仕事が楽しい!心底そう感じられた時の10の条件

スポンサーリンク

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

最近、会社で大きな出来事がありまして、割と忙しくしています。

絶対に残業しねぇ….!という鉄の信念のもと、まったく残業しない生活を送ってきたわけですが、さすがに今回ばかりは無理。

ということで、最近は連日、休日出勤で仕事をこなしていたのですが…

お仕事楽しすぎてワロタ

という状態が続いていたので、

あれ?なんでだろ?

ということを改めて考えて、整理してみました。これらの条件が揃っていれば、ロイヤルストレートフラッシュです。

 

仕事が楽しい!心底そう感じられた時の10の条件

これなら仕事を楽しめる!
  1. 出社・退社時間が自由
  2. 通勤ラッシュがない
  3. 服装が自由
  4. 作業空間が快適
  5. 上司がいない
  6. 電話が鳴らない
  7. 相性の良いメンバーとだけ仕事ができる
  8. 専門性の高い仕事
  9. 割に合う報酬水準
  10. 感謝される

サクッと見ていきましょう。

 

①出社・退社時間が自由

休日出勤なので、出社時間・退社時間がともに自由です。

私は超朝型なので、5時に起きて6時に出社とかしたいんですよね。そして、集中力が続くのがせいぜい6時間ぐらいなので、午前中に仕事を終わらせたいと思っています。

最近の休日出勤中はまさにそれが叶っていた状態で

  • 6時出社
  • 12時退社

というスケジュールで動けていました(事情があって、午後に出社して深夜に帰った時もありましたが)。うーん、生産性MAXですね。

色々な性格・体質の人がいるなかで、就業時間の定時を一律に定める(9時~17時とか)のってどうなんでしょうね?

 

②通勤ラッシュがない

休日の早朝なので、なんと言っても電車がガラガラ

平日の通勤ラッシュに比べると、まさに天地の差。通勤に時間がかかっても、まっっっったく疲れません。

  • 妙なド付き合いもないし
  • 足の踏みあいもないし
  • 舌打ちとかもないし
  • ゆっくり本も読めるし
  • 座席にも座れるし

ほんと、消耗しない通勤は最高ですね。逆に言えば、ふだんどれだけ通勤電車で疲弊しているかということですね…

 

③服装が自由

休日出勤なので、服装も自由です。

いつもはスーツでガチガチに固めているのですが、休日出勤の場合はほぼジャージみたいな恰好。ゆるくて非常にリラックスできる感じです。サンダルで出社できるし。

ネクタイに首を絞められない服装最高うううう!

ビジネスバックもいらないので、軽~い素材の小さなリュックで、最低限の持ち物だけOKというのも素晴らしい。

 

④作業空間が快適

休日出勤なので、どこの座席・オープンスペース・会議室もガラガラ。好きなところで作業できます。フリーアドレス。

  • 外の景色がきれいに見える
  • 風通しがいい
  • 日当たりがいい
  • 作業スペースが広い

こういうところで作業できるわけです。それでいて雰囲気はオフィスですから、家にいる時のようにダラける心配もないわけです。テレビとか、余計な誘惑もないですからね。

作業空間が快適=生産性MAX

 

⑤上司がいない

最近の休日出勤では、プレイヤー達しか集まっていないので、上司は不在でした。

監督の不在は、湘北高校バスケットボール部の不安要素になりましたが、

上司の不在は、会社の不安要素になりません。

なぜか?

え、だってほとんどの上司って以下略

部下の不調、7割は「彼ら」が原因ーーー

 

⑥電話が鳴らない

休日なので、電話が鳴りません

問答無用で自分の集中力を途絶えさせられるデスコールがないので、集中力が持続します。

ほんと、電話要らないです。

 

⑦相性の良いメンバーとだけ仕事ができる

今回の出来事は、会計/税務的にはめちゃくちゃ難しい論点なので、選りすぐりの経理マン達で対応しています。

上下の関係はイマイチながら、20代~30代の若手・中堅は非常に仲が良いのがうちの職場。

  • 実務指針調べておいて!
  • 他社事例は俺が見ておくよ~
  • 裁決事例に似たような事例なかったっけ?
  • 私は監査法人の指摘に対する反論まとめておきますね~
  • 顧問税理士に照会投げておきますー

こんなやりとりがサクサク進みます。

人に仕事を押し付けたり、サボったり、責任転嫁したり、楽したりしようとしないで、経理が好きな人達だけで遊べるのは最高です。

 

⑧雑務ではなく専門性の高い仕事

やっぱり、専門性の高い仕事というのは充実感があります。おそらく、今私たちがやっている仕事は、グループ企業内のも対応できないでしょう。

だからこそ胸を張って報酬を貰えるし、自己満足度も高くなるというわけです。

専門性があれば将来の仕事にも困りません。余計な不安を抱えなくて済むというのは気が楽です。

経理の仕事は、自分達にとってはゲームみたいなものです。仲の良いメンバーでゲームしていたらお金が貰える。そんな状況です。

 

⑨割に合う報酬水準

しかも報酬水準が高い

6時間で25,000円ぐらいでしょうか。ほとんどストレスがなく、ストレスがないどころとか楽しんでいるのにこれだけ貰えるのは不思議ですね。

  • 週2日×6時間勤務で週給50,000円
  • 週給50,000円×4週間で200,000円

こういう働き方ができれば、あとはブログ収入と配当金で生涯現役も余裕ですね。

※サラリーマンだとこんな勤務形態ないので無理です

 

⑩たくさん感謝される

で、さらにはこんなボーナスも。

めっちゃ難しい話なので、それをまとめて対処すると色々なところから感謝されます

やっぱり

  • ありがとう
  • 助かった、さすがだね
  • 安心して任せられる
  • これからも頼む

面と向かってこういうことを言ってもらえる仕事はやりがいがありますね。

 

仕事が楽しい条件をまとめたら、サラリーマンのままは厳しいなと思った

もう1度、条件をまとめてみます。

これなら仕事を楽しめる!
  1. 出社・退社時間が自由
  2. 通勤ラッシュがない
  3. 服装が自由
  4. 作業空間が快適
  5. 上司がいない
  6. 電話が鳴らない
  7. 相性の良いメンバーとだけ仕事ができる
  8. 専門性の高い仕事
  9. 割に合う報酬水準
  10. 感謝される

これだけの条件が揃えば、私はいつまでも仕事を続けていられると思います。欲張り侍

問題は、一般に、サラリーマンではこういう条件は揃わないということですね。

 

では、フリーになればこの条件が揃うかというとそうでもなく、それはそれでまた困難が伴います。収益力の高いビジネスを作れない限り、自由はないですからね。

いま、若い人たちのなかでフリーランスとして働き、同じような志をもつ仲間で相互扶助をしあって、会社という枠組みに囚われずに生きていこうとする流れがあります。

従来型の会社組織の堅苦しさをみるにつけ、こういう流れが生まれることは必然だな~と感じますね。

でも、わたしは経理マン。独立しようにも、誰かがいないと稼げないお仕事なのです…一緒に仕事してください(´;д;`)

 

ワンチャン、経理受託の経理マンはあり?

中小企業の社長さんとお知り合いになって、経理受託する道もあるかなと思い始めましたね。

ここ最近、経理の仕事が楽しすぎて、やっぱり経理は自分の天職だなぁと再認識しました。大航海時代からのお付き合いですからね。

契約社員として、中で働かせてもらう。

もし私が本当に使える経理マンなら、売り込む術はいくらでもあるでしょう。

  • 決算業務
  • 予算管理
  • 原価管理
  • 資金繰り
  • 税務申告
  • 税務調査対応
  • 企業買収

なんでもござれです。フリーの経理マンとして、週2で働かせてもらうのって、案外いけるかも。ひと1人雇うより安上がりですし、なんならそれ以上の付加価値を出せる自信があります。

 

まとめ:人生は遊び場。楽しく仕事したい

  • 楽しい仕事
  • 割に合う仕事

こういう仕事だからこそ、生涯現役も叶うというもの。

周囲に流されず、自分の理想の働き方を追求していきたいと思います。

I Love 経理。会計税務!

10条件が揃うお仕事、作れるといいなぁ。

 

あなたは、どんな仕事なら生涯現役でやっていこうと思えますか?

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。