【楽天モバイルだけで生きていく】スーパーホーダイの5つのメリット【感想あり】

こんにちは、こびと株.comの管理人(@kobito_kabu)です。

  • 1円でも通信費を安くしたい
  • 安くしたいけど、(そこまで)不便にはなりたくない

こんな強欲な思いを抱いて、楽天モバイル【プラン:スーパーホーダイ】に乗り換えました。

シーさん
格安sim+Wimaxの2台持ちから乗り換えて、月額3,700円以上安くなりました~

節約しつつ、快適に過ごしたい!

節約しつつ、快適に過ごしたい!

節約しつつ、快適に過ごしたい!

そんな方は、少々お時間を頂きまして、本記事にお付き合い頂けますと幸いです。お得なレビューをお届けします。

これが結論

こういう人は楽天モバイル【スーパーホーダイ】に乗り換える価値あり!

  • 月額携帯料金が2,000円以上(キャリア利用者、格安sim+wifiの2台持ちなど)
  • 毎日通信量を気にせずSNS、インターネット、動画を楽しみたい
  • 家でも外でも、テザリングでPCを使いたい
  • 10分以内の通話を時々使う
  • 昼(12:00~13:00)と夕方(18:00~19:00)の低速デメリットは割り切れる

※超高速回線でコンマ数秒の真剣勝負をしているガチのオンラインゲーマーさんには推奨しません。

 

【楽天モバイル】スーパーホーダイの5つのメリット

スーパーホーダイとは

月額5,680円(IIJmio1,680円+Wimax4,000円)の通信費に苦しむ私を救った「楽天モバイルのスーパーホーダイ

こんなプランです。

ポイントはこの5つ。

これが重要ポイント!
  1. 低速モードでも実用的
  2. 10分以内の国内通話が無料
  3. 安い
  4. 楽天スーパーポイントが貯まりやすくなる
  5. 携帯代を楽天スーパーポイントで支払える

具体的に見ていきましょう。

 

メリット①:低速モードでも実用的

最近の携帯プランってこんな感じですよね。

  • 〇GBまでは高速通信
  • 〇GBを越えてしまったら、低速通信

そして、ひとたび低速通信になってしまうと、およそ実用的とは言えないレベルまで通信速度を制限されてしまいます。

あまりの遅さにスマホをぶん投げたくなった経験がある人は私だけではないでしょう。

シーさん
低速スマホ「遠投コンテスト」があったら上位入賞確実だった

スーパーホーダイなら、低速通信になってしまっても1Mbpsほどの速度がでます。十分に実用的といえる速度です。

※本当に「実用的」なスピードが出ているかどうかは、記事後半にレビューがありますのでそちらをチェックしてみてください

基本的には、楽天モバイルのスーパーホーダイを使い倒す=「低速通信」で幸せに暮らしていくということです。

なので、選択肢としてプランS(高速通信2GB:1480円~)一択になります

もちろんテザリングも無料で使えるので、PCによるネット利用もやりたい放題です。今、この記事もテザリングを利用して書いています。サクサクです。

 

メリット②:10分以内の国内通話が無料

こちらも非常に嬉しいメリットです。

楽天モバイルのスーパーホーダイでは、10分以内の国内通話がすべて無料になります。

格安simで通話をすると、通話料が結構高くなっちゃうんですよね。なんだかんだ、月1,000円ぐらい払っちゃってる人は多いんじゃないでしょうか。

実際、総務省のデータを見てみると、日本における平均的な通話時間は約70分ほどとなっています。

どんなに安い通話サービスを使っても1分20円はかかりますから、20円×70分=1,400円ぐらいはかかってしまうということですね。

他社との比較
  • BIGLOBEは3GB1,600円+600円で3分以内かけ放題(オプション)
  • DMMモバイルは3GB1,500円+850円で10分以内かけ放題(オプション)
  • LINEモバイルは3GB1,690円+880円で10分以内かけ放題(オプション)

こうやって他社と見比べてみると、高速通信2GB+無制限の低速通信(最大1Mbps)+10分以内かけ放題のスーパーホーダイはかなり攻めたプランであることが分かりますね。ユーザーを集めたいんでしょう。

シーさん
LINE通話が使えないタイミングって結構あるので、10分以内かけ放題はかなり助かりますね。会社休む時とか!

 

メリット③:安い【実質月額1,888円~】

  • 通信し放題で
  • 10分以内通話し放題なのに

安い。

スーパーホーダイのSプランを前提にして、料金を計算してみます。

プランSの基本使用料:2,980円

ここから、たくさん割引が入ります。

結局、MAXの割引はこうなります。

  • 楽天会員なら500円割引
  • ダイヤモンド会員(※)なら500円割引
  • 長期割で1,000円割引

※楽天のヘビーユーザーだと思ってもらえればOK

2,980円のプランに対してトータル2,000円引なので、なんと最安980円から使えてしまいます!

 

いや、ちょっと待てよと。

ここはが張ってあるので要注意です。

最低利用年間割引って、つまり最後の1年間は割引がきかない(月額2,980円になる)ってことです。しかも、3年目以降に解約すると契約解除料9,800円が発生します。

ダイヤモンド会員の割引にしても1年目の対象月だけですしね。

※こうやってややこしい料金プランを作って顧客を混乱させるのは、ドコ〇やa〇のようなキャリアも同じですね…こういうのは悪印象です。

 

シーさん
結局、2年間、月額いくらで使えるのか?これが答えです。

月額1,480円+違約金9,800円÷24カ月月額1,888円

ダイヤモンド会員ではない人が無理してダイヤモンド会員を目指すのも本末転倒ですし(最初からダイヤモンド会員の方はもちろんお得です!)、3年目以降2,980円支払い続けるというのも変な想定です。

2年使い倒して契約解除するという前提で、月額1,888円というコストが現実的な数値になります。

ふつうに安すぎない?

 

こびと株の他メンバーの通信状況

当ブログのライター、フルーツの通信環境はこんな感じ。

  • IIJmio ミニマムスタートプラン(3GB) 1,680円
  • IIJmio 大容量オプション(20GB) 3,100円 

※楽天モバイルと違い、上記通信のすべてが高速通信なのでそのへんは考慮してください。ちなみに、IIJmioの「誰とでも3分以内かけ放題」は月額600円…高いですね

私が乗り換えに成功したので、フルーツも楽天モバイルに乗り換え予定です。

私はかけ算を間違えて2年契約(月額1,980円+契約解除料なし)にしちゃいましたが、フルーツは3年契約(月額1,480円+契約解除料9,800円)の予定です。

後者の方が総額で2,200円安いです。泣きそう。

 

諸注意!

MNP(携帯電話番号ポータビリティ)を利用したsimの切り替えにあたっては、次の2つのお金がかかります。

  1. 転出料(今使っている会社から、新しく契約する会社に乗り換えるための費用)
  2. 事務手数料(新しく契約する会社=楽天モバイルに支払う手数料)

会社によりますが、転出料は3,000円ほどです。楽天モバイルの事務手数料は3,665円(税込み)です。

乗り換えのためのキャンペーンがしょっちゅう行われているので新規契約者には多くの特典があるのが普通ですし、エントリーパッケージを使えば事務手数料の節約も可能です。

しかし、こういったコストがかかることもちゃんと認識しておきましょう。

 

メリット④:楽天スーパーポイントが貯まりやすくなる

楽天モバイル(通話sim)を契約すると、楽天市場での買い物で2%ポイント還元されるようになります。

他の楽天サービスも加えると、ポイント還元率がヤバイことに…私の場合、すでに楽天市場での買い物が常に11%OFF。うふふ。

楽天経済圏、すごいですねぇ。ふるさと納税にもポイント還元があるので、破壊力がヤバい。

 

メリット⑤:楽天スーパーポイントで支払える

こうやって貯めた楽天スーパーポイントで、楽天モバイルの利用料を支払うことができます

私の計算によると、年間60,000ポイント以上の獲得が見込めているので、ケータイ利用料はすべてポイントで支払えます

  • ドコモ、au、ソフトバンクのユーザーが、月額6,000円~のスマホ代を支払い
  • 他の格安simユーザーが、月額2,000円弱のスマホ代を支払い
  • 私は、スマホ代を楽天スーパーポイントで支払って円貨を1円も失わない!
シーさん
家計のゆとりに差がでて当然ですね。こういう積み重ねが生活を楽にするのだ!

 

スーパーホーダイの使用感をレビュー!速度は十分なのか!?

スマホユーザー
そんなこと言って、通信速度が遅くてイライラしてるんじゃないの?通信が安定していて、本当に実用的かどうかは重要ポイントだよねぇ

というわけで、気になっている人が多いであろう速度の話。

低速モードで本当に最大1Mbpsが安定して出るのか?

 

結論から言うと、問題なしです。証拠もお見せします。

 

個人的な使用感+Twitter上の評判

使ってすぐに「問題ない」と分かるレベル。

低速モードで全部問題なし

チェック項目はすべてクリア。

  • ブログ用画像のダウンロード・アップロード
  • テザリングを利用してのPCでのネット閲覧
  • スマホアプリのダウンロード
  • 電子書籍のダウンロード
  • Youtubeの閲覧
  • ポケモンのネット対戦

なんやかんやで1GB使っちゃったけど全然大丈夫。すごいねこれ。

止まらない喜びのツイート。

生活の満足度が下がらずに支出が減るって、最高ですね。

 

でも、もちろんオイシイ話だけではなくて、弱点もあります

  • 12:00~13:00
  • 18:00~19:00

この時間帯ではしっかり遅くなります

 

楽天モバイルユーザー?の先輩方から、こんなコメントも。

 

どれぐらい遅いかと言うと、昔実家で飼っていたカメのカメ子(のちに♂と判明)ぐらいです。のそのそ。

 

これが対策になります。

  1. 遅くなると告知されている時間帯では使わない
  2. 遅くなると告知されている時間帯では高速モードにする

私は①の予定です。若干スマホ中毒気味なので、他のことをする時間帯が確保されるのはいいことです。

楽天koboで本でも読みますわ~

 

アプリでしっかり速度測定

スマホユーザー
あのさ、感覚的な話はいいからさ、データで見せてよ。データで。

というわけで、速度測定してみました。

 

画像右上に、スマホでスクショした瞬間の時間が載っているのでご参考まで。

まずは朝。

律儀に、最大1Mbpsを越えないギリギリのラインをキープしているのが分かりますね。

超安定回線。

 

12:00直前、お昼前の速度を測ってみます。11:59の出来事です。

相変わらず、超安定して最大1Mbpsを越えないギリギリのライン。

ちなみに、高速モードだとこんな感じ。

結構速い!本当に高速モードですね。

ずーっとWimaxユーザーでしたが、Wimaxに見劣りしない速度です。

 

混雑時間帯の12時になったので、もう一度測定(低速モード)。

急に遅くなりました。

元気だった君はどこに行ってしまったんだい?

これまた律儀に、最大300kbpsのラインを上回らないギリギリのラインで安定。

遅くなる時間帯も、スピードも、完全に公表値通りですね。

 

では、高速モードではどうなのか?

約29Mbpsも出ていた先ほどの速度と比べるとかなり見劣りしますが、十分実用的なレベルです。お昼にどうしても使いたいなら、高速モードに切り替えればOKですね。

※楽天モバイルのアプリを利用すれば、ほんの5秒ほどで低速⇔高速の切り替えができます。

 

この後、13時を過ぎたらすぐに速度は戻りました(低速モード)。

なぜか、何回測っても2Mbps以上出てしまいました(高速だと25Mbpsくらい)。

きっちり0.98Mbpsに戻ってくれた方が、記事を書きやすかったんですけどねw

 

さて、最後に夕方の時間帯の速度を確認して終わりにしましょう。

混雑時間帯である夕方(18:00~)の低速モードを測ってみます。

昼より若干マシですかね?でも、しっかり遅くなってます。

そして、19時を過ぎると普通の速度に戻ります。

※最大1Mbpsと言っていますが、やっぱりそれ以上出てますね。

 

まとめるとこんな感じ。

楽天モバイル通信速度のまとめ
  • 低速モードでも安定して1Mbpsぐらいの速度が出る
  • 高速通信はちゃんと高速通信
  • お昼(12:00~13:00)と夕方(18:00~19:00)はキッチリ遅くなる
  • それ以外の時間になるとすぐ戻る

時間帯も速度も、公表値通りなので満足です。

これがウソなら、根底からひっくり返るダメサービスになりますからひと安心です。

使いすぎて電池が持たない…w

 

スーパーホーダイをおすすめできない人・おすすめできる人

おすすめできない人

  1. 楽天の分かりにくい料金プランに腹が立つ人
  2. 遅くなると公表されている時間帯(昼12時~、夕方18時~)に頻繁に使う人
  3. コンマ数秒の世界で戦っているガチオンラインゲーマー
  4. 2年後にまた乗り換えを検討しなければいけないのが面倒な人

 

おすすめできる人

  1. 月額携帯料金が2,000円以上(キャリア利用者、格安sim+wifiの2台持ちなど)
  2. 毎日通信量を気にせずSNS、インターネット、動画を楽しみたい
  3. 家でも外でも、テザリングでPCを使いたい
  4. 10分以内の通話を時々使う
  5. 昼(12:00~13:00)と夕方(18:00~19:00)の低速デメリットは割り切れる

 

人によっては、楽天モバイルは生活の満足度を下げずに「家計改善」できる素晴らしいツールになります。

自分はがっちりライフスタイルにハマりました。

 

楽天モバイルへの切り替えに必要な3点セット&手続き方法

乗り換えイメージが持てない方のために、具体的な切り替えステップを見ていきます。

本当に重要なポイントだけ軽めに紹介します。

 

手続きに必要な3点セット

この3つがあればOK。

  1. 本人確認書類
  2. 楽天会員ログイン用ID&パスワード
  3. MNP予約番号(今の電話番号のまま乗り換える人のみ)

※3,665円(税込)の事務手数料を無料にしたい人はエントリーパッケージもご準備ください。

【楽天モバイル】エントリーパッケージで事務手数料3,665円→無料にしよう

2018.11.22

※MNP予約番号の取り方は会社によって異なるので「会社名+MNP予約番号+発行」などで検索してみてください。私が使っていたIIJmioでは、発行に4日ほどかかりました。

 

楽天会員になっていない方は【公式】楽天会員登録からどうぞ。もちろん会費などはかかりません。

楽天サービス専用のメールアドレス(Yahoo!やGmailなどのフリーアドレス)を作って、それで登録することをおすすめします。なぜなら広告メールがうっとうしいから。

 

手続き方法

たったの2STEPです。

  1. 【公式】楽天モバイルHPから申し込み
  2. SIMとユーザーズガイドがきたら設定

上記3点セットが用意してあればネット上の申し込みは長く見ても10分ぐらいで終わるでしょう。

 

私の場合、こんな流れになりました。

  • 2018年11月14日…HPから申し込み完了(10分)
  • 2018年11月15日…本人確認完了及びsim発送のメールがくる
  • 2018年11月17日…自宅でsim受け取り→開通TELをして1時間後に利用可能に

1週間もかかっていないですね。

楽天モバイルは仕事が早い。

 

ネット上での手続きが済むと、自宅にこんなのが届きます。

ユーザーズガイドを眺めて、ちょろっと作業すればおしまい。

手続きはカンタン!
  1. もともと使っていたsimから、楽天モバイルにTELをかける(楽天simの開通依頼)
  2. 楽天simを、スマホにセッティングする(ガイドを見れば5分で済む)
  3. 1時間ほど待つと、つながるようになる

いわゆる不通状態は1時間ほどです。昔は4日ぐらいスマホを使えない時間があったんですよね。

それが嫌で店舗で手続きしていたのですが、今はそういうこともないようです。

これで、晴れて格安・通信し放題ライフの始まりです。

 

まとめ:楽天経済圏で資産を築く

楽天モバイル単体で見てもかなりの優良サービスだと思いますが、楽天経済圏にどっぷりハマることで相乗効果が生まれていきます。

  1. 楽天銀行で口座開設
  2. 楽天カードをメインカードにする
  3. 楽天証券で株式投資
  4. 楽天ビューティで美容院を利用
  5. 楽天ブックスで書籍を購入

人によっては、私のように年間10万円近い家計改善が見込めるようになります。楽天のヘビーユーザーになって、強固な家計を築きましょう!

こういう地道な積み重ねが、ゆとりある生活を作るのです。

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。