サラリーマンの副業「月5万円稼ぐ!」の落とし穴

スポンサーリンク

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

サイト運営収益がそれなりの規模に育って、感じていることがあります。それは

稼ぐ金額の多寡(多い少ない)と、労力は必ずしも比例しない

ということです。

 

労働と報酬が比例するというのはサラリーマンの発想

  • やればやっただけ報酬がもらえるべき
  • 難しいことをやれば高額報酬であるべき

このあたりの発想は、勤め人の発想です。ということに、ようやく気がつき始めましたw

不確定な未来に対して、先んじてお金や労力を投入するということが、そもそも発想にないんですよね。保守的な人は、リターンの見えているものにしか取り組みません。

  1. 将来受け取れるものが見えていて
  2. それに見合う範囲で、自分も何かを差し出す

こういう順番ですね。

 

副業時代、取り組み方に注意しよう

だから、サラリーマンが副業をしようと思うと、こうなりがちです。

  • たくさん稼ぐのは労力がかかる
  • ちょっと稼ぐだけなら労力はかからない

→結論:本業も大変だし、隙間時間で月3万円、月5万円だけ稼ごう!

こうなってしまうと、結果的には会社で残業してた方がマシだったりします。隙間時間で確実に少額を稼げる副業というのは、ただの時間の切り売りだからです。専門性もなければ競争力もないので、効率としては良くないことが多いです。

 

サラリーマンという手堅い商売をしているのなら、副業ではもう少し普段とは違った発想で取り組まないと、シナジーがないということです。

「違った発想での取り組み」のキーワードは

  1. 仕組化
  2. 拡張性

です。

仕組化は、不動産経営とかが良い例ですね。不動産運営の仕組みそのものを保有して、自分は要所要所でのみ関係します。

かけた労力以上の成果を得られるのは、資産や人的ネットワークを使ったレバレッジをかけているからです。

知り合いの不動産投資家さんとか、めっちゃ暇そうですからね。週数時間の労働で、私なんかよりはるかに多くのお金を稼いでいます。労力と報酬が比例していない良い例です。

 

拡張性も重要なキーワードです。(商業的に)成功しているブロガー、アフィリエイターさんは、たった1つの記事で月に何十万円も稼いでいます。

それは、彼らが書いた記事が、大勢の人(もしくは、同じニーズを持った少数の濃いユーザー)に届いているからです。

彼らが数時間かけて書いた記事は、そのコンテンツのクオリティの高さから、Twitterやフェイスブックなどで瞬く間に広がっていきます。1人に向けて書いたつもりの記事が、100人、1000人に読まれることもあります。

結果的にGoogleに評価され、高順位というご褒美が与えられます。そのことによって、さらに多くの人に読まれるようになるわけです。youtuberとかも同じ原理ですね。

 

稼ぐ仕組みを持っている人は「ビジネスオーナー」、拡張性のあるコンテンツを作っている人は「クリエイター」と呼ばれたりしますが、サラリーマンが副業するならこっちのジャンルの方が良いんじゃないかなと。

こっちの世界では、「労力と報酬」は必ずしも比例していません。うまくいかなければ全くお金が手に入りませんが、うまくいけば青天井です。なかなか勇気のいる世界ですね。

 

まとめ:仕組化と拡張性を意識した副業を!

サラリーマンのような

  • 手堅い商売だけど
  • 拘束時間が長い

こういう商売と相性がいいのは、「仕組化」ができたり、「拡張性」のあるお仕事です。仕組を作るまでの時間、コンテンツが認識されるまでの時間を、どっしりと構えてやり過ごせるからです。

 

労力を少なく、できるだけ低リスクに確実に稼ごうと思うと、時給商売から一生抜けられません。そしてそれは、サラリーマン一本足打法のリスクヘッジになっていないというケースが多いでしょう。ここは認識しておくべきです。

1年2年とまったく芽が出ないということもありえると思いますが、ここは1つ!勇気を出してリターンが約束されていない不確実な未来にチャレンジしてみましょう!

個人的には、サイト運営はおすすめです(n*´ω`*n)
※文章の読み書きが好きなら

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。