会社選びのポイント7つ!【失敗したくない就活生向け】

就活生
会社選びに失敗したくない。何に気を付ければいいかな?

こんな就活生のための記事です。

 

  • 失敗しないためのポイント
  • 具体的な対策

をご紹介します。

フルーツ
会社選びに失敗すると、リカバリーは結構たいへん。今のうちにしっかり対策して、安心の就職先をGETしましょう!

 

会社選びのポイント7つ

 

ポイント①やりたい仕事はできるか?

まず大切なのは、自分のやりたい仕事ができる会社を選ぶこと。具体的には

  1. 業種
  2. 職種
  3. 雇用形態

などを、しっかりチェックして就職活動をする必要があります。

 

まずは①業種。その会社が、自分のやりたい仕事と結びつく業種なのかどうかをチェックしましょう。

  • 花を売りたいのに果物屋さんに就職したり
  • ゲームアプリで世界を変えたいのに銀行に入ったり

といった基本的なミスを避けましょう、ということですね。

業種は、やりたいことが明確な人ほど、ゆずれないポイントになると思います。

 

次に②職種。

  • 営業がいい
  • 研究開発がやりたい
  • 人事のプロになりたい

といった、会社の中で担当したい役割のことです。

会社選びのときに気を付けるのは、「職種の希望がどれくらい通るのか」ということ。

  • 配属部門をしぼった「専門職採用」なのか、配属先は会社に任せる「総合職採用」なのか?
  • 異動はどのくらいの頻度であるのか?
  • 異動希望は聞いてもらえるのか?

など、会社によって状況は様々です。

 

最後に重要なのが、③雇用形態です。

  • 正社員
  • 契約社員
  • 派遣社員
  • 総合職
  • 一般職

など、会社によってさまざまな区分があります。

自分がやりたい仕事をやっているのは、どの雇用形態の人なのか、事前に確認しておきましょう。

希望する雇用形態で、やりたい仕事をさせてもらえる会社を選ぶ必要があります。

「あこがれのA社で働けるなら、契約社員でもいい!」と思って就職した。でも、自分のイメージしていたA社の仕事は、正社員でないとやらせてもらえなかった。…なんてことにならないように注意しましょう。

 

フルーツ
「やりたい仕事なんて、よくわかんないよ…」という人は、以下の記事を参考にしてみてください。

【やりたいこと】やりたい仕事なんてない!就活や転職で悩むあなたへ

2018.03.30

 

ポイント②外資or内資?

就活生
外資と言ったら英語だよね。

外資系の企業では、高い英語力を求められることが多くあります。親会社への報告や上長とのコミュニケーションにおいて、英語を使用する機会が多いからです。

現時点での語学力や、英語に対する好き嫌いも、会社を選ぶときのポイントのひとつになるでしょう。

 

しかし、外資と内資の違いはこれだけではありません。外資系企業と内資系企業では、企業文化が大きく違うことが多いのです。

最も典型的な違いは、仕事や給料に対するとらえ方でしょう。

  • 外資はジョブ型
  • 内資はメンバーシップ型

というのが、一般的です。

ジョブ型の企業では、業務内容によって給料が決まります。同じ業務を担当するなら、どんな人(年齢・性別等)がやっても同じ給料になります。いわゆる、同一労働同一賃金ということですね。

一方メンバーシップ型の企業では、その組織の一員であることそのものに対して給料が払われます。どんな仕事をしたか、どんな成果を残したかは、あまり関係がありません。いわゆる年功序列は、こちらの発想です。

フルーツ
英語力だけで外資or内資を選ぶのは、失敗のもとです!

 

※ジョブ型とメンバーシップ型の詳細は、以下の記事をご覧ください。

頑張っても給料は上がらない【もっと早く知りたかった】

2018.01.23

 

ポイント③経営者はどんな人か?

気になる会社の社長の言葉を、探してみましょう。

雑誌や新聞、Webメディアやブログ、ツイッターなど様々な場所での発言から、考え方が見えてくるはずです。

フルーツ
共感できる点がありそうか、チェックしてみてくださいね。

 

また、

  1. 創業者本人なのか
  2. 創業者の子孫なのか
  3. サラリーマン社長なのか

といった点も、企業文化を知るヒントになります。

それぞれ、

  1. 社長=創業者 : 社長の事業への愛着が強い・ワンマン経営になりがち
  2. 家族経営 : 社長の会社への愛着が強い・トップダウン型の管理方式
  3. サラリーマン社長 : 社内政治が複雑・短期的な施策が多い

といった可能性があるのです。

フルーツ
リーダーの考え方ひとつで、組織の様子は大きく変わります。共感できる社長のもとで働けると、ハッピーかもしれませんね。

 

ポイント④会社の規模はどれくらいか?

自分にあった会社を選ぶには、会社の規模にも注意する必要があります。

大手企業と中小企業では、待遇も企業文化も違うことがほとんどです。ベンチャーと呼ばれる創業間もない企業も、また特徴的です。

 

一般に、待遇の面では企業規模が大きいほど有利といえるでしょう。

初任給そのものには大きな差がなくても、

  • 退職金
  • 家賃補助
  • 各種休暇・手当

などの福利厚生や、数年・数十年後の給料の上がり方など、見えない部分で差がつきます。

 

一方で、会社規模が小さいほど大きくなる傾向にあるのが、裁量(≒ひとりひとりが自分で判断・決定できる範囲)です。

  • ベンチャー企業なら、入社数年で会社を動かす意思決定に関われる
  • 大企業だと、日常の意思決定でも「上長へのおうかがい」が必要になる

といった違いがあります。

フルーツ
「スタンプラリー」というあだ名がつく、大企業の意思決定システム。文房具ひとつ買うのに10も20もハンコもらって歩くとか…ぅーん‥。

 

ポイント⑤つぶれそうではないか?

せっかく会社を選ぶのだから、つぶれそうな会社は避けておきたいですよね。

就活生
うんうん。内定中とか入社直後とかに会社が無くなっちゃったら、結構困る!

外部からでも、倒産のリスクをチェックする方法はあります。(※後ほど紹介します)

フルーツ
自分の目でしっかり確認しておきましょう。

 

ポイント⑥平均勤続年数はどれくらいか?

平均勤続年数も、チェックしておきたいポイントです。

働きやすい会社では長く、働きにくい会社では短くなるのが一般的です。

就活生
確かに。みんながすぐ辞めちゃうような会社は、ちょっとこわいかも。
フルーツ
創業間もない会社は、働きやすさに関わらず、短くなってしまいます。その点だけ、注意してみてくださいね。

 

ポイント⑦その会社の従業員はどんな雰囲気か?

就活が始まれば、すでにその会社に就職している社員さんを見かける機会があるでしょう。会社説明会や面接といった場面です。

そんなときは、緊張を追いやって、

  • 楽しそうか?退屈そうか?
  • 堅い雰囲気か?やわらかい雰囲気か?
  • 有能そうか?情けない感じか?

といった様子を観察してみてください。

 

  • なんかステキな人たちだな
  • この人たちと一緒に何かやってみたい
  • 自分もこんな風になりたいな

と思える会社を見つけましょう。

フルーツ
ついでにSNSを使って、その会社の社員を探してみる手もあります。

 

会社選びで失敗しないための対策

就活生
会社選びのポイントは、なんとなくわかった。次は、具体的なやり方・対策を教えて!

ポイントを抑えて会社を選ぶために、大切なのは情報収集です。

  1. 知識をつける
  2. 公開されている情報を調べる
  3. 就活サービスを使う

の3ステップで取り組みましょう!

フルーツ
①や②が難しいときは、最初から③就活サービスに頼ってしまうのもアリですよ。信頼性が不安であれば、いくつかのサービスを比較するのがおすすめです!

 

対策①スキルをつける

スキルをつけるのは、情報収集の一歩手前、準備の段階です。

例えば「ポイント⑤つぶれそうではないか?」といったことをチェックするには、ちょっとしたスキルが必要。財務諸表分析のスキルですね。言葉はかたいけれど、そんなに難しいことではありません。

おすすめなのは、ビジネス会計検定の勉強をすること。会計を使った分析の基礎が身につきます。

  • 会社の状態がざっとわかるようになる
    もちろん、つぶれそうかどうかもわかる!
  • 履歴書の資格欄がうまる
    2級までとれば、アピール次第で就活が有利に!
  • 働き始めたあとも役に立つ
    会計の基礎知識があると、強いですよ!

となかなか便利な資格なんです。3級なら1~2ヶ月の勉強で取得できますし、就活までに時間的余裕がある大学生には、かなりおすすめです。

ビジネス会計検定3級のまとめ。内容、難易度(合格率)、勉強法や勉強時間など。

2019.01.06
フルーツ
自分が選ぼうとしている会社が、どんな状態にあるのか…自分の目で確かめられるスキルは、あなたの会社選びを一味も二味も変えてくれることでしょう

 

対策②公開されている情報をみる

スキルがついたら、早速情報をチェックしてみましょう。大丈夫、今はネット上で公開されている公式情報だけでも、かなりのことがわかります。

  • 企業の「ホームページ」
  • 会計情報等がのっている「有価証券報告書」
  • インターネット版「官報」

などをみてみてください。

 

例えば有価証券報告書には

  • 従業員の状況:平均勤続年数はどれくらいか?
  • 大株主の状況:出資者は誰か?(内資or外資)
  • 役員の状況 :経営者はどんな人か?
  • 経理の状況 :会社の規模はどれくらいか?つぶれそうではないか?

といった情報が盛りだくさんです。

この他にも、

  • 従業員の平均年齢
  • 平均年間給与
  • 事業等のリスク

など、おもしろい項目がたっぷり。

見た目がかたくて読みにくそうな書類ですが、慣れればカンタン&役に立ちます。ぜひぜひ会社選びの参考にしてみてください。

フルーツ
大きい会社は「ホームページ+有価証券報告書」、小さい会社は「ホームページ+官報」で情報を集めましょう!

※官報にのっているのは、基本的に決算期末のBSだけで、情報は少なめです。とはいえ、小さい会社は有価証券報告書の作成していないので、とりあえず官報をチェックするしかありません。有価証券報告書を探すときは「EDINET」、官報を探すときは「インターネット版官報」で検索してみてくださいね。

 

対策③就活サービスを使う

①スキルをつけて、②公開されている情報をチェックして、自分で情報収集するのが第一です。

とはいえ、「その会社で本当にやりたい仕事ができるか?」「実際、働いているときの従業員の雰囲気はどうか?」といった情報は、自分では手に入れにくいもの。

  • 公開情報だけだと、わからないことがある!
  • っていうか自分で調べるの、めんどくさい
  • そもそも忙しくて、スキルをつける時間がない
  • 就活が目前で、自分でチェックするゆとりがない

というときにおすすめなのが、③就活サービスの利用です。

フルーツ
無料で便利なサービスがたくさんあって、今の就活生がうらやましいです~

 

おすすめのサービスは、以下の記事にまとめてあります。

【就活サイト比較】おすすめサイト7つの「違い&特徴」を徹底解説!

2018.04.18

中でも会社選びにおすすめなのは、

の2つです。

 

まずは就活ノート。就活生がメインになってつくっている「リアルな」情報サイトです。

他の就活生の業界研究・企業研究レポートが読めちゃうので、効率的に情報収集したいあなたにぴったり!

就活生が本当に欲しい情報を、無料で入手できるサイトなので、登録しない理由がありません。

詳細は以下の記事をご覧ください。

【就活ノート評判】就活がこわい人必見!リアルな就活情報の獲得が重要

2018.03.02

 

もうひとつは、キャリアチケット。あなた専属のアドバイザーが、本当の企業情報を提供してくれます。

ネットやウワサ話ではわからない、真実の企業情報提供…。各社の人事と強いパイプをもつキャリアチケットならではのサービスですね。

入社してから後悔しないためには、プロのアドバイザーの力を借りておくのが一番。会社選びに失敗したくないあなたは、登録必須のサイトです。

詳細は以下の記事をご覧ください。

【キャリアチケット】評判・口コミ・メリットデメリット…実態を徹底解説!

2018.04.16

 

フルーツ
良いサービスを、上手に使う。これが今の会社選びの、必勝法かもしれませんね。

 

それでも会社選びに失敗しちゃったら?

会社選びに失敗すると、身体や心の不調につながり、かなり大変な思いをする可能性があります

就活生
そんなの怖すぎ!

でも大丈夫。入社してしまってからでも、取り返しはつきます。

大切なのは、「会社選びを失敗した!?」と気づいたら、すぐに手をうつこと。詳細は、以下の記事をご覧ください。

会社選びに失敗した!→リカバリーするなら「今」です。

2019.02.19
フルーツ
会社選びに失敗しても逆転は可能です。でも少々めんどくさい思いはするでしょう。どうせなら、最初から失敗しない会社選びを!

 

まとめ:失敗したくない就活生は、しっかり情報収集を!

失敗すると、なかなか大変な思いをする会社選び。うまくやろうと思うと、気を付けるべきポイントがたくさんあります。

大切なのは、しっかりとした情報収集

  1. まずはスキルをつけて
  2. 公開情報をチェックして
  3. わからないところは就活サービスを利用する

の3ステップが王道です。

 

フルーツ
ステップを踏んでいる時間がないときや、効率よく進めたいときは、初めから就活サービスに頼ってしまう裏ワザもありますw

他の就活生の会社研究レポートが読める就活ノートと、就活のプロから会社の実情を教えてもらえるキャリアチケット…この2つが、会社選びの情報収集には最適です。

フルーツ
ぜひ、上手に活用して、失敗のない会社選びを!

 

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。