HDVの「ダウの犬」感が気になるので、個別銘柄に投資して調整する

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

現在、配当金目当てで、日本株と米国株におおよそ半々の割合で投資をしています。米国株はHDVが主戦力になっています。

 

HDVとは

正式名称を「iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF」と言います。

米国株投資家界隈では有名なETFだと(勝手に)思っていますが、そんなの初めて聞いたよという方は是非名前だけでも憶えて帰ってください。HDVです。HDV!HDV!

さて、HDVは米国の財務優良高配当株だけを集めたETFであり、その構成銘柄はさながら高配当株界のオールスターです。構成銘柄の上位10社はこんな感じ。

抱きしめてあげたいほどの優良企業が並んでおります。昨今の経済事情で若干アレな感じの銘柄もありますが、それでもそんじょそこらの企業に負けるようなビジネスモデルの会社ではありません。

さて、こびと株.comメンバーは基本的に超アホールドを投資戦略としていますが、このHDVはちょっと違います。いわゆる「ダウの犬」のような戦略を採用しているのですね。

 

ダウの犬とは

こんな感じの戦略です。

  1. NYダウ採用銘柄(30銘柄)を配当利回りの高い順に並べ、上位10銘柄を選定。その10銘柄に投資する。
  2. 1年後に、再度NYダウ採用銘柄を配当利回りの高い順に並べる。1年前に投資した銘柄で、上位10社から外れた銘柄を売却し、新たに上位10社に入った銘柄を買う
  3. ①~②を続ける

要は、配当利回りが高い銘柄を買って配当利回りが低くなったら売るというだけです。配当金の水準が一定・もしくは上昇トレンドなら、配当利回りが下がるというのはすなわち「株価が上がっている」ということを意味します。

割安で仕入れて、高値で売っていると言い換えても良いですね。

ダウの犬戦略は、このような単純な戦略ですが、超優良指標であるNYダウを上回る成績を出せる(ことが多い)と言われています。

 

HDVは、配当利回りが低くなった銘柄を売却してしまいます。いくら優良銘柄だろうが、超長期保有はしないのです(利回りが高くなればまた買いますが)。

最近では、次の2社が配当利回りが低くなったことを理由にメンバーから外れています。

  • 2017年12月 ウォルマート
  • 2017年9月    ジョンソン&ジョンソン

 

ジョンソーンッ!!まさかJ&Jを外すなんて….

ずっと保有しててよ…

 

HDVのダウの犬戦略を補正すべく、個別銘柄に投資する

とにかく、私としては優良企業の株は売って欲しくないのですよ。できることなら、10年とか20年とか30年とかずっと持ってて欲しい。でも、規律正しく運用されているこのETFは、一定のルールに基づいて売買を繰り返してしまうのです。

それならば、私ができることはただ1つ!

個別銘柄に投資して、自分で永久保有することです。HDV採用銘柄は本当に優良企業が多いですから、その中で自分がもう少し比重を上げたいと思う銘柄には個別投資して、ずーっと保有すれば良いということですね。

個別銘柄への投資は、こんな感じで「ETFでできないこと」を調整するためにやるものだと思っています(日本株は良いETFが見当たらないから自分で個別銘柄選定してこびとポートフォリオを組んでるんですよね。)

  • HDV→米国株投資の主戦力
  • 個別銘柄→HDVの調整

ド素人がHDVの調整なんかすんなボケという話もあると思いますが、まぁそれはそれということで。

調整するとはいえ、1銘柄あたりの配当金が年間配当総額の3%を超えないように気をつけるので、インカムゲインが暴れるリスクは低めでしょう。

 

まとめ:株を眺めながらニヤニヤしよう

というわけで、今日もHDVの構成銘柄(約80銘柄)を眺めながら、どの個別株の比率を上げようかニヤニヤと悩むシーさんなのでした。企業の財務諸表読むのは楽しいですねぇ~

自分が利益率数十%のビジネスのオーナーだと思うと嬉しくなります。配当金、待ってます!

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    シーウィード

    こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。