サラリーマンが不労所得20万円を手に入れてどうするのか

スポンサーリンク

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

こびと株.comメンバーは、給与以外に月額20万円の収入を確保することを目的に、株式投資・不動産投資・サイト運営に取り組んでいます。

この20万円という数字がどこからきているのかというと、「贅沢しなければ普通に暮らしていけるであろう金額」です。仕事が嫌いなわけではないので、基本的には「保険」としての位置づけです。

 

保険としての収入の分散化

変化が早く競争の激しいこのご時世です。世の中リスクだらけ!

  • 会社の業績が傾くリスク
  • 身体的・精神的な疾患で働けなるリスク
  • 年金が貰えないリスク

これらのリスクに対する保険として、収入の分散が重要だと考えています。

もし、給与の他に月額20万円の収入が確保されていれば、どんなことがあっても(経済的には)追いつめられることはないでしょう。

  • 給与が減ったとしても、転職すれば良い(給与水準の重要性が低くなると、転職先の選択肢は無数に広がります)
  • 一時的に働けなくなっても、休養に集中して乗り越えることができる
  • 年金にプラスアルファの収入があるので老後も安心

 

若いうちから(といっても、もう30歳オーバーですが)節約・投資に励み、40歳になるまでに確固たる財政基盤を整えたいところです。インカムゲイン拡大を目的とした投資は、資産拡大のペースが遅いため序盤はきついのですが、後半、ある時グっと楽になるタイミングがやってきます。

その頃にはサラリーマンとしての収入も増えているでしょうし、企業で言うところのP/L、B/Sどちらも今よりもずっと優れた状態になっていることと思います。

このように、私たちの収入分散は「アーリーリタイア」を目的としたものではなく、ただの「保険」です。

ただの保険にしてはかけすぎなような気もしますが、なんでこんなことになってるんでしょうねぇ…

一体このリスク回避志向がどこからやってきたものなのか分かりませんが、時代背景なのでしょうか。同世代の友人達もやはりリスク回避志向が強いです。そして、贅沢を是としておらず、自分らしく生きられることを重視している人が多いように思います。

 

満足の原因と、不満の原因は違う

最近、こんなツイートを目にしました。

これは本当に目から鱗で、「お金があっても不満感が減少するだけで、満足感が増加するわけではない」というのはまさにその通りだと思いました。

収入分散というのは、

  • 会社に縛られているという閉塞感
  • 経済的リスクに潰される不安

これらの「不満感」を軽減するのに役立ちますが、決してポジティブな意味で「満足感」を上昇させるものではありません。

 

収入の分散(そして、お金を稼ぐこと)は最終目的ではありません。

不満の原因を除去することにのみ集中するのではなく、自分の満足の原因を見つけて、もしそれがお金によって満たすことができるのであれば惜しみなく資金を投入する。もしお金で解決できるような問題ででないのであれば、お金で「時間」を買って(時短家電を購入したり、宅配サービスなどを利用したり)自分のための時間を確保していきたいですね。

収入分散が叶った後の世界を明確にイメージしつつ、少しずつ前進していきたいと思います。

 

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comのボス(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。