これが就活必勝法!就職氷河期に志望企業の内定を勝ち取った元文系大学生が解説

大学生
就活、失敗したくないな…。なんとかうまくいく必勝法って無いのかなぁ…簡単にできる方法だといいんだけど…

こんな風に思っている、大学生・大学院生のあなたのための記事です。

書類スペックもコミュニケーション能力もバッチリで、「就活に不安なんてない!」という人は読まないでください

ここでは

  • 就活不安だけど、失敗したくない
  • 学歴が微妙だけど、逆転したい
  • 面接苦手だけど、志望企業に受かりたい
  • 内定がもらえる確率を、少しでも高めたい

という人のために、就活で超重要な戦略をご紹介したいからです。

 

私フルーツは、就職氷河期の就活生です。

  • エントリーした会社は100社以上
  • 業界によっては、全社もれなく書類落ち
  • ピーク時は、毎日4社以上の面接
  • 一次面接落ちは、数知れず

といった感じに、ずいぶん苦しみながら就活をしました

そして、ひどい失敗を繰り返しながらも、最終的には

  • 東証一部上場企業
  • 財務的な安定性はバッチリ(そう簡単にはつぶれない)
  • 有名な大企業
  • 勤務地は、都内確定
  • 配属先は、管理部門確定(営業を回避!)
  • 福利厚生も充実

という、希望通りの内定をもらうことができました

就職後は、数年にわたり、後輩たちの就活支援も行っています。

フルーツ
これらの経験から編み出した戦略を、ぜひご活用ください!

 

就活必勝法 ポイントは1つだけ

就活に失敗すると、仕事人生は、なかなか辛いものになりがちです。

しかたなくブラックな中小企業に入社。残業代も出ないのに毎日12時間労働。身体を壊して失職。今はニート…。
希望しない職種で毎日どんより…。契約社員待遇だから、毎年雇い止めの恐怖…。いくら働いても安すぎる給料…。

私の周りにも、就活の失敗から、いまだに苦しんでいる友人がいます。

 

もちろん、「就活なんてうまくいかなくても、起業して成功をつかむぞ!」とか「俺はフリーでやっていくスキルがあるから問題ない」とか、そういう人もいると思います。

でもこれ、普通の大学生には、正直難しいですよね。

まずは無事就職して、社会の在り方を知ったり、スキルを身に着けたり、貯金をしたり…そういうことをしておきたいと思っているからこそ、就活にプレッシャーや不安を感じるわけです。

フルーツ
就活する以上、負けるより勝った方がいいに決まってます。ポイントを押さえて、少しでも内定に近づきましょうっ!

 

ポイントは、一貫性のあるストーリー

さて、ここからが本題。就活を有利にする戦略です。

ポイントはただひとつ。ストーリーをもって就活すること

企業側に

  • 確かに、あなたはうちで働きたいんだね。
  • 確かに、あなたはうちで貢献してくれそうだね。
  • 確かに、あなたはこの仕事がしたいんだね。
  • 確かに、あなたはうちと相性がよさそうだね。

といった、納得感を持ってもらうことが重要です。

そのために、一貫性のあるストーリーで、企業側を説得して行きましょう。

 

大学生
えぇ?そんなこと?そんなことくらいで、内定に近づいたりする…?

「そんなありきたりのことじゃ、変わらないよ」

「ほんとは学歴とか資格とか、もっと重要なことがあるんじゃないの?」

「もっと、百発百中の裏技みたいなの、無いの?」

こんな声が聞こえてきそうですね。

でも、「そんなこと」は、とても重要なんです。そして、「そんなこと」ができている就活生は、本当に本当に少ないのです。

 

私が「一貫したストーリーで説得すること」の重要性に気が付いたのは、とある企業の最終面接のときのことでした。

それは、私がやっと手にしたチャンスでした。初めての最終面接だったんです。

志望度もかなり高い企業でしたから、「あれも話そう」「これもアピールしなくちゃ」と気負って出かけていきました。

採用予定数は、1名。形式は、2:2の集団面接。私か、もう一人の候補者(以下、Aさん)か、どちらかが内定を得るという状況でした。

 

結果は…Aさんの勝利!

面接終了時点で、勝者は明らかでした。面接官も、Aさんも、私も、参加者全員が確信していたと思います。

私ももちろん健闘しましたが、Aさんの話は説得力が違いました。

彼女は、最初から最後まで、剣道の話しかしていなかったんです!

  • 成功体験を聞かれても、剣道の話
  • 失敗体験を聞かれても、剣道の話
  • 志望動機を聞かれても、剣道の話
  • 自己PRも、もちろん剣道の話

幼いころから取り組んできた剣道と、そこから得た能力(忍耐力・リーダーシップ・計画性など)、そしてそれを活かして今後やっていきたいこと…。

自分はどんな人で、どんな仕事をしたくて、どうしてその会社に入りたいのか…何を聞かれても彼女は、それだけを語っていました。剣道の話を通して。説得力をもって。

フルーツ
これは勝てないなって思いました。そして、次の面接から、私なりの「一貫性のあるストーリー」を語ろうと思いました。

 

その後、私は試行錯誤を繰り返し、

  • 私はマジメなコツコツ派で
  • 高校生のときから簿記が大好き。
  • 大学では経営学を学んだ。
  • 今後は経理で貢献しながら、数字を読めるようになって
  • いつかは数字の面で経営をサポートする役割を担いたい。

というようなストーリーを考えだし、志望企業毎にカスタマイズして使うことで、なんとか内定を勝ち得たのでした。

フルーツ
今思えば下手っぴなストーリーですが、保有資格(簿記)や所属していた研究室などが、説得力を持たせるのに役立ちました

 

人間というのは、多面的な生き物です。どの面に光を当てるかによって、ずいぶんと違った印象が生まれます。

就活では、自分のやりたいこと・志望企業などによって、「自分のどの面に光を当てるのか」を工夫する必要があります

例えば私の場合…

  • 出版社に就職したいなら、「読書好き」
  • 金融業界に入りたいなら、「証券アナリスト」
  • 経理をやりたいなら、「簿記資格保有者」
  • Web制作をやりたいなら、「ブログ運営者」

という面を強調するでしょう。

「読書好き」も、「証券アナリスト」も、「簿記資格保有者」も「ブログ運営者」も、全て私のことです。でも、どれを強調するかで、聞き手の印象は違ってきますよね?

正しいポイントを強調することで、一貫性のあるストーリーを作っていくことが大切です。

フルーツ
ストーリーをつくると言っても、ウソをつく必要はありませんよ!

 

失敗したくない就活生のあなたへ

就活では「一貫したストーリーで説得すること」が重要だと書きました。

一貫したストーリーを作るには、自分のプロフィールのうち適切な面にだけ光を当てて、企業側にわかりやすいようにアピールする必要があります。

 

大学生
でもそれ、実は難しくない?

そうなんです。

一貫したストーリ作りを、ひとりでやるのは結構大変です。

  • どんなストーリーが、企業側に響くのか?
  • どこを強調すれば、一貫性がでるのか?
  • この話し方で、説得力はあるのか?

といったことが、自分ではなかなかわからないからです。

 

私の場合も、

  1. ストーリーを作ってみる
  2. エントリーシートが通らない
  3. 強調するポイントを変えてみる
  4. 面接で失敗する
  5. ①からやり直し

みたいな試行錯誤を、何十回も繰り返すハメになりました。

 

大学生
何十回も失敗するなんてイヤだよぉ…。なんとかならないの?

そんな人は、プロの就活アドバイザーに相談するのが一番です。

家族や先輩に相談する手もありますが、できればプロを味方につけておきたいもの。情報量もサポート力も、プロは一味違います。

実際に利用した後輩も、自分のアピールしたいことが明確になったとご満悦でした。

特にキャリアチケットは、オーダーメイドの就活支援が売りです。自己分析からES指導、面接・グループディスカッション対策までマンツーマンでサポートしてくれます。

個別の対策に何度でも付き合ってくれますし、内定までの期間も最短2週間です。企業側の目線を示してくれるアドバイスが、利用者に人気の就活サービスです。

 

キャリチケットのサービスは全て無料です。就活生の負担はゼロ円です。

あなたがすべきことは、キャリアチケットに登録して、プロの就活アドバイザーと面談することだけです。

それだけで、就活の結果が…ひいては人生が、変わってくるのです。

繰り返しますが、サービスの利用には1円もかかりません。使わない理由は無いんです。

登録や面談をめんどくさがって、結局無い内定なんてことになったら、目もあてられません。登録・面談なんかより、ずーっとめんどくさいハメにおちいるでしょう。

フルーツ
プロの助けを借りましょう。キャリアチケットで、内定GETです!

 

就活必勝法まとめ

就活のポイントは、一貫性のあるストーリー。これで企業を説得することです。

納得感のあるストーリーでアピールできれば、就活での勝利は間違いありません。

 

とはいえ、ひとりで適切なストーリーをつくるのは難しいもの。ここは、プロの力を存分に利用するのがよいでしょう。

  • 最新の就活情報にもとづき、
  • 客観的で
  • 企業目線を理解した

就活のプロのアドバイス…有るのと無いのとでは大違いです。

 

具体的には、オーダーメイドの就活支援を提供してくれる、キャリアチケットを使うのがおすすめ。

登録して、アドバイザーと面談するだけなので簡単です。

登録作業は30秒で終わりますし、費用は完全無料!ゼロ円で利用できちゃうんです。

 

フルーツ
プロと作ったストーリーを使って、志望企業の採用担当者をバッチリ説得してくださいね!

あなたが志望企業に内定しますように。

それではまたっ!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。