サラリーマン+フリーランスになりたい

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

先日、経営陣から「経理って付加価値低いし、いらなくね?」的なことを言われました。会計/税務のスキルで一生飯を食っていきたいと思っている経理マンにとっては「あぁ、ついにきてしまったか」という出来事です。

 

サラリーマンとしての仕事が10年先もあるか分からないという危機感

経営陣との経理部員とのMTGでこんな感じのやりとりがありました。

経営陣「僕たちは、君たちの仕事をどう評価すればいいの?」

経理屋「決算書作成とか税務申告をキッチリやるのでそこを評価して頂ければ」

経営陣「そんなのただのルーティンですよね。そのうち機械でほぼ自動化できるようになるでしょ。機械では代替できない付加価値を生み出せないなら、経理はいらなくなるね。」

経理屋「(閉口)」

 

部長もマネージャー陣も、誰も反論できないという悲惨な状況。若手・中堅が揃うこびと株.comメンバーの悲痛なツイートがこちらになります^^

 

  • 管理会計を強化するとか、
  • 業務の効率化を行ってコストを下げるとか、

目指すべきところは色々あると思います。しかし、職場を変えるのは無理。大企業はそう簡単には変わりません。

もう自分たちが変わるしかないと思いました。

 

「サラリーマン+フリーランス」という生活

サラリーマンにはサラリーマンの、フリーランスにはフリーランスの良さがあります。サラリーマンとフリーランスどちらが良いか!という議論には全く興味がありません。

サラリーマン100%が向いている人達もいるでしょうし、フリーランス100%が向いている人達もいると思います。単に適性の違いです。

私に関して言えば、ここ最近働き方について悩む中で「サラリーマン+フリーランス」のハイブリッドを目指してみたいという気持ちが強くなってきました。それは、両方の良いとこどりが出来る気がしているからです。

つまり、「安定」と「自由裁量」の両方を手に入れられるということです。両方中途半端にはなってしまいますけどね。

以前、こんな記事を書きました。

私はもともと「会社とは対等な立場でいたい」と思っています。だから、会社に雇われて拘束されているというよりは、個人事業主として企業の経理/財務を受託しているぐらいの気持ちで働いてきました。

現在は、自立・独立性を担保するために40歳時点で次のような収入構成にすることを目的に頑張っています(いずれも税引後手取りです)。

  • 給与  月額50万円(賞与込み月割り)
  • 配当金 月額5万円
  • 不動産 月額5万円
  • サイト 月額10万円

しかし!思いのほか早く「給与」の方でトラブルが起きそうな予感がしています。断言しますが、私は経理以外の職種に配置転換になるなら転職をします。しかし、AIの進歩が進めば転職時の年収の低下は避けられないでしょう。

40歳を過ぎれば「マネジメントスキル」が求められます。しかし、私はプレイヤー気質なので、チームリーダーにはなりたくないのです。だから、年齢を重ねてからの転職は茨の道だと思っています。

思えば、日本では小学生~大学に至るまで、サラリーマン養成教育といっても過言ではないシステムで労働者を育てています。だから、サラリーマンになった後、「サラリーマンとして食べていけない」ようなトラブルが起きると完全に行き詰ってしまうのです。

生涯プレイヤーを貫くためにも、今のうちにフリーランスとして稼げるスキルも身に着けたい!

実際、サラリーマンとしてのスキルを鍛えるのはもう飽きていたところですしね。

クラウドワークスや、ランサーズの案件を見て回っていると結構ワクワクします。個人の腕前に信用がついていて、好きな案件を受注できるようになればやりがいもあるし楽しいと思います。

 

4つの財布育成計画に新たな要素=フリーランススキルを磨く

再掲します。40歳時点で

  • 給与  月額50万円(賞与込み月割り)※リスク予兆あり
  • 配当金 月額5万円
  • 不動産 月額5万円
  • サイト 月額10万円
  • フリーランス月額5万円(Web制作受託等)

フリーランスとして、月5万円ほど稼げるスキルを新たに磨きたいと思います。幸い、今の職場では残業0時間+有給フル消化が叶う状況です。平日の夜や、休日に仕事を受注することは可能だと思います。

せっかくやるんだから、興味があって楽しい分野をやりたいですね!

給与という安全資産があるので、やりたくないこと、興味のないこと、足元を見られることは一切やる必要がありません。これは大きな強みです。

今のところ、プログラミングに興味津々です。学生時代から興味はあったんですよね。雇われエンジニアはブラックだのIT土方だの色々言われて止められたので結局目指さなかったのですが…むしろ、フリーランスの方が働きたい働き方ができそうです。

早速、いくつかプログラミングスクールのカウンセリングに申し込んだので、相談してこようと思います。

  • 未経験/プログラミング知識ゼロのサラリーマンが
  • Web制作/Webデザインの分野で
  • クラウドワークスやランサーズで月額5万円稼げる

ようになるためにはどうすれば良いのか?そんなことは現実的なのか?聞いてこようと思います。アフィリエイトとも親和性が高いので、SEOやWebマーケティングを本格的に学ぶのも楽しそうです。

 

まとめ

残業ゼロ+有給フル消化の「枯れたサラリーマンスタイル」の中で、新たにやりたいことが見えてきました。今まではサラリーマン生活にどっぷり浸かっていたので、こんなこと考えたこともなかったんですけどね。

とにかく、目的は「ありたい人生を送る」ことです。

  • 収入を分散することで生活の安定性を確保し
  • 十分な時間&自由に使えるお金を持ち
  • 自分の専門スキルを周りの人に提供して喜んでもらう

それが出来れば文句はありません。

「サラリーマン+フリーランス」のスタイルを模索していきたいと思います。

 

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • 経理と言えば、本社の本流、エリート街道、
    そんなイメージだったけどねえ・・・・・・。

    そういえば、私が昔働いていた頃でも、
    本社の各部門も、コストセンターではなく、プロフィットセンターにならないとアカン、
    なんてことを言われてはいたけどね。

    • >mushoku2006さん

      コメントありがとうございます!
      私が入社した10年前から、経理は本社の本流・エリート街道というには程遠い存在でしたねぇ。
      会社によって違うとは思いますが、AIの発達著しい世の中ですから、経理はどんどん肩身が狭くなるのかもしれません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    シーウィード

    こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。