マイホームで多額の住宅ローンを組んだ人の残業は常態化する

スポンサーリンク

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

ランチタイムにおける聞き込み調査の結果、とあることに気が付きました。残業漬けの生活により、私の2倍ほどの月収を貰っている「残業大好きマン」たちの経済状態ですが…

【ブログ】残業大好きマンとの給与格差がヤバい

2018.03.03

4人もの残業大好きマンが(40歳前後)、5,000万円以上の住宅ローンを組んでいることが判明しました~!

ちなみに、借入5,000万円/期間35年/金利1.5%で計算すると、毎月の返済額は15万円です。私の住宅費の倍のコストがかかっていますね。

当社において、40歳前後の社員の平均年収は800万円。月の手取りは33万円ほどです(残業ゼロ想定)。15万円の住宅ローンを負担すると、生活費はカツカツですね。

補足:年収800万円で月の手取り33万円って少なくない!?

  • 額面年収800万円の場合、手取年収は600万円
  • 賞与を年間6ヶ月とすると、600万円÷18ヶ月=33万円となります

ところが!残業代で+10万円稼げば、手取は40万円を超えてきます。

住宅ローンの返済を引いても25万円ちょっと残りますから、家族4人で十分に生活できるでしょう。足が出た分はボーナスで補てんできます。

同僚A
いや、ぶっちゃけローン組みすぎたよ。年収は右肩上がりだし、大丈夫だと思ってるんだけど…ねぇ?

「住宅ローンは年収の5倍まで」みたいな一般論すらオーバーしているローン総額ですが、どのように計算してOKだと判断したのでしょうか?

同僚A
ほら、管理職に昇進できれば年収1,000万円ぐらいはいくじゃない?それまでは残業代で稼いで、残業代がつかなくなる頃には年収アップしてるから大丈夫かなって。

…生活残業宣言やんけ

同僚A
えー、みんなそんなもんでしょ。細かいこと気にしすぎだよぉ。ここはシーさんの会社なわけじゃないし、僕が生活残業してたって困らないでしょ?

 

いやいやいやいやいやいや

 

ここで、ヒトデさんが作成したこの図解をご覧ください。

 

もっかいよく見てください。

残業大好きマンたちが跋扈してると、仕事キッチリやってても定時で帰ると変な目で見られるんですよねぇ。とはいえ

  • 部下の残業時間を管理するのは、管理職の責任であって私の責任ではない(私が口出しする問題ではない)
  • 働き方は人それぞれ
  • つまり、残業するしないは音楽性の違い

もう、時間のムダなのでこのへんは議論する気がありません。

私は何を言われようとどう思われようと、自分が定時で帰れればOKです。残業したい人はすれば良いと思います。

いやぁ~しかしアレですね。

  1. 銀行と住宅メーカーの優れたマーケティングにより
  2. サラリーマンが多額の住宅ローンを組んで
  3. 生活費がカツカツになって、残業が蔓延する

こういう因果はある気がしますね。働き方改革するのなら、働き方を変えても生活がしっかり成り立つようにしなければなりません

  • 自分の人生のキャッシュフローはどうなりそうなのか?
  • どれぐらいの住宅ローンなら負担できるのか?

こういうことを、自分でしっかりシミュレーションできる人が増えると良いんじゃないかなぁと思います。FP2級ぐらいのレベルは、知っておくと誰にでもメリットがあります。

FP3級/FP2級を学習する3つのメリット&独学勉強法

2018.02.19

 

  • 残業しなければ生活が成り立たないギリギリの家計
  • 残業しなければ貯金ができない支出の多い家計

こういった家計にならないように、気をつけたいですね。支出に併せて収入を増やすのではなく、収入の範囲内で支出を抑えること。

もっと言えば収入よりもはるかに低い支出で生活できるような仕組みを作ることが重要です。それが、となりの億万長者になるための最も確実な方法です(もちろん、誰もが億万長者を目指す必要はありません)。

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comのボス(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。