楽天経済圏への移住準備中。年間6万ポイントを目指して出稼ぎに行ってきます

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

なんだかんだ、楽天経済圏へ移住してみることにしました。現在、移住へ向けて色々と準備中です。

補足:楽天経済圏で生きるとは

楽天グループが提供するサービスの範囲内で生きていくこと

  • 楽天会員数は2018年6月末時点で9,870万人
  • 楽天グループが提供するサービスは、楽天市場をはじめ約70種類

 

楽天経済圏への移住を決めた理由

クレカ・ポイントの世界が複雑すぎたから!

もうね、情報量が多すぎて何がなんだか分からない。ググって調べてみても、なんとまぁ膨大な情報の溢れかえっていることよ…

クレカ おすすめ

で検索すると

こういう記事がいっぱい。

自分自身がアフィリエイトをやっていることもあって、こういうので紹介されている案件は、サイト運営者にとって「高単価」な案件が多くなりがちということは理解しています(もちろん、全部が全部そうというわけではない)。

自分にとって最適なカードを選ぶのは難しいですね。

 

たくさんの情報にあふれていて、どれが正解か分からない。

こうなってくると、やるべきことはただ1つです。

 

自分でトコトン試してみる。

 

幸い、クレジットカードの契約や生活スタイルの変更は、大きなリスクを伴うものではありません。

リスクのある選択
  • 賃貸物件の選定/リアルな引っ越し
  • 保険契約
  • 車の購入
  • 株式等リスク資産への投資
  • 住宅の購入・住宅ローンの申し込み

やり直しが簡単に効く分野だからこそ、生活力を高めるために、いったんどっぷりクレカワールドに漬かってみようと思ったわけです。

楽天のサービスを使えば、あらゆる取引でポイントを発生させることができそうですからね。

  • クレカのために生活スタイルを変えるなんて本末転倒
  • クレカの年会費なんて払わねぇ

という記事を書いたばかりですが、舌の根も乾かぬうちに方針変更です。弊社は機動的な経営を心掛けております。

超保守的・キャッシュ派の原住民なので、これぐらいやらないと文明開化できなさそうw

 

やるからは徹底的に!まずは楽天の株主になって一蓮托生

愛は名詞です。愛するという行為から生まれた果実です。

楽天に対して愛を持つためには、楽天を愛することが必要です。愛するから、愛が生まれるんです

何を言っているのかよく分からないと思いますが、僕も良く分かっていないので安心してください

どうみても愛に満ちていますね。優しい世界。

この際、こまかいことは考えない。

やるなら徹底的に。徹底的にやろう!

Go Bold!(メルカリじゃなくてラクマ使おうかな~)

というわけで、楽天の株主になることから始めます。

※2018年10月23日現在の株価は770円ぐらい。過去5年のチャートは散々な感じですね

 

私はもともと楽天証券ユーザーなので、口座を開設する必要はありません。

この口座で、挨拶代わりに楽天株式を100株買ってみます。

楽天の株主になることで、楽天経済圏の発展とともに株価が成長するという恩恵が受けられるほか、株主優待を受けることもできます。

第21期 株主優待の内容
1.楽天市場 200円クーポン4枚(800円相当)
2.楽天トラベル 国内宿泊クーポン(2,000円相当)
3.楽天Kobo対象期間中の電子書籍コンテンツ購入に対しポイント3倍
4.抽選で株主様限定楽天イーグルスグッズをプレゼント
5.楽天イーグルス主催公式戦観戦チケットを優待価格でご提供
6.抽選で株主様限定ヴィッセル神戸グッズをプレゼント
7.ヴィッセル神戸主催公式戦観戦チケットを優待価格でご提供
8.抽選で株主様限定FCバルセロナグッズをプレゼント
9.抽選で株主様限定ゴールデンステート・ウォリアーズグッズをプレゼント
10.楽天証券口座にて当社株式を保有する株主様限定
楽天証券における当社株式購入手数料30%ポイント還元
マーケットスピード利用料1年間無料

楽天の配当金は100株で450円。優待クーポン800円+2000円を加味すると、現在の株価(2018/10/23時点で768円)で楽天株式を100株買えば、優待利回りという謎の指標は4.23%になります。

私は野球にもサッカーにもあまり興味がないのですが、この際、楽天イーグルスとヴィッセル神戸のファンになろうと思います。

頑張れイニエスタ!(合ってる?

※ちなみにこれは『投資』ではなく、個人的な娯楽なのでご承知おきくださいませ。この投資原資は、全額、こびと株の配当金から生まれております。

株主になることで見えてくるものがたくさんあるからね。勉強します。

 

SPU(スーパーポイントアッププログラム)をすべて活用

さて、通常、楽天市場でのお買いものでは1%のポイントがつきます。

様々な楽天サービスを使うことで、これを常時15%にまで高めることができます。

順番に見ていきましょう。

 

①楽天カードをゲット

楽天カードを利用して楽天市場でお買い物すると、+2%還元!(累計3%

でも「徹底的に」やるなら、楽天ゴールドカード使った方がいいよね。

 

②楽天ゴールドカードをゲット

ただの楽天カードではなく、楽天ゴールドカードを使えばさらにお得。

楽天市場でのお買い物で+2%還元!(累計5%

※年会費は税込み2,160円。年間108,000円以上楽天市場でお買い物するならペイできます

③の楽天銀行の口座開設が終わったら、次はこのゴールドカードに申し込む予定。

 

③楽天銀行で口座開設・引き落とし口座に

楽天銀行を引き落とし口座にすれば、+1%還元!(累計6%

給与口座も楽天銀行にしちゃう予定。

※2018年10月23日時点で、口座開設を申し込み完了。来週にはカードも届く。

 

④楽天市場アプリでお買い物

このアプリを使ってお買い物をすれば、+1%還元!(累計7%

※2018年10月23日時点で、アプリダウンロード完了

 

⑤楽天証券でポイント投資

月1回500円以上のポイント投資で、+1%還元!(累計8%

楽天ポイントはめちゃくちゃ貯まりやすそうなので、簡単にクリアできそうですね。国内債券の投資信託でも買って、子供の学資でも貯めますかね。

 

⑥楽天モバイルを利用

楽天モバイル(通話sim)の利用で、+2%還元!(累計10%

IIjmioを使ってますが、乗り換える予定です。

月額1,980円(2年契約)で使い放題。夫婦で4,000円かな。テザリングでブログ更新できるなら、Wimax(月額4,000円ぐらい)は解約してしまおう。

ポイントでケータイ代払えるのは大きいですね。通信費をゼロにしますぞ。

 

⑦楽天TV

NBAとかの視聴を契約すれば、+1%還元!(累計11%→累計10%

じゃあ契約しようかな!と思ったんだけど、利用料が月額1000円ぐらいする。年間で12000円。

何十万円もお買い物しないとペイできないじゃん。徹底的にやるといったけど、これはいらない。

 

⑧楽天ブランドアベニュー

ここでお買い物すれば、+1%還元!(累計11%

利用額の縛りがないらしいので、100円でも買えばOKらしい。送料込みでペイするなら、適当に買ってみてもいいかな。もしかしたら、妻が欲しいものもあるかもしれないし。

 

⑨楽天ブックス・楽天Kobo

月額2000円以上本を買えば、+1%還元!(累計12%

kindleユーザーですが、乗り換えます。毎月2000円以上は余裕で本を買っているので、問題ないですね。

楽天銀行の口座開設・楽天ゴールドカードの発行が済んだら、Koboを注文する予定です。

 

⑩楽天トラベル

対象期間・対象サービスの利用で、+1%還元!(累計13%

今後の旅行は、基本的にすべて楽天トラベル経由かな~。家族・親戚・友人との団体旅行のときは、僕が支払おう(n*´ω`*n)

 

⑪楽天ビューティ

月1回1500円以上の利用で+1%還元!(累計14%

居住エリアの徒歩圏で、楽天ビューティに掲載されている美容院が結構たくさんあるので、問題なさそう。妻と交互に使ってれば、十分クリアできるでしょう。

 

まとめ

ここまでで、累計14%のポイント還元

このポイント還元率を維持したまま、楽天市場で、日用品(コンタクトとか)・生活雑貨・衣料等を積極的に買っていこうと思います。

仮に、楽天市場で年間で18万円ぶんの買い物をすると(月平均1.5万円)、

18万円×14%=25,200ポイント

これだけのポイントをゲットできます。0と5がつく日にはさらにポイントが加算されるようなので、そういうセールのタイミングを狙えば、さらに多くのポイントが狙えるのかな?

どのタイミングでどのようなものを買うとお得かは研究が必要そうですが、使っているうちに賢く育つでしょう。

もちろん、普通のクレカ決済額に対しても1%のポイントがつくので、それもポイント集めに貢献してくれるでしょう。

 

その他のサービスでも楽天を利用

楽天でんき

楽天でんきを使えば、利用料200円につき1ポイントが得られるようです。支払額の1%のポイントは別途加算されます。

うちは猫の飼育の関係で冷暖房費が結構高くついているので、年間で12万円ほどの電気代がかかっています。

結局、年間で1800ポイントほどゲットできる計算になります。今の電気会社から乗り換えるだけでOKなので、手間暇かからなくていいですね。

 

ふるさと納税

ふるさと納税での利用にもポイントがつくんですって。

ただでさえお得な制度なのに、これはすごい。まさに勝確(勝ち確定)。

ふるさと納税の寄付が、楽天市場でのお買い物と同じように扱われるらしいので、ポイント還元率がヤバイ。5000ポイントとか狙えちゃうのではないかしら。もう少し研究します。

 

楽天西友ネットスーパー

ポイントのために高い食品買ってたんじゃあ本末転倒ですが、楽天西友スーパーなら…!

近場のスーパーで買ってた食品関係を全部こちらで買うことにします。楽天市場ほどのポイントはつきませんが、3%のポイントがつくので威力は絶大。

年間50万円(月平均4万円)×3%で、年間15,000ポイントゲットできます。

 

これらの他にも、狙えるサービスがあれば積極的に利用していきたいと思います。

 

まとめ:楽天経済圏で生きていく

  • 楽天市場の決済:25000ポイント
  • 楽天でんき:1800ポイント
  • ふるさと納税:5000ポイント
  • 楽天西友スーパー:15000ポイント
  • その他決済額:5000ポイント(決済額の1%)

これに大型出費(旅行とか)のポイントを加味すれば、年間60000ポイントぐらいは目指せるんじゃないかと。夫婦の年間ケータイ代48000円と、ポイント投資分年間6000円ぐらいは賄えそう。

家計に占める通信費が高い現代において、その負担がゼロというのはとんでもない差になるでしょう。キャリアの利用者とは年間で20万円とか差がついてしまうのでは?

色々ガバガバな計算ですが、試行錯誤しながら頑張ります。

楽天に詳しい人、いろいろ教えてくださいm(_ _”m)

嫌になったらアナログな世界に帰ってきますが、とりあえずどっぷりハマってみます。

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。