不動産市場はバブルだ!高値掴みへの警鐘。

フルーツ@鏡開きだ!です。一人暮らしだと、季節のものを飾ったり食べたりする機会が失われがちですよね。私も今年は鏡餅を飾らないまま年を越してしまいました。来年は、きっと…!

 

私の社会人生活は今年で8年目になります。株式投資も3年目です。

給与所得をもらって8年、配当所得をもらって3年。そろそろ新しい種類の所得が気になってまいりました。

次のお目当ては不動産!おうちを買って、誰かに貸して、夢の家賃収入を!今年はそんな年にしたいなぁ、と目論んでおります。

ところが現在の市況では、なかなか手ごろなお値段の物件が見当たりません。得られる家賃収入に対して、物件の価格が高すぎるのです。不動産バブルだ!

フルーツ
欲しいのに買えないよー。うぁあああ(>_<)

今日は、「今の不動産市場はバブルだ」と考える理由についてお話したいと思います。

 

不動産市場はバブルだ!

 

利回りが低い

昨今の市場環境では、不動産投資の利回りは5%以下ということも珍しくありません。しかもこの利回り、「満室時の年間家賃収入÷物件価格」という単純計算で算出した表面利回りです。

不動産投資を行うには、様々なコストを見込んでおく必要があります。仲介手数料、登録免許税、印紙税、消費税、不動産取得税、固定資産税等です。

また、空室期間は当然家賃収入が途絶えますし、賃貸付けのために広告費がかかるかもしれません。区分マンションなら管理費や修繕積立金を徴収されますし、実際の修繕の際にプラスαのコストがかかることも考えられます。

表面利回りで5%しかないとすると、これらの費用を加味した利回りは一体いくらになってしまうのでしょう?ローンでの購入なら、利回りはさらに下がります。

フルーツ
家賃収入に対して高すぎる物件価格。…これってバブルそのものなんじゃ!?

 

過去の相場と見比べて

明らかな値上がりを感じます。

2年ほど前に購入を検討した、築数年の区分マンションがあります。当時の価格は2,500万円程度。ターミナル駅から徒歩数分でかなり気に入った物件だったのですが、「想定家賃に比して高すぎる」という判断で購入を見送りました。

先日、同じ建物・同じ間取りのお部屋が売りに出されていました。価格はなんと2,800万円12%アップです!

建物は耐久消費税ですから、基本的に時間がたつほど価値が減っていきますね。それなのに、2年経過してお値段が300万円上昇。

フルーツ
これをバブルといわずしてなんという!

 

大金持ちも言っている

あちこちで聞きますよね。「今はバブルだ」って。

先日、とある場所で、大金持ちの話を聞く機会がありました。日本の高額納税者ランキングに何度もランクインした一族の方です。

その方、はっきりきっぱり断言していました。「不動産市場はバブルだ」って。

フルーツ
大金持ちの情報網で考えてもバブルなんだっ!

 

銀行がお金を貸す気満々!

「利率が低いのでローンがおトクですよ!」という謳い文句をあちことで耳にします。

これに乗せられて、「家を買うんだ!」と息巻いている友人が何名もいます。みなさん、ローンの利率の変動は気になるのに、不動産そのものの値段の変動はあんまり気にならないようです。

乗せられる人がいるのは、もちろん乗せる人がいるから。銀行さんはお金を貸したくって仕方がないようです。派遣社員にもどんどん住宅ローン貸してるとか、年収400万でも4,000万のローン(35年間ローンで年間返済額が年間170万円程度)が組めるとか、首をひねるような話が聞こえてきます。

フルーツ
ネコも杓子も家を欲しがる。銀行さんは、ネコにも杓子にもお金を貸したがる。これぞ不動産バブル!

 

まとめ

不動産市場はバブルであると思われます。不動産の取得は延期。今はじっと我慢のときです。

休むも相場と申します。気長に時を待ちたいと思っています。

フルーツ
高値掴みはまっぴらだいっ!

 

ではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。