【ブログ】出来るだけ給与口座に触らないで暮らす

スポンサーリンク

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

ここ最近、ブログ収益が月6万円~9万円ぐらいになっています。たった1年でここまで増えると思っていなかったので嬉しい誤算ですね!

一方、配当金は年間で20数万円なので、月額にすると月2万円程度です。

つまり、現状、少なく見積もっても給与以外に月8万円の副収入があることになります(ブログ収益は、共同で運営しているメンバーと貢献度具合で分けているのでもう少し少なくなります)。

 

給与口座から引かれるもの

毎月、給与口座から次の金額が引かれていきます。

  1. 住宅ローン 59,000円
  2. 管理費・修繕積立金 25,000円
  3. 生命保険料 6,000円(※見直し前は21,000円)
  4. 水道光熱費・ガス代 20,000円
  5. 通信費 8,000円(携帯2台+WiMAX)
  6. 食費(朝のみ) 平均15,000円
  7. 日用雑貨(猫の餌代等も含む) 平均15,000円

※⑥と⑦はクレジットカードで購入。毎月定額ではなく、月平均額です。

合計で148,000円ですね。

 

この引き落としの額に含まれていないのが「食費(昼・夜)」と「夫婦のこづかい」です。うちは夫婦共働きで、昼と夜は自分のおこづかいからお金を出しています。この分は、クレジットカードではなく現金管理しています。

お小遣いの金額は、2人とも月7万円です

※妻の給与口座には一切手をつけていないため、すべて貯金に回っています

 

ブログ収入+配当金で現金管理分のおこづかい月14万円(夫婦各7万円)を捻出できるようにしておきたい

もし、ブログ収入+配当金で月14万円稼げれば、私の分も含めて給与口座は一切見なくて済みます。毎月給与が振り込まれ、そこから一定額が引き落とされ、こづかい14万円を引き出すことなくそのまま残額が給与口座に残ります。

給与は自分の時間を捧げて手に入れた大事な大事な収入ですから、

  • 生きていくうえで絶対に必要な生活コスト(衣食住+通信)
  • 金が金を生んでくれる「投資」

以外には使いたくないと思っています。つまり、娯楽費はここから出したくないという謎のこだわりがあるということです。遊ぶために働くということをイマイチだと感じてるのかも知れません。労働の目的とはなんぞやという話ですね。

 

さて、給与を投資に回すことで、お金を増やし続けることができます(別に配当を再投資しなくても、株式は勝手に育ってくれる)

1時間働いて得た2000円を投資に回せば、将来10000円にもなります(配当込み)。それは、1時間の労働で5時間分の労働対価を生み出していることと変わりません。

見方を変えれば、自分の時間を増やしているということになります。

 

一方で、配当金は出口のお金です。なーんもしなくても、1秒も時間をかけなくても毎年ポコポコと発生してくれるので自由に使いたいと思っています。まさに不労所得、労働に紐づかない、人生を充実させるための自由なお金です。

ブログ収益はあぶく銭のようなものですし、ブログを書くこと自体が趣味のようなものです。実益を兼ねた趣味ということで、こちらで得たお金はボーナスとして自由に使っていきたいと思っています。書いて楽しい稼いで楽しいで2度おいしいですね。

ネットビジネスは移り変わりが激しいので、この収益が生涯続くものという前提で生活シミュレーションをするのもおかしな話ですから(専業でビジネスとして取り組んでいる人はもちろん別です)、毎月のおこづかいに充ててしまうというのには一定の合理性がある気がします。

宵越しのブログ収益は持たないということですね。使ってしまえ~

 

まとめ

  1. ブログ収益と配当金を増やして、おこづかいに充てる
  2. 給与口座は一切見ないようにする
  3. 時々給与口座の残額をすべて証券口座に移してこびと株を買う

このサイクルで、労働で得たお金を大事にしていきたいと思います。

労働者にとって、お金の無駄使いは時間の無駄使いです。本当に重要性の高いものにしかお金を使わないぞ…!

最近、ミニマリストっていいなと思うようになりました(やりすぎなければですがw)。

 

それではまたっ!

 

記事の保管期限について

カテゴリ「ブログ」の記事は、公開後1ヶ月で削除します

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comのボス(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。