【七転び八起き】失敗から立ち直るための7つのポイント

ああ…また、やっちゃった…。最近、失敗ばっかりで気持ちが晴れないわ…
サラリーマン
ボクも仕事で失敗ばかり。立ち直ろうとする気力もなくなってきちゃったよ…

こんな人のための記事です。

 

仕事で、学校で、恋人・家族との関係で、友達付き合いで…。

「ああ、やってしまった。失敗した…。」

こう思うこと、少なくないですよね。

ありとあらゆる場所で起こり得る”失敗”。

  • 誰だって失敗はするんだから
  • 次に気を付ければいいんだから

そう自分に言い聞かせてみても、なかなか立ち直れないことって、ありますよね

 

私自身、小さいコトから大きいコトまで、毎日のように失敗しつつ生きています。

  • 雨予報だったのに傘を忘れた
  • カフェでコーヒーをひっくり返した
  • 友達に言わなくていいことを言ってしまった
  • 取引先に誤った内容のメールを送った
  • 試験でマークミスして落ちた
  • ボッタクリ保険に加入してお金をムダにした

新人時代、生意気なことを言って1年以上も仕事を干された経験があります(笑)本気で仕事辞めようと思ってました。

【失敗に悩む新人へ】ミスだらけの新人時代を過ごした9年目社員より

2019.05.23

 

フルーツ
あとは、若すぎる結婚に失敗して離婚したりとか…

とまぁ、いろいろと失敗しまくりながら生きています

 

とはいえ、毎日は過ぎていきます。

今日も明日も、生きていかなければなりません。

フルーツ
キツくても、それでもいつかは立ち直らないと!
この記事のポイント

失敗から立ち直るには

  1. 落ち着く
  2. 失敗を認める
  3. 今からできることに集中する
  4. ”できることしか、できない”という事実を受け入れる
  5. できることから逃げない
  6. 凹んだ気持ちに人を付き合わせすぎない
  7. 気分転換をする

などの注意点を守ることが重要。

フルーツ
自分のためにも、迷惑をかけた誰かのためにも、優しくしてくれる誰かのためにも、なんとか立ち直って、前を向くべきです
  • 失敗して落ち込んでいる誰かの役に立ちたくて
  • 今日もまた、色々やらかした自分を奮い立たせたくて

この記事を書いています。

 

失敗から立ち直るための7つのポイント

 

ポイント①落ち着く

失敗すると、焦りますよね。

テンパって、混乱して、心臓がバクバクしたり、泣きそうになったり、無意味に走り出しそうになったりしますよね。

フルーツ
でも、まずはとにかく深呼吸。

落ち着くことが第一です。

なぜなら、落ち着かないと、失敗の上に失敗を重ねるハメになるからです。

※経理処理をしていて、”5,000″を”50,000”と入力→指摘されてテンパる→今度は”500,000”と入力→上司キレる…みたいな経験は、1度や2度ではありませんw

 

よく言われることですが、失敗は、その後のリカバリー対応の仕方によっては、むしろ信頼を得るチャンスになります

でも、落ち着いて行動できないと、

  • チャンスを活かせないだけでなく
  • 決定的に信頼を失うきっかけに

なってしまいます。

フルーツ
私自身、失敗すると激しくテンパるタイプ。新入社員時代は、テンパりすぎて泣き出してしまったことも…

失敗に気づいたそのときこそ、落ち着くことが大切です。

 

ポイント②失敗を認める

失敗すると、言い訳をしたくなるのが人情です。

  • だって、忙しすぎたし
  • 〇〇さんがこう言ってたし
  • そもそもコレ、私の担当だったか怪しいし
  • っていうか、あっちこそ、もう少し気をつけてくれれば…

言い訳を考えていると、「いや、これは言い訳じゃない。正答な主張だ」と思えてきたりもします。

フルーツ
でも、失敗を認めて正面から向き合わないと、本当に立ち直ることなんてできません

 

まずは、自分に対しても、周りに対しても、きちんと失敗を認めることです。

失敗を認めないと、誰も助けてくれなくなります。

そしてそれ以上に、”自分の失敗じゃない”と逃げ続ける限り、その失敗から学ぶことは永遠にないわけです。

フルーツ
これでは、失敗しただけ丸損ですよね。

 

ポイント③今からできることに集中する

失敗に気づいたときは、どうしても「自分がやらかした失敗」に気持ちがいってしまいがちです。

でも、その場で考えるべきことは、とにかく「”今から”できることは何か」。

フルーツ
まずはとにかく今から、ここから、できること。凹むのはあとでいくらでもできます。

 

サラリーマン
失敗が分かったあとでできることなんて…

できるコト・しなければならないコトは、たくさんあります。

  • いさぎよく謝る
  • 影響範囲をさぐる
  • 対応策を考える
  • 再発防止策を示す
  • 次の機会で好成績をあげる
  • 場の空気を整えるため、ひかえめに、しかし明るくふるまう

などなど。

フルーツ
こういうポジティブな姿勢を忘れないのが、失敗してしまった私の責任なのかも、と思っているのです

※失敗した本人が「どんまいどんまい、次しっかりやりましょ!」みたいなポジティブすぎる姿勢をとっているとドン引きされるので、バランス感は気を付けましょう(笑)

 

ポイント④「できることしか、できない」という事実を受け入れる

フルーツ
私には、私にできることしか、できないんだよねぇ…

当たり前ですね。(笑)

私たちは、自分自身の「能力」や「性格」からは逃げられません

泣いても叫んでも、できないことはできないんです。

どんなに気に入らなくても、自分の現状は受け入れる以外にありません。

すねることも、開き直ることもなく、静かに事実を受け入れましょう。瞑想!

 

もちろん、今できないことも、「できるようになる」という選択肢はあります。

けれどもツライことに、多くの場合、「できるようになる」ためには、失敗を重ねることが必要です。

フルーツ
現状を受け入れて、否応なく発生する失敗を引き受けることでしか、先に進むことはできないと思うんです

 

ポイント⑤できることから逃げない

「できることしか、できない。」

それを受け入れた先に出てくるのが

フルーツ
できることを全力でやろう

という決意でしょう。

 

どーせできないんだから、もう知らないわ…

そんな風に、”落ち込んでいる私”の中に逃げ出してしまうのは、ちょっとズルい感じもしますよね。

私もこういうズルをたくさんしてきました(今も時折やりますw)。

でも本当は、今の自分の能力の中で、できることがあるはずなんです。できる努力があるはずなんです。

 

そんなの無いのよ。私はダメなんだから。

そんなはずはありません。必死になって探して下さい。

どんなに小さなことでも、必ず見つかるはずです。

それを探さないのは、単なる手抜き

 

私自身、

  • 完全に干からびるまで、仕事を干されたり
  • ズタボロになって離婚したり

大きな失敗を乗り越えられた時は、結局のところいつも「今できることを全力でやった時」だけでした。

フルーツ
「追い詰められる必要はないけど、手抜きはダメだよね」と私は毎日自分に言い聞かせています…!

 

ポイント⑥凹んだ気持ちに人を付き合わせすぎない

「やらかしたっ!」と思っているときに色々と気を付けるのは、実際のところキビシイものです。

それでもせめて気を付けたいのが、”落ち込んでいるアピール”をしないこと

失敗して傷ついている私の心を癒してっ!

と叫びたくなる気持ちは、よくわかります。

フルーツ
お願い誰か優しくしてっ…なんて気分になっちゃうとき、ありますよねぇ…

 

でも最終的には、自分のやらかしたことの責任は、自分でとらなくてはいけません。

(気が済んだら)周りの人にツラい気持ちをアピールするのはやめて、冷静になりましょう。

フルーツ
もちろん「一切グチを吐いてはならん!」とか「誰にも甘えてはならん!」とか言っているわけではありません

けれども、落ち込んでるアピール(無意識のアピールを含む)は、聞いている人を疲れさせるもの。

たまになら優しく付き合ってくれる人でも、繰り返されれば”うんざり”してくるのが当たり前です。

相手を呆れさせてしまう前に、立ち直る必要があります

 

ポイント⑦気分転換をする

一通り自分と向き合ったら、あとは気分転換です。

  • 気持ちは後でついてくる。いったん無理にでも笑顔だ!
  • とりあえず体を動かすの1番。走ろう!
  • ひとしきり感情を吐き出すのが先。家に帰って泣くぞ!
フルーツ
失敗に関することを、ひとときでも頭から追い出せるなら、なんだって正解だと思います♪

 

  • 世界で1億回再生された人気音楽を聴いてみる
  • 1ピース2,000円の高級ケーキを食べる
  • 中学時代からの親友に会う
  • 皇居付近を優雅にお散歩をする
  • 一心不乱に10万文字、ブログを書く
  • 12時間たっぷり眠る

やり方は、人それぞれですね。

 

サラリーマン
7つのポイントねー。分かるけど、大変だね

私自身、自分に言い聞かせるつもりで解説をしてきました。

実際のところ、7つのポイントを守れない日なんて数えきれないくらいありますし、

  • テンパって失敗の上に失敗を重ねることも
  • 失敗を認められずに言い訳をすることも
  • 自分の能力や性格に嫌悪感しか持てないことも
  • くらーい気持ちに友達を巻き込んで後悔することも

ありすぎてイヤになるほどですw

フルーツ
それでも、前に進むことは義務かも。と思って戦っているんです!

…と、いうわけで、次は「失敗から立ち直るのは義務かもと思う」についてまとめます。

 

失敗から立ち直るのは「義務」かもと思う

私、失敗多すぎ。もう無理。立ち直るとか考えれない。

気持ちは、よくわかります。本当に、よくわかります。

でもダメです。ダメなんです。

言い切ります…!

あなたには、立ち直る義務があります。

(あると思うんです。)

 

  • あなた自身のために
  • 迷惑をかけた誰かのために
  • ほんのちょっとでも優しくしてくれた誰かのために

果たすべき義務です。

フルーツ
1つずつ、解説していきますね

 

あなた自身のために、果たすべき義務

失敗を何に活かすこともなく、ただ凹んでいるのは、あなた自身のためになりません。

  • ツライ
  • 進歩しない
  • 失敗を繰り返す
  • やっぱりツライ
  • ずっとツライ

こんなの、誰だってイヤです。

フルーツ
失敗しただけで、十分キツイ。そこから立ち直らなかったら、さらにキツイ。…そんなの、二重に損してる感じです。

 

どうせツライ思いをしたんだから、自分を受け入れましょう。

せっかくツライ思いをしたんだから、次に活かしましょう。

もうツライ思いをしたんだから、笑いましょう。

フルーツ
へこんだまま立ち直れずにいるなんて、じぶん自身に失礼だ!

 

迷惑をかけた誰かのために、果たすべき義務

あなたの失敗で迷惑をかけられた人から見ても

  1. その後、あなたは凹み続けている
  2. その後、あなたはそこから学んで頑張っている

どちらが良いかは明白です。

フルーツ
①あなたが凹み続けていたら、なんていうか、迷惑かけられがいがありません

 

もちろん、実際には、迷惑をかけた相手の反応は様々でしょう。

ま、次に活かしてくれるなら、オレのことはいいよ

という人もいれば、

マジ迷惑だったわ。地獄に落ちてほしいね

なんていう人もいるかもしれません。

 

でも、世の中全体のことを考えてみて下さい。

あなたが失敗したことで、

  • 迷惑をかけられた人への影響:マイナス

これは確定です。

 

けれども、あなた自身への影響

  1. マイナス(落ち込みっぱなし)
  2. プラス(立ち直って次に活かした)

の両方を選択できるわけです。You can choose!

フルーツ
あなたへの影響が②プラスなら、迷惑をかけられた人も「自分のマイナスにも意味がある」と思えるかもしれません。

でも、あなたへの影響も①マイナスだと、寂しすぎますよね。

 

優しくしてくれた誰かのために、果たすべき義務

あなたが失敗したとき、周囲の反応はどうだったでしょう。

  • リカバリーを手伝ってくれた人
  • 言葉をかけてくれた人
  • あなたを思って叱ってくれた人

など、優しい対応をしてくれた人がいたのではないでしょうか?

 

そういう人が見当たらない場合でも、今まであなたが暮らしてくる中で、

  • ほんのちょっとでも優しくしてくれた誰か

には、きっと思い当たるはずです。

フルーツ
「もう立ち直る気力なーい」と自分を放り出してしまうのは、こういう人の気持ちをにすることです

自分を丁寧に扱うことは、自分に優しくしてくれた誰かに対する義務だと、私は思います。

せっかくだから、「優しくして良かった」「面倒みてあげて良かった」「助けてあげて良かった」と思われる自分になりたいものです。

 

まとめ:できないことはできない。それでも進むしかない。

生きていれば誰だって、失敗はします。「私どーしよーも無いな」と思うことも、「もう立ち直れない!?」と悩むこともあります。

今日の失敗をやっとリカバリーして、

フルーツ
もう失敗はしない!

と決めたところで、自分の能力・性格は、短期間には変わりません。

だからきっと、また失敗をするのでしょう。

 

それでも、また立ち直って、歩き続けるしかないんです。

それは

  • 自分のために
  • 迷惑をかけた誰かのために
  • 優しくしてくれた誰かのために

果たすべき義務なんだと私は思います。

 

生きていると、毎日いろんな失敗をするし、立ち直るのに手間ヒマかかることも多いです

だからこそ、しんどいことも多いけど、同じくらい、楽しいことも多いのでしょう。

  • そういえば、ああいう失敗はしなくなったな
  • コレ、1年前はできなかったけど、できるようになったな
  • 散々叱られたあの上司に、今日は褒めてもらえた
  • 今週は失敗が続いたけど、明るくがんばれな

そんな小さな喜びを噛みしめて、少しずつ進んでいきたいと思います。

フルーツ
失敗して、立ち直って、ちょっとずつ前にっ!

それではまたっ!

 

※関連記事です

【凡人の生き方】「自分は凡人かも」と思ったらやるべき7つのこと

2019.12.03

令和時代の「身の丈に合った生活」と、身の丈に合わない生活を送り続ける人の末路

2020.01.10

【普通の生活】普通の暮らしって一体何?どうすれば手に入る?

2020.01.14
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。