就活でのSPI対策はコレだ!SPIの中身から対策方法まで

就活生1
大学の就活説明会に行ったら「SPI対策をしなさい」って言われた。…SPIって何?
就活生2
就活はESと面接だよね、SPIなんてあんまり気にしなくていいよね?
就活生3
SPIの対策ってどうやればいいの?

こんな人のための記事です。

 

この記事を読むとこれが分かる!
  1. SPIとは何か
  2. SPIではどんな問題が出るか
  3. SPI対策でやるべきことは何か

 

SPIって何だろう?

新卒・中途の採用選考の場において、78%の会社で適正検査(応募者の能力や人となりを把握するための検査)が行われています。そのうち、1割程度の会社は自社独自のテストを実施していますが、約9割の会社は外部で作られたテストを実施しています。

この「外部で作られたテスト」の中で高いシェアを誇るのが、SPIです。

SPIは、リクルートが提供する適性検査で、約40年の歴史をもっています。SPI→SPI2→SPI3とバージョンアップしており、現在実施されているのはSPI3です。(これらを総称して「SPI」と呼ぶこともあります)

SPI3には、

  • シェアナンバ―ワン(年間11,900社、189.2万人が受検)
  • 大企業でも中小企業でも使われている
  • 新卒採用(大卒・高卒含む)、中途採用どちらでも使われている

といった特徴があります。(出典:SPI3公式サイト

 

適性検査

採用選考の場で使われる適性検査には、SPI以外にも、いくつかの種類があります。

  • 玉手箱
  • C-GAB
  • TG-WEB

などです。

多くの試験は性格検査と能力検査から成り立っていますが、出題の傾向は検査ごとに異なります。(性格検査・能力検査のいずれかのみを実施する会社もあります。)

業界や会社ごとに使われている適性検査の種類を教えてくれる本があるので、チェックしておくとよいでしょう。

 

試験形式

SPIの試験形式は、4種類あります。

  1. テストセンター
  2. ペーパーテスティング
  3. WEBテスティング
  4. インハウスCBT

「テストセンター」は、リクルートの運営するテスト会場に出向き、設置されているパソコンで受検する方法です。新卒採用では最もスタンダードな方法といえるでしょう。替え玉受検の徹底防止がうたわれています。

「ペーパーテスティング」は、企業の会議室などで、マークシート方式で受験する方法です。4つの試験形式の中で、唯一の紙での試験です。結果だけでなく、受検態度も評価される場合があります。

「WEBテスティング」は、自宅や大学などで、パソコンで受検する方法です。パソコン環境さえあればどこで受検してもかまいませんし、サーバーメンテナンス時間を除けば何時に受検してもかまいません。複数人で協力して解答する、などの不正が起こりうるという問題があります。

「インハウスCBT」は、企業の会議室などで、企業の用意したパソコンで受検する方法です。面接と同日に実施されることが多いようです。

キャリアカウンセラー
この4つの中から、会社側が指定した方法で受検することになります。

 

検査の結果

「テストセンター」でSPIを受検した場合には、結果を使いまわすことができます。過去1年以内に受検経験があれば、新たに受検するか、前回結果を送信するかを選択できる仕組みです。

しかし、検査の結果は、受検者本人には伝えられないことがほとんどです。前回検査の点数がわからないまま、新たに受検するか、前回結果を利用するかの選択をしなくてはなりません。たくさんの企業に応募する就活生にとっては、非常に悩ましい問題になります。

キャリアカウンセラー
辛いところですが、SPI受検後の選考の状況(合格したのか不合格だったのか)などからSPIの点数を推測して、次の企業での再受検or前回結果の利用を判断するしかないでしょう。

 

SPIの使われ方

採用選考の場でよくあるSPIの使われ方は、3種類です。

  1. 足切り
  2. 面接への活用
  3. 配属先決定

 

SPI結果による足切り

いちばんよくある使われ方がコレ、足切りです。会社側でいくつかのチェック項目を設けて、それぞれの項目で必要点数を取得できなかった応募者を、画一的に不合格とします。

  • 能力検査の総合が〇点以下の人
  • 「言語」分野が〇点以下の人
  • 「チームワーク」の項目が5段階評価で〇以下の人

は全員不合格、というようなやり方です。

応募者の多い人気企業で頻繁に行われます。全員分のESを丁寧に読んだり、面接を行ったりする手間を省くためです。

 

足切りはこわい

足切りのこわさは、実際にどんなに仕事ができても、他にどんなよいところがあっても、SPIで必要点数に達しなければ問答無用で不合格となる点です。

知り合いに、非常に仕事のできる、優秀で感じのいい派遣社員がいました。彼は、その能力を買われ、派遣社員から契約社員へとステップアップし、ついに「正社員として働く気はないか?」との打診を受けました。

優秀な派遣社員
わーい、正社員になれるー♪

ところが…

人事部長
正社員として雇用するなら、最低限、SPIは受けてくださいね。

そしてSPI受検の結果…

人事部長
当社の合格最低点を下回っています。正社員として雇用することはできませんよ。

所属部署の部課長がずいぶん交渉したようですが、彼の正社員登用はお流れになりました。

SPIが足切りに使われるというのはそういうことです。他にどんなによいところがあっても、必要点数がとれなければそこで終了。

優秀な派遣社員
こんなことなら、もっとまじめに対策しておくんだった…

すべては後の祭りです。

 

面接での活用

面接前にSPIが実施され、面接官はその結果を見ながら応募者と話す、という形式が考えられます。

リクルート自身も「SPI3によって、面接で確認すべきポイントと質問例がわかる」「面接対策が万全の学生が多い新卒採用でも、人物面を的確に掘り下げて確認でき」るとアピールしています。(出典:SPI3公式サイト

SPIは、面接官の主観とはことなり、客観的なデータとして結果が示されます。そこに沿って面接を行うことで、面接官側のプレッシャーを軽減する役割もあるのでしょう。

応募者側からすると、SPI後の面接には

  • 時間のわりに、突っ込んだ質問をされやすい
  • 能力・スキルだけでなく、性格・人柄にからむような質問をされやすい
  • 自己分析が不十分だと、慌ててしまうような質問もありうる

という特徴があります。

 

配属先の決定

入社後の配属先決定に、SPIが使われることがあります。SPIでわかった能力・性格から、適性を判断して配属先を決めるやり方です。

就職試験の過程で受検させたSPIの結果を利用する場合と、内定後にSPIを受検させられる場合があります。

就活生2
入社後の配属にまで関係するの!?
キャリアカウンセラー
SPIを受検させるために、会社側はひとりにつき数千円の費用をリクルートに支払っています。おカネをかけて得た試験結果ですから、最期まで活用しようと考えるのは当然ですね。
就活生2
そっかぁ。結構大事な試験なんだね…。

 

SPIの内容をのぞいてみよう!

SPI3は、2つの部分から成っています。行動のベースとなる性格特性を測定する「性格検査」と、コミュニケーションや思考・知識取得などのベースとなる能力を測定する「基礎能力検査」です。

 

①性格検査

環境や状況によって変わりにくい様々な行動のベースとなる性格特性を測定します(出典:SPI3公式サイト

質問の形式は2種類です。①あてはまるかあてはまらないかを答えさせる質問と、②自分の考えがどちらに近いかを答えさせる質問です。

あてはまるかあてはまらないか答えさせる質問例
  • 忍耐力には自信がある
  • ウソは一度もついたことがない
自分の考えがどちらに近いか答えさせる質問例
  • 一人で旅行するのが好きだorみんなで旅行するのが好きだ
  • その道の第一人者になりたいor自分らしい生き方をしたい
キャリアカウンセラー
比較的短時間での回答が求められるので、リズミカルに答えていきましょう。

 

性格検査を受けるにあたり、注意することは1つだけ。基本的に正直に答えることです。

理由は2つ。

  1. ウソは大抵バレる。そしてバレると受からない。
  2. バレずに適性の無い会社にもぐりこんでも、入社後に苦労するだけ。

 

SPIの性格検査では、約300の質問がなされます。300もの質問に矛盾なくウソをつくのはなかなか大変です。ウソはバレると考えた方がよいでしょう。

ウソをついている可能性があると判断された場合、人事部に送られる結果報告書の「応答態度」という項目に注意書きがなされます。

キャリアカウンセラー
人事部に「こいつはウソつきだな」と思われれば、内定は遠のくのが普通ですよね。

 

また、矛盾なくウソをつきとおし、それによって内定を勝ち得たとしても、入社後の生活はかなり厳しいものとなるでしょう。

キャリアカウンセラー
就活中はなかなかそう思えないものですが、適性のない会社からは内定をもらわない方がラッキーなのです!入社してからミスマッチに気が付くと、本人も会社もひたすらに苦労することになります。

 

②基礎能力検査

コミュニケーションや思考力、新しい知識・技術の習得などのベースとなる能力を測定します。(出典:SPI3公式サイト

基礎能力検査は2つの分野にわかれています。①言語分野と、②非言語分野です。①言語分野では、語彙力や読解力が問われます。②非言語分野では、計算力や論理的思考力が問われます。(一部、+αで英語能力検査が行われる会社もあります)

言語分野の質問例

以下の5つの熟語の成り立ち方として当てはまるものを、AからDの中から1つずつ選びなさい。

(1)海洋
(2)軽装
(3)開幕
(4)国交
(5)去年

A 似た意味を持つ漢字を重ねる
B 主語と述語の関係である
C 前の漢字が後の漢字を修飾する
D A~Cのどれにも当てはまらない

(出典;SPIノートの会・津田秀樹著「主要3方式<テストセンター・ペーパー・WEBテスティング>対応 これが本当のSPI3だ!【2019年度版】」)

非言語分野の質問例

仕入先から1個1,500円の商品を100個仕入れ、原価の20%の利益を見込んで定価をつけ60個売ったが、残りは定価から10%値引きすることにした。残りを売り尽くした場合の利益の合計はいくらか。

A 22,000円  B 22,400円  C 22,800円

D 23,400円  E 23,800円  F 24,000円

(出典;東洋経済「就職試験「SPI3の非言語問題」は早めの準備を」)

キャリアカウンセラー
ざっくりいうと、言語分野≒国語、非言語分野≒算数、というイメージです。

基礎能力検査を受けるにあたっては、対策が必要です。対策が必要な理由と対策方法については次の項目で説明します!

 

SPI基礎能力検査への対策はコレ!

SPIの対策は、絶対に必要です。「7~8割の学生がSPIで落とされる」とも言われています。足切りにひっかかって志望企業からお祈りメールをもらう羽目になりたくなかったら、最低限の対策はしておくべきです。

 

SPIについて調べていると、時々こんな声がきこえてきます。

どこかの誰か
SPIに対策は無意味だよ。やってもやらなくても結果は同じ。

この手の発言の背景にあるのは、リクルートのSPI3公式ホームページに掲載されている

受検者が「対策本」を利用して短期的な事前学習を行った場合も、能力検査の得点にはほとんど影響がないことを実験により確認しています。

というコメントだと思われます。

リクルートが会社にSPI3を売り込むにあたって、「対策本使われたくらいで点数変わったりしないよ!正確にその人の能力をはかれる試験だよ!」と言いたいのは当然ですね。

 

けれどもこのSPI3公式ホームページ、もう少しよくみるとこんなコメントも掲載されています。(太字は筆者)

能力検査を複数回受検したときの得点変動を平均すると、やや得点が高くなる傾向があります。ただし、その変動幅は受検回数が増えるにつれて小さくなっていきます。

リクルートはこの原因を

  • 検査を受けることに対する「慣れ」
  • 検査形式・問題形式に対する「慣れ」
  • それらのことによる回答所要時間の短縮

だとしています。

 

フルーツ
これらの情報からも、私自身がSPIを受けた経験からも、「慣れるための対策は絶対必要!でも、やり込みは無意」だと思います!
シーさん
そうだねぇ。慣れてないと、あせっちゃう感じの試験だしねぇ。

 

絶対にやるべきSPI対策:模試の受検

SPI対策で重要なのは試験に慣れておくこと。ですから、必ずやるべきSPI対策は「模擬試験の受検」です。

キャリアカウンセラー
就活生のみなさんに必要なのは、ズバリ、この本です!

1冊1,620円!これで内定に一歩近づくと思えば安いもの

この本の良いところは、本試験を疑似体験できるCD-ROMがついているところです。必ず通して試験を体験しておきましょう。

 

SPI対策のホームページはネット上にもたくさんありますが、多くは細切れの問題をいくつか解けるだけ。「模擬試験」と銘打たれているにもかかわらず、実は数問の出題しかないサービスも複数あります。

これでは「試験に慣れる」という目的は達せられません。5分で5問解くのと、70分で70問解くのでは、全く違う感覚になるはずです。

キャリアカウンセラー
ネットで半端な問題を解いて「対策したつもり」になっていると痛い目をみます。しっかりした本を買って、きちんと対策しましょう。1,620円をケチってはいけません。望みの企業に就職できれば、すぐに回収できる金額ですよ!

 

 

時間があったらやってもいいSPI対策:問題パターンごとの演習

さきほど書いた通り、SPIの対策としてやり込みは無意味です。たくさん対策をすればたくさん点数があがるという試験ではありませんから、模擬試験で試験自体に慣れることができたら、あとは他のことに時間を使うのが◎。

そうは言っても不安な人のために、問題パターンごとに演習ができるサイトをいくつかご紹介します。

キャリアカウンセラー
こちらはオマケ程度の認識で良いと思うので、お金はかけずにネットの無料サービスを使いましょう!

 

まとめ:SPIは、対策必須の筆記試験!

  • SPIはシェアナンバーワンの適正検査
  • 足切りに使われたり、面接での話のネタになったり、入社後の配属決定に使われたりする
  • 性格検査と基礎能力検査から成っている
  • 慣れるための対策が必須最新最強のテストセンターを買って、模試を必ず受けておくべき!
キャリアカウンセラー
必要な対策をきちんとやって、足切りにひっかかるようなことのないようにしましょう!

 

みなさまにとって、よい就職活動を♪

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。