経理とブログ運営の共通点!どちらも好きだけどやっぱり経理が好き。最も適性のある副業を探していきたい

スポンサーリンク

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

ブログの月間収益が5万円を超えて、「趣味の延長」としてはなかなか魅力的な金額になってきました。

ブログ収益が月額5万円に到達!ブログ運営のド素人が考えたこと・やってきたこと

2017.10.03

もちろんブログ運営(記事を書くこと)は楽しいのです。しかし、同時に、「自分がいかに経理の仕事に向いているか」を再認識させられています。

 

「就社」ではなく「就職」を意識した学生時代

学生時代から、経理に就こうと思って就職活動していました。

とにかく有名な会社(学生でいう、就職偏差値の高い会社)に入りたい!という思いはあまりなかったです。なぜなら、そういうところは総合職として採用した後、異動・転勤を好き放題やられると思ったからです。

3~5年毎にローテーションさせられてしまうと、定期的に「新人扱い」になります。これが耐えられなかったのです。積み上げ型・コツコツ型の努力が好きなので、それを度々リセットされてしまうのは性に合いません。

徹底的なスペシャリスト志向です。

だから、就社ではなく就職したいと思っていたのです。結局、学生時代に自分の性格に素直に、真剣に向き合ったおかげで、10年間なんとか大きなトラブルなくサラリーマンを続けてくることができました。

 

経理とブログ運営の共通点

サラリーマン稼業のみならず、ブログもなんだかんだ順調です。楽しくストレスなく運営出来ています。なんでかなー?とざっくり考えてみたところ、結局「経理」と似通ってる点があるんですよね。

大きなところで3つご紹介します。

 

①自分のペースで一人でできる

休日の朝「今日は3,000文字の記事を2本書こう!」と決めます。1日のうち、どのような時間配分で記事を書くかは自分の自由です。

  • 午前中に2本書ききってしまっても良い
  • 午前1本・午後1本と分けて書いても良い
  • 午前中はグダグダして、午後に2本書いても良い

実は、経理の仕事も概ねこんな感じです。自分に割り当てられた業務を終わらせられるなら、どんなペースでやっても問題ありません。もっとも、職場ではその日の業務が終わったからと言って勤務時間中に休むことはできないですけどね。

記事の作成も、経理業務も、チームでやるというよりは個人でやるタスクです。これは私にとっては非常にやりやすい環境です。

 

②専門性が発揮することで対価が得られる

一部の記事では、それなりに調査にも構成にも時間をかけて書いています。

  1. ネタを探して
  2. 実体験や調査した情報をまとめて
  3. 分かりやすい形で資料としてまとめる

この一連の作業は、単純に楽しいです。なんでと言われるとよく分かりません。万人にできることではないという満足感があるのだと思います。

ニッチなテーマに関する知識は、言い換えれば「その分野における専門性」とも言えます。専門性を発揮して対価を得る(金銭に限らず、タメになった!という反応でもOK)というのはとても高い満足感が得られる行為です。

 

③吸収できる知識に限界がない

雑記ブログなので、ネタに限界がありません。興味のあることを調べていると、いくらでも掘り下げていくことができます。

経理/財務の世界では、会計基準や税法が毎年改正され続けています。この改正には終わりがありません。本当に、必ず、毎年何かが改正されています。これを追いかけて知識をアップデートしていくのも楽しいです。なんというか、最先端にいる感覚に満足感があるのです。

ブログにせよ経理にせよ、終わりがなくどこまでも成長できる余地があるというのは解放感があっていいですね。いつまでこんな同じことを続けるんだ…という思いをさせられるような分野だと、閉塞感がありますからね。

 

これだけ重要な共通点があるのに、やっぱり経理の方が向いている

これだけ共通点があるのに、やっぱりブログは「趣味だなぁ」という感じがします。理由は1つです。

会計/税務の仕事なら何時間でも続けていられる

よく考えてみると、いくら残業しなくても1日最低8時間は働ているわけです。それも、結構集中した状態でです。その気になれば、10時間でも12時間でもOKです。さすがに帰宅後にはなんかしようという気にはなれませんが。

ブログに関して言えば、「1日でどれぐらい書けるんだろう?」と思って、休日に20,000文字ぐらい書いた日がありましたが、この日は頭がパンクしそうでした。もうしばらく記事書きたくない!と思うぐらい疲弊した記憶があります。

結局、集中して楽しく記事を書けるのは今のところ2時間ぐらいが限界です。本業の経理とは大きな違いがありますね。

なんで経理の仕事はずーっと続けていられるかというと、詰まるところ

  • 簿記が好き(人類が作り出した最高の芸術品の1つとすら思ってますw)
  • 金のハナシが好き(企業にせよ個人にせよ、お金の計算は楽しい)

ここに行きつきます。

もう一度学生時代に戻っても経理職の募集を探したでしょうし、今転職しようと思っても経理/財務以外の仕事をやってみたいと思うことはありません。

 

好きな仕事に就く・好きなことをまとめやるのは優れた「戦略」

最近、橘玲氏が書いた「幸福の資本論」という本を読みました。この本では、幸福のインフラとして3つの資本について言及されています。

  1. 金融資本(金融資産)
  2. 人的資本(労働力)
  3. 社会的資本(共同体との絆)

3つ揃っていれば超充(超リア充)だよねという話なのですが、このうち、人的資本については「好きな仕事をやる」のが最適解だと明記されています。これは精神論や根性論ではなく、テクノロジーが急速に発達する世の中での賢い戦略です。

 

経理の仕事なら、生涯現役で遊べるなぁと思っています。本当に自分の適性に合う仕事が見つかっていれば、実はそんなに将来に対して不安を感じる必要はないんじゃないかと思いました。

まぁ、経理はAIに代替される職業の筆頭だとよく煽られるんですけどねw

好きな仕事を続けるためのさらなる「付加価値」については、考えていく必要はありそうです。

 

まとめ

仕事でも副業でも、やっぱり好きなことをやってナンボだと思います。

  • 経理に関しては、間違いなく適性あり!
  • ブログ運営に関しては、向いてないとは言わないけど寝食を忘れて打ち込めるというレベルでもない

こんなことを感じています。

本業については、幸運にも適性のある職種に出会うことができました。副業についても「本当に自分に合った副業」を探す努力が必要です。

  • アレが儲かるらしい
  • コレが儲かるらしい

こういう情報に振り回されず、自分が好きなことに取り組みたいですね。でも、本当に好きなことというのは簡単には見つかりません。食わず嫌いもありますから、とにかくやってみることが大切です。

ブログ運営とサイト運営は似て非なるものだと認識しています。上記のようなことを考えながら、今度はサイト運営にチャレンジしてみようと思ったわけです。

ミニサイト作成にチャレンジ!メリット・デメリットを理解したうえで作り方を学ぶ

2017.10.15

 

ゴールは4つの財布の構築です。

そこに至るまでに紆余曲折があると思いますが、こうやって、悩んだこと・考えたことをアウトプットしながら少しずつゴールに近づいていきたいと思います。

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comのボス(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。