40代の経理マン(平社員)がマネージャーとして転職成功した話

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

弊部の40代社員に、「うだつの上がらない」経理マンがいました。そんな彼が、かねてより希望していた「マネージャーポジション」での転職に成功したそうです。

 

40代経理マンのスペック

O.Iさん
自信があるのは語学力ぐらいでしょうか。海外駐在経験があるので…
  • 中堅私大卒
  • 転職経験3回(メーカー → メーカー → メーカー(現職))
  • 簿記なし
  • マネジメント経験なし
  • TOEIC900点オーバー

社会人になってから、ひたすらに経理畑を歩んできた筋金入りの経理マンです。

内向的で、コミュニケーション能力は高い方ではありません。そのため、弊部のなかでは目立たない存在でした。物腰がやわらかく、年下の部員たちからの評判は悪くはなかったです。

一方で、部長・マネージャー達からは「ガッツがない」とみなされていたようで、同年代のなかでは一番職位が低いという状況でした。

人事面談のたびに「マネージャーになりたい」と言っていたそうですが、控えめに言っても社内での昇進・昇格の可能性はほぼゼロ

いくら頑張っても評価されない状況に見切りをつけて、転職を決意したそうです。

O.Iさん
もう少し評価されても良いかな…と。この年齢からの転職活動は勇気がいりましたが、結論としては余計な心配でしたね。

 

転職活動開始3ヵ月で勝負を決めた

なんと、転職活動開始たったの3ヵ月で勝負を決めてしまったようです。

ポジションはマネージャー職で、5人の部下がいるそうです。詳しい年収は教えてくれませんでしたが、若干アップしたと言っていたので900万円~1000万円くらいかなと予想しています。

勝因を聞いてみました。

O.Iさん
いや、正直なところ、よくわからないんです(笑)景気が良いってことなんでしょうね

元々おとなしい方なので、ドヤ顔マウンティングはしてこないとは思っていたのですが、それにしてもひかえめな回答。

なんとか詳細を聞き出そうとしたのですが、本当に成功要因が分からないそうでw

聞き出した情報を整理して無理やりまとめてみると、こんな感じです。

評価された項目
  1. 経歴(過去在籍していた企業がメジャー企業だった)
  2. 高い語学力
  3. マネージャーになりたいという熱意

昨日公開した記事の通り、最近は管理職を目指す人が少なくなってるんですよね。割に合わない、という判断をしている人が増えてきた印象です。

経理の管理職・マネージャーの仕事がつまらないたくさんの理由

2018.09.16

こういう状況で、リスクをとって転職してでも「マネジメントしたい」という強い意思表示を続けたことが、先方に響いたようです。

O.Iさん
私ぐらいの年齢だと、すでにマネジメント経験がある人も多いですから…そんななかで採用してもらえたのは、やっぱり…景気が良いのに人手不足ってことなんでしょう

どこまでも謙虚なOさんなのでした。

 

現在の経理転職市場は「売り手市場」

相変わらず、経理の転職市場は熱いです。ここ数年では一番やりやすい状況なんじゃないでしょうか。

チャンス到来!!会計職(経理/財務)の転職市場が熱い!

2018.04.12
  • キャリアチェンジしたい
  • 年収アップしたい

どういう意図にせよ、経理に携わりたい人・携わっている人にとっては追い風が吹いている状況です。Twitterを通じて転職相談を10件近く受けましたが、実際に経理への転職を成功させた人が何人もいます。ここ数カ月での出来事です。

いずれも、次のエージェント経由です。

  1. ジャスネットキャリア経理専門の転職サイト。経理案件の豊富さはダントツで、圧倒的おすすめNo1
  2. MS-Japan管理部門特化の転職サイト。2番目にオススメ。

※ジャスネットキャリアは、少なくとも3年以上経理での実務経験がある人向けです。他の職種からの転職の場合、MS-JAPANも併せて利用すると選択の幅が広がります。

 

私は経理が大好きです。こういう人は、向いていると思います。

  1. 理不尽な上下関係に悩まされたくない
  2. 人にモノを説明すること・議論で白黒つけるのが好き
  3. パズル・数字遊びが好き
  4. 会社の全体を把握して、事業推進のサポートがしたい
  5. レベル上げが大好き!専門性を鍛えて腕一本で生きていきたい

まぁ、単純に経理が「ラクだから」という理由もあるんですけどねw

【本音】経理は楽な仕事なのか?|回答→暇だし楽すぎです

2018.08.14
経理が楽な10の理由
  1. ノルマがない
  2. 休みをとりやすい
  3. モンスターを相手にしなくていい
  4. 自分は常にお客様
  5. ルーティンが多い
  6. 会計システムが進化している
  7. ソロプレイが多い
  8. 上司より法律や規程の方が強い
  9. 時々外出で遊べる
  10. 重要性の原則がある

転職市場的には「またとないチャンス」なので、今の職場・職種に悩んでいる人は、ぜひご検討ください。

 

まとめ:40代マネジメント経験なしでも、マネージャーになれてしまう好景気

ぶっちゃけ、こびと株.comメンバーとしては

Oさんが転職活動をしていたのは知っていましたが、年齢も年齢だし、転職先はないと思っていました

それでも、こんなに簡単に好条件の転職が決まってしまったので、あぁやっぱり市場がいいんだなと再認識しましたw失礼な話かもしれませんが、本音です。

若い人(20代、30代)なら、なおさらチャンスがあると思うので、この機会をお見逃しなく~。

特に、日系経理マンは「転職しないと年収が上がらない」という状況なので、そのへんはしっかり認識しておきましょう。

経理の年収にまつわる3つの「残酷な真実」と年収アップ戦略

2018.06.20

 

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。