきます。

 

それではまたっ!

 

※関連記事です

「仕事なんて頑張っても報われない」そう思うとき試してほしい5つのこと

2019.10.19

【凡人の生き方】「自分は凡人かも」と思ったらやるべき7つのこと

2019.12.03

仕事ができない…頭が回らない…ちょっと焦っている人へ

2019.03.04
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。