【ねっとで合説】忙しい就活生必見!合同説明会への参加はネットで済ませるべき5つの理由

スポンサーリンク
学生1
そろそろ就活はじめなきゃ。就活の最初のステップといったら合説への参加かな?週末にでも友達とでかけてみようかしら…
学生2
合説行きたいけど遠い…。就活のコストってバカにならない。交通費も出ないしどうしたものか…
学生3
合説って何?行くといいことあるの?…オレ、就活、どうしよう?

こんな人向けの記事です。

この記事を読むと

  • 合説とはどんなイベントなのか
  • 新規サービス「ネットで合説」を就活生が利用すべき理由

などがわかります。

 

合説とは…

合説は、合同企業説明会の略です。合同企業説明会は、リクナビの就活準備ガイドによれば「たくさんの企業が集まって合同で行う説明会」のこと。

  • 主催  :就活情報サイト(リクナビなど)、大学、地方自治体など
  • 参加者数:数十人~数万人までさまざま
  • 内容  :会社説明会、就活ノウハウセミナー、キャリアカウンセラーによる指導など
  • 種類  :全体向け、理系向け、地方在住者向け、女性向け、グローバル志向の人向けなど
キャリアカウンセラー
「就活の最初にまず行くもの」「就活生なら参加は必須」「選考が行われる場合もある」など、就活生を煽るようなウワサがたくさんとびかっています。

 

合説参加のメリット

合同企業説明会に参加することのメリットをみていきます。

 

メリット①1つのイベントでたくさんの企業について知ることができる

「合同」企業説明会というくらいですから、たくさんの企業が参加しています。種類や規模にもよりますが、大手から中小まで数千社が参加する合説もあります。

1つのイベントに参加するだけでたくさんの企業について知ることができるのは、「合同」企業説明会ならではのメリットといえそうです。

学生
1回のイベントで数千社と出会えたらすごいけど…実際にそんなにたくさん見れるかなぁ?ボク、あたま混乱しちゃいそうだよ。
キャリアカウンセラー
「合説に行きさえすればなんとかなる!」と思って出かけてみたけれど、雰囲気に圧倒されて何も得ないまま帰ってくる…そんなことにならないように注意しましょうね。

 

メリット②知らなかった企業を知ることができる

世の中には、学生がなかなか知る機会のない優良企業がたくさん存在します。合同企業説明会は、こういった企業を見つけるきっかけになるかもしれません。

新卒採用をやっている企業がたくさん参加する合説ですから、聞いたことのない企業・興味のなかった業界の企業についても、説明をきいてみるよい機会になると思います。

学生
学生には知名度がないけど実は優良な企業って、いいですよね~。なんかかっこいいのに選考の倍率低そうで、オトクな感じ!…でも合説だと、どうしても知ってる企業ばっかりまわっちゃいそうだなぁ。
キャリアカウンセラー
そんな人にはこのあと紹介する「ネットで合説」や、別記事で紹介している「キミスカ」なんかがおすすめです。今はインターネットが発達しているから、就活もやりやすくなってると思いますよー。

 

メリット③企業の人に直接質問できる

合同企業説明会には、各企業の人事の人がたくさん集まります。彼らに直接質問をすることができるのは、合説のメリットのひとつです。

学生
いくつかの企業にききたいことがあるときは、合説が便利そうですよね~。
キャリアカウンセラー
そうですね。企業側も「学生にアピールするぞ」というつもりで合説に参加しているはずなので、質問はしやすいかもしれません。

 

メリット④就活仲間ができる

規模の大きな合同企業説明会では、数万人の就活生が会場に集合します。これは仲間を見つける大チャンス!

  1. 情報交換
  2. メンタルケア
  3. ペースメイキング
  4. ESなどへのアドバイス

互いにこういったフォローをし合える仲間が見つかると、就活を有利にすすめられるかもしれませんね。

学生
合説の会場で知らない人に話しかけて就活仲間になるなんて、そんなことできるかなぁ…
キャリアカウンセラー
「合説には友達と行く」という就活生も多いですから、人が多い割にはハードルが高いかもしれません。上述の1~4までの機能は、就活アドバイザー等にお願いすることもできます。今は無料のサービス(※)がありますから、試してみるとよいでしょう。

※おすすめは、Meets Company(ミーツカンパニー)のアドバイザーです。専属アドバイザーとしてしっかりサポートしてくれますので、ぜひ利用してみてください。

 

合説参加のデメリット

次は、合同企業説明会参加のデメリットです。何事も、メリットとデメリットの両面を検討して採否を決めるのがよいですよね。

 

デメリット①時間かかる

合同企業説明会に参加するのは、なんだかんだで1日仕事。会場へ行くにも、会場でたくさんの企業を見て回るにも、時間がかかります。

事前に興味のある企業をチェックしたり、事後に説明会の内容をまとめておいたりすることも考えると、合説はかなり時間をとられるイベントになります。

学生
ゼミにバイトに就活に…最近忙しいよ…
キャリアカウンセラー
就活中はとかく時間がないもの。時間を割く価値のあるイベントだけに集中したいですね。

 

デメリット②お金がかかる

合同企業説明会参加に必要なお金は、主として交通費です。合同企業説明会で参加費が必要なことはめったにありませんが、交通費等は学生が負担しなければなりません。

自宅から会場まで数千円以上かかることもありますから、参加の要否はしっかり見極めていきたいですね。

学生
就活がこんなにお金のかかるものだとは思わなかったです…「交通費くらい」って思ってたらあっという間にすごい額になってました…
キャリアカウンセラー
とくに地方に住む学生にとって、交通費はバカにできない問題になってきます。参加するイベントの取捨選択が重要ですね。

 

デメリット③疲れる

合同企業説明会には、各企業の人事部が集まります。学生が彼らを見ているのと同じように、彼らも学生の様子を観察しています。

(いい意味でも悪い意味でも)どこで人事部の目に留まるかわからないと思えば、合説会場にいる間中、それなりに緊張した状態で過ごすことになります。

参加者数万人の人込みの中で、緊張した状態で1日中過ごせば…疲労がたまるのは間違いないでしょう。

学生
ボク、体力に自信ないんですよね…
キャリアカウンセラー
就活中は体調管理も重要です。人が多いイベントでは、風邪や感染症にも注意が必要です。

 

デメリット④得られる情報が微妙

合同企業「説明会」というくらいですから、合説では各企業の「説明」が行われます。しかし肝心のこの「説明」、必ずしも就活生にとって有益なものとはなっていないようです。

  • 表面的(ホームページに書いてある程度の内容、など)
  • 画一的(どの会社も同じようなことを言っている、など)

といった批判が毎年見受けられます。「合同」企業説明会ゆえに「他社動向が気になりすぎる」「企業側が説明時間をコントロールしにくい」などといった背景があるのかもしれません。

学生
それだとつまんなそうかも…
キャリアカウンセラー
そうですね…。せっかく時間を割く以上は、各企業の特徴が見えてくるようなイベントがいいですよね。

 

デメリット⑤不安をあおられる

時々見かけるのが、合同企業説明会から「焦り」と「不安」だけを持ち帰ってしまう学生です。

  • 主催のナビサイト側に「今すぐナビサイトに登録して就活始めないとヤバい」とあおられて慌てる
  • 企業担当者から「応募が早い学生が目に留まりやすい」ときいて焦る
  • 周囲の就活生がすごそうに見えて、なんとなくプレッシャーを感じる

就活中は、メンタルケアがかなり重要です。プレッシャーに弱い学生に、合説は鬼門…なのかもしれません。

学生
そういえば、ナビサイト見てると不安を煽られるときがあるって先輩も言ってました
キャリアカウンセラー
不安のあまり「何かしなきゃ」と思った学生が登録してくれれば、ナビサイト側はハッピーですからね。そんな思惑に振り回されないようにしましょう!

 

合同企業説明会まとめ:忙しい就活生に合説への参加は不必要!

誤解を恐れず一言で言いきってしまえば、「合同企業説明会への参加は不必要」だと思います。

利用は単純。メリットよりデメリットが多いから。

さらに言えば、合説のメリットは他の手段でも得られるメリットばかりです。大した情報が得られないかもしれない合説に時間とお金をかけるより、もっと良い就活方法があるはずです。

キャリアカウンセラー
「もっと良い就活方法」のひとつが、このあと紹介する「ねっとで合説」の利用!合説のデメリットを捨ててメリットだけを頂いちゃいましょう♪

 

 

合説は、リアルよりネットがいい!

メリット<デメリットだから合説参加は不必要!…そうはいっても

  • たくさんの企業について情報が欲しい
  • 知らなかった企業について知るきっかけが欲しい
  • 企業の人に質問する機会が欲しい

そんな風に思う学生は少なくないはずです。

これらの欲求を上手に満たしてくれる、忙しい就活生の強い味方が「ねっとで合説」というサービスです。早速内容を見てみましょう。

 

「ねっとで合説」とは…

「動画で始める新しい就活の形」をキャッチフレーズに、株式会社DYMが提供する就活支援サービスです。

企業ごとに3分程度の採用動画が見られるサービスで、

  • 採用動画で企業の特色がわかる
  • 働いている人や職場の雰囲気もわかる
  • どこでもいつでも24時間就職活動可能
  • 採用意欲の高い最先端の企業が多数掲載中

といった特徴があります。

さらに、「動画閲覧後に「いいね」ボタンを押してエントリーすることで、特別選考に参加できる可能性アリ!」というオマケも付いた、就活生に嬉しいサービスです。

利用のメリット・デメリットをこのあと説明しますが、ごちゃごちゃ悩むより、ささっと会員登録して利用してみる方が早いかもしれません。

  • 60秒で登録可能
  • もちろん無料
  • 登録すれば企業の動画がすべて無料で視聴可能
  • 特別選考オファーが届く可能性のある「いいね」ボタンのクリックには登録が必要

登録することのデメリットは、あまり見当たりません。

 

「ねっとで合説」利用のメリット

「ねっとで合説」なら、

  • 隙間時間で情報収集可能(動画は1つ3分程度!)
  • お金がかからない(かかるのはネット料金のみ)
  • 疲れない(家で寝転がって動画を見てもOK)
  • 企業が特色を伝えるために作り込んだ内容が見ることができる
  • 無駄に不安をあおられることもない

と、合説参加のデメリットは一切なしに就活ができます。

それでいて

  • 短時間で多くの企業について知ることができ
  • 知らなかった企業についてもワンクリックで知ることができ
  • 企業の人に質問も可能

と、合説参加のメリットは概ね得ることができます。

 

学生
でも就活仲間は見つからないよね…
キャリアカウンセラー
その点はその通りですね。個人的には、情報交換やペースメイキングのためには、就活仲間探しよりもアドバイザーサービスの利用がおすすめですけれども。

 

「ねっとで合説」利用のデメリット

「ねっとで合説」を利用することで就活生に生じるデメリットは、特段無いと思われます。大きなデメリットが無いことは、このサービスをおすすめできる理由のひとつです。

とはいえ、「ねっとで合説」にも残念な点はありますので、ご紹介しておきます。

 

キャリアカウンセラー
「ねっとで合説」に採用動画をあげている企業の数が少ない点です。

なにしろこのサービス、提供開始が2017年の4月。まだまだ新しい生まれたてのサービスです。そのコンセプト・内容は魅力的ではありますが、まだまだ採用動画数が多いとは言えません。

この点さえ改善していけば、「ねっとで合説」が合同企業説明会の主流になる日も遠くはない…かもしれませんね。

(参考:就活生向け動画サイト「ねっとで合説」リリースのお知らせ

 

まとめ:忙しい就活生は、合同企業説明会をネットで済ませるべき♪

インターネットの普及したこの世の中、時間とお金をかけて合同企業説明会会場に出向くばかりが就活ではありません。

大切なのは、採用活動を実施している企業の情報を、適切に得ること。目的に対して合理的な方法で、就活をすすめましょう。

合説は、ネットで参加が◎。いますぐ「ねっとで合説」に登録しましょう。いつでもできるからといって、後回しはダメですよ!

  • 今すぐ気になる企業の動画を全部見る
  • 毎日3分、歯磨きしながら採用動画を見る
  • 通学の電車の中は採用動画チェックの時間にする

など、自分にあったやり方で、「ねっとで合説」を利用しましょう。

キャリアカウンセラー
就職活動が、みなさんの納得のいくものになりますように。

 

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。