「就活がいやだ!」そう思うなら、この方法で決まり。

スポンサーリンク

「就活なんてしたくない!」という就活の大学生・大学院生。

就活なんてもういやだ!」という就活の大学生・大学院生。

この記事は、そんな方々に読んでいただきたい記事です。

就活について思い悩む日々は終わりにして、学生生活をバッチリ楽しみましょう

 

就活がいやだと思う、その理由

「就活がいやだ!」と思うその気持ち、私もとてもよくわかります。

まさに私も、「就活がいやだ!」と苦しむ就活生のひとりだったからです。

  • 100社以上に出したエントリーシート…
  • 日に3度もある面接…
  • 複雑になっていく同期との人間関係…
  • 手に入らない内定…

半分ノイローゼになった就職活動の日々…あの辛さは今でも忘れません。

 

就活がいやな理由なんて、いくらでもあげられます。

  1. 面接苦手
  2. エントリーシートめんどくさい
  3. 内定とれるかどうか不安
  4. 就職先がなかったらどうすればいいのかわからない
  5. スーツ着るのだるい
  6. お祈りメールむかつく
  7. 何もかもバカバカしく感じる
  8. 説明会予約できない
  9. リクルーターこわい
  10. オワハラうざい
  11. 圧迫面接とか恐怖 …etc.

まだまだまだまだ、たーっぷりあります。

さて、今日はぜひ、大量の「就活がいやな理由」の中から、自分がほんとうに感じていることを探してみてください。

自分がいやなのは、就活のどの部分なのか見きわめて、「いやな就活を回避する方法」について考えていきましょう。

 

いやな就活を回避するたった2つの方法

いやな就活を回避する方法は、2つしかありません。

  1. 就職するのを止める
  2. いやにならない方法で就活する

それぞれについて、見ていきましょう。

 

方法①就職しない生き方

就職自体をやめてしまう方法です。

  • 家業を継ぐ
  • フリーターになる
  • 起業する
  • フリーランスになる
  • ニートになる
  • 専業主婦(主夫)になる

などが考えられます。

 

最近の流行りはフリーランスでしょうか。

  • ブロガー
  • アフィリエイター
  • ライター
  • エンジニア
  • デザイナー

いろいろな職種で、組織に所属することなく生計をたてている人がいます。

会社員の私から見ても、彼らの自由な暮らしには、心惹かれるものがあります。
スキルのある個人にとっては、悪くない生き方かもしれません。

とはいえ、就活や会社員生活とは別な面で、苦労は少なくない様子。

収入の不安定さから極端なハードワークに走ったり、少ない保障や少ない仕事に苦しんだり、かなりのエネルギーを必要とする選択肢のようです。

 

一方、専業主婦というのは、昔から時々ある選択肢ですね。

私自身が就活をしていた頃にも、「就活がイヤだから婚活を始める」というような友人も(少数ながら)存在しました。

専業主婦という道を選べば、確かに就活はしなくて済みます。

とはいえ、今はこんな本が出版される時代。

婚活には就活とはまた違った悩みがあるでしょうし、こちらもなかなか苦労ナシには済みそうにありません。

 

個人的な見解ですが、「就職しない」という選択では

  • 環境(継ぐべき家業がある・婚約者がいる・頼れる経済状況の親がいる等)
  • エネルギー(起業する・フリーでやっていけるスキルを身につける等)

といった要素が重要になってくるように思います。

 

「就職自体をやめてしまう」という方法について、覚えておきたいことは2つです。

  1. 就職なんてしなくても、生き方はいろいろある
  2. でもどの選択肢にも、苦労はある

当たり前の2つです。
でも、就活でどんよりしているときには忘れがちな2つでもあります。

 

方法②いやにならない就活必勝法

2つめの方法は、

  • 楽に
  • 短期間で
  • 手間をかけずに

就活する方法です。

方法①を選べるような環境ではなく、エネルギーも無い場合におすすめです。
(リスクが嫌いな安定志向の人にもおすすめです。)

 

突然ですが、無事に就活が終わったら、何をしたいですか?

「何もかも忘れて飲み明かす」

「彼女とデート三昧」

「時間を忘れてゲーム」

「旅行いきまくる!」

無事に内定がとれれば、将来の心配もなくなり、安心して学生生活を楽しめますよね。

私も、学生生活の記念に、イタリア旅行を楽しんだのを覚えています。ヴェネツィアはすてきだったなぁ…(会社員になってからは、こんな長期間・長距離の旅行はできなくなってしまいました)

 

とはいえ、就活は甘くはありません

説明会にエントリーシート、自己分析に業界分析、SPIにグループワーク、個人面接に集団面接…。

毎日がんばっても、希望の会社からの内定はなかなかもらえません。

「オレなんて、どこからも必要とされないんだ…」

とイヤになっているあなた。

実は、就活を勝ち抜くには近道があることを知っていますか?

 

近道の使い方はとってもカンタン。
難しいことは少しもありません。

学歴も資格も必要ないですし、「コミュニケーション能力が高い人に限る」みたいな条件もありません。
お金も全くかかりません。
準備にかかる時間だって、30秒程度です。

必要な情報を30秒程度で入力するだけで、就活ゴールへの近道が開けるのです。

 

「そんな事言って、結局内定なんかとれないでしょ」

と思ってしまう人もいるかもしれません。

でも、実際に、この方法で内定を得ている学生はたくさんいます。

うまくいかないのは、最初の30秒をめんどくさがってしまった人たちです。

「就活がいやだ」と思うなら、まずは試してみるのが正解だと思います。

 

さて、ここまで「就活成功への近道」のすばらしさを語ってきました。
でも、ひとつ謝らなければいけない事があります。

「近道の使い方はとてもカンタン」と書きました。

しかし、これは「就活のプロに会って(または電話で)カウンセリングを受ける」ことができる人にとってカンタンという意味です。

約束の時間に出向くことができない、誰にも会いたくない、もう何ひとつやりたくない…という人は、この近道を使うことができません。どんな状況の、どんな性格の学生でもオッケー!というわけではありません。

 

けれども、たった一度です。

たった一度だけ、カウンセリングに出向けば、それで未来を変える可能性に巡り合えるのです。。

1週間で内定、もしくは即日内定という事さえあります。

本当に効果的な近道なので、カウンセリングに行ってみようと思える人は、ぜひ試してみてください。私の後輩も、この近道を使ってサクッと就活を成功させ、残りの学生生活を存分に楽しんでいます。

これからの日本は、若年層の減少によって労働力が不足することが分かっています。就職してその会社に合わなければ、転職すればいいだけの話なんです。昔と違って、今や一生同じ企業に勤め続けるような時代ではありません。

  1. サクッと就職して
  2. サクッと転職して

そういうことを繰り返しながら、理想の生活を求めていける時代です。

 

近道を使えば、うんざりする就活とはすぐにオサラバできます。
生活がガラリと変わるかもしれません。

やることはカンタン。

  • 30秒で予約
  • カウンセリングに出向く

これだけです。

あとは、就活のプロが、あなたを正しい方向に導いてくれます。
もちろん、学生の皆さんは完全無料です。採用コストは企業が負担してくれてますからね。

ここで「怪しいな…」と思って何もしないのか、それとも「無料だし、ちょっと行ってみるか」と思って一歩踏み出すのか…それが、人生のターニングポイントになるかもしれませんね。

もちろん強制はしません!

でも、就活はもうイヤだ、早く内定をとって終わらせたい、自分を変えて新しいステージにいきたい、そう思うなら、ぜひ利用してみてください。

30秒で、人生が変わるかもしれない大チャンスです。

キャリアチケットという、とても評判のいい就活支援サービスへのリンクです。使って損はありません。

 

まとめ:就活がいやだ!と思う人が選ぶべき道

  • 環境が整っている
  • エネルギーはたっぷりある(誰にも負けない!)

という人を除けば、やはりまずは就職するのがおすすめです。

 

とはいえ、すでに「就活はいやだ!」と思ってしまっているあなた。

イヤなものはイヤでOKです。
わがままでもなんでもありません。
イヤなことは止めましょう。

イヤでない、楽な就活をしましょう

でなければせめて、効率的な就活をして、短期間で終わらせましょう

就活エージェントサービスを使えば、それが可能です。

プロの助けを借りて、イヤな思いの少ない就活を!
楽で効率的な就活を!

完全無料ですから、安心して登録してくださいね。もし1度面談してみて「合わないな…」と思ったら、利用をやめればいいだけです。めちゃくちゃ引き留められたりとか、そういうのはないから大丈夫です。

「就活支援サービスだっていろいろあるのに、なんでキャリアチケットなのさ?メリットデメリットちゃんと教えてよね!」という慎重派のあなたは、以下の記事をご覧ください。

【キャリアチケット】評判・口コミ・メリットデメリット…実態を徹底解説!

2018.04.16

 

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA