【人間関係の整理整頓】整理の基準と忘れてはいけない3つのポイント

人間関係を整理したい人
なんか最近、人間関係に疲れるよ。人間関係にも断捨離が必要って話も聞くけど、そういうのもアリなのかなぁ…
人間関係を整理したい人
人間関係を整理したいけど、なかなか踏ん切りがつかないわ。どういう基準で整理すればいいのかな…

こんな人のための記事です。

 

こんな人のための記事なので

  • 人間関係を整理するための考え方
  • 人間関係の整理基準
  • 「この人といるとツライ」と感じる人間関係への対応ポイント3つ

なんかを解説します。

 

解説しますが、私フルーツ、基本的には

フルーツ
「人間関係にも整理整頓が必要です!不要な人間関係は切り捨てましょう!」という考え方はあんまり好きじゃないです

いきなり何を言い出すんだ、前提ひっくり返すなよ、って感じですよね。(笑)

 

それでも私がこの記事を書いているのは

フルーツ
どう考えても有害な人間関係に振り回されて、傷だらけになってるよなぁ…

と思う人がいるから。例えば、数年前までの私自身とかですね(笑)。

私自身が

  • ムダに上から目線になることなく
  • 自分にとってツライことの多い人間関係を整理していく

ために考えたコトを書き記すことで、ツライ思いをしている人のお役に立てればうれしいな、と思っています。

 

人間関係を整理するときは2軸で考える

人間関係は、相手の

  • 意図
  • 能力

という2つの軸で考えることができます。

 

縦軸:意図

意図というのは、思惑(おもわく)のこと。

ここでは、「相手が自分に対してどういう気持ちをもっていそうか」くらいに考えて下さい。

図の上の方に位置づけできるのは

  • 元気でいてほしいという気持ち
  • 一緒に楽しい時間を過ごしたいという気持ち
  • 大事にしたいという気持ち

みたいな優しい気持ち、プラスの感情でいてくれると思える場合です。

 

逆に、図の下の方に位置づけられるのは、相手が自分に

  • 別にコイツがどうなっても関係ない
  • マウンティングや批判や陰口の対象にしてやろう
  • 便利な存在でいてくれればいい

みたいな気持ちを持っていそうに思える場合です。

人間関係を整理したい人
いるわよね、なんだか悪意を感じる人。または、こちらに興味がないことが明らかな人。

 

横軸:能力

能力というのは、スキルのこと。

ここでいうスキルの内容は、人間関係の種類によって変わってきます

例えば

  • 仕事仲間:仕事のスキル
  • 友人:一緒に楽しい時間を過ごすためのスキル

ですね。

 

図の右側にいるのは

  • 仕事ができる
  • 仲間内でのステキな企画の幹事役をしてくれる
  • 話が面白い

みたいな相手。

 

逆に、左側にいるのは

  • 仕事ができない
  • アドバイスが的外れ
  • 会話をつないでいくのが下手

みたいな相手。

人間関係を整理したい人
ふむふむ。つまり結局、自分を可愛がってくれてるけど仕事ができない先輩とかは、左上のマスに位置するわけね

 

人間関係の整理基準:種類別の対応

人間関係を整理したい人
意図と能力の軸で人間関係を整頓して、それから整理する人間関係について考えていくのね?

そうなります。

基本的な考えとしては、こんな感じ。

 

右上と左下はわかりやすいですよね。

  • 右上は最高:当然、めっちゃ一緒にいたい・働きたい
  • 左下はNG:なるべく距離をとった方がいい

一方、要注意なのが左上と右下のマス。この2マスについては、関係性によって関わりは変わってくると思います。

 

例として

  • 家族や友人
  • 時々会う知人
  • 仕事仲間

のケースを考えてみましょう。

 

家族や友人

私が思うに、家族や友人との関係を考えるときに重要なのは、圧倒的に縦軸「意図」です。

単純に言えばこんな感じ。

いろいろとスキル的に問題のある人でも、自分に対して優しい気持ちを持ってくれている人となら

フルーツ
一緒にいたいな

と感じます。

 

逆に、どんなに能力が高くても、下2マスにいる人を信頼することはできません。

フルーツ
ちょっとしんどいな。距離を置こうかな

というのが私の感覚です。

 

要注意なのは、左上の端の方と、右下の端の方の人。

左上の端の人とは、どうしても感情の行き違い等が起きやすくなります。自分の側にゆとりがないと、付き合うのに骨が折れるわけですね。

私は

フルーツ
友達だけど、疲れているときは会わない方がお互いのためかな

くらいの気持ちでいます。

 

また、右下の端の人は、一見魅力的です。

フルーツ
「騙された」「信じてたのに裏切られた」なんてトラブルになりやすいタイプかなと感じます

自分が勝手にズタズタにならないために、距離感の調整が重要ですね。

 

時々会う知人

次は、時々会う程度の「知人」について考えてみましょう。

私が思うに、この人との関係を考えるときの注意点はひとつだけ。

フルーツ
左下の人とは、あんまり関わらないこと。

当然ですよね。

  • 「知人」程度の親しさしかなく
  • 一緒にいて楽しい・役に立つスキルもなく
  • こちらに対して優しい気持ちを持ってくれていない

こんな人と仲良くするのは困難です。

単純化すればこんな感じ。

 

「知人」程度なら、多少「意図」が悪くても、あなたを深く傷つけることはないでしょう。

親しい友人や家族と違って、十分な距離をとれているからです。

で、あるならば、時々「能力」の高い人と会うことで、良い刺激を受けられる可能性はあります。

フルーツ
だから、例え下の方でも、右側の人と接する機会をもっておくのは大事かな

 

仕事仲間

最後の例は、仕事仲間。

仕事ですから、当然、横軸「能力」の重要性が高くなります

単純に言えばこんな感じ。

右上の人と仕事をができればHappyですね。

左下の人との仕事は、可能な限りお断りしたいものです。

 

右下の「注意」枠の人と仕事をするときは、

フルーツ
あくまでドライに「お互いの能力を活用しあう」関係を意識しておくかな

こういう相手の能力の魅力に入れ込んで「この人の役に立ちたい」みたいな気持ちが強くなりすぎると、いつか「あれ?利用されただけだった?」みたいなツライ気づきがやってきます。

 

一方、賛否が分かれそうなのが、左上の人への対応。

個人的には

フルーツ
程度問題だけど、あまりにも左に寄ってそうなら距離をとった方がいい

と考えています。

理由はシンプル。仕事だからです。

お友達ではなく仕事仲間である以上、役割を果たせない人と関わるのは難易度が高いでしょう。

10年超の社会人生活の結果、

フルーツ
「自分が相手の仕事をフォローしきるんだ」というだけの気持ちがある場合以外は、距離を取った方がいい

と考えるようになりました。

 

「この人といるとツライ」と感じる人間関係を整理するときのポイント3つ

人間関係を整理したい人
ふむふむ。じゃあ今の人間関係を2軸で整頓して、種類別に加減しつつ、要らない関係を整理していけばいいのね

最初に書いた通り、私は「要らない人間関係は整理してしまえ」という考え方が、イマイチ好きにはなれません。

人間関係を整理したい人
そしたらどうすれば…?

というわけで、ツライと感じる人間関係を整理するときのポイントを3つ、解説したいと思います。

 

ポイント①自分が傷つく人間関係からは身を守ってOK

大前提として、いくら「人間関係は大切なもの。切るとか整理するとか言わない方がいいと思う」といったところで

フルーツ
自分自身の方がもっと大切

です。

というかそもそも、自分自身を大切にできないで、人との関係を大切にするなんて不可能ですよね。

だから、当然、自分を傷つけることしかない人間関係からは身を守ってOKです。

全ての人と親友になることなんてできないし、なろうとする必要もありません。

フルーツ
意外と「みんな仲良しでいなければならない」という呪縛に囚われている人は多いですよね

 

ポイント②人間関係は選び選ばれるもの

人間関係の整理について考えるとき、忘れてはいけないのは

フルーツ
自分が相手を選び、相手も自分を選んでくれない限り、人間関係は維持できない

ということです。

自分が相手を上から見て

  • 選定する
  • 裁く

みたいな発想は、人との関係を健全なものにしません。

フルーツ
人間関係を「切る」「捨てる」という言葉には、こういうニュアンスがあるので、私は苦手です

 

  • 相手からみて、自分は2軸のどこにいるのか考えてみる
  • 自分がされてイヤなことは相手にしない

といった当たり前の視点を、失くさないように注意しましょう。

 

ポイント③人間は変わる

最後のポイントは、

フルーツ
人間は変わる。人間関係も変わる

ということです。

一度、「この人は能力も意図もイマイチ。左下にいる気がするから、距離を置こうかな」と思った相手でも

  • こちらのことを考えてくれるようになる(上へ移動)
  • スキルを身に着ける(右へ移動)

という可能性は、いつでもあります。

私たち自身の能力や意図が変わることで、許容できる範囲が変わることもあります。

 

だから、「コイツはダメだ、人間関係を切ろう」と考えるのではなく、「今はちょっとツライから距離を置いておこう」くらいにしておくのがおすすめ

時間がたって変化があったら、そのときまた関係の在り方を考え直せば良いと思うのです。

フルーツ
せっかくつながった人間関係、今なめらかでないからといって、いきなりゼロにしてしまうのは哀しい気がします

 

人間関係の整理整頓まとめ

「人間関係を整理したい…」という気持ちになったとき

  • こんな関係は切っちゃえばいい
  • この人との関係は私にとって不必要
  • 捨てるべき人間関係

みたいな言葉で考えるのは、おすすめしません。

フルーツ
そういう考え方は結局、大切な人との関係まで傷つける気がする。

 

それでも、「人間関係を整理したい」とまで思うほど、ツライ気持ちがあるなら

フルーツ
ムリにその場に留まる必要はない。

と思います。

自分を優先するのは、当然のないこと。傷だらけになってまで人間関係を持続させる意味はありません。

今はちょっと距離を置く。それで良いと思います。

 

どうしても整理したい人間関係があるときは、相手の能力と意図の2つの軸で考えてみて下さい。

それが自分にとって、「本当は大切な関係」なのか、「いったん距離を取った方が良い関係」なのか見えてくると思います。

フルーツ
人間関係も、自分自身も、どちらも大事にする選択をしていきたいですね

それではまたっ!

 

※関連記事です

職場の人間関係を良くする最高の方法【コミュ力低めのサラリーマン】

2020.08.02

勉強はできないけど仕事ができる人vs勉強はできるけど仕事ができない人

2020.02.07

「仕事なんて頑張っても報われない」そう思うとき試してほしい5つのこと

2019.10.19
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。