やってみたいスモールビジネスリスト2018

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

4つの財布づくりに注力しております。

  1. 給与
  2. 配当
  3. 家賃収入
  4. 事業(サイト運営)

先日のスキーム(参考:税金と社会保険料を最適化しつつ、好きな仕事で遊ぶための研究)で、こびと株のメンバーとマイクロ法人を共同設立する場合、何を事業にするかは悩ましいところです。

事業候補は、サラリーマンのうちに育てておきたいですね。月20万円なら、兼業でもなんとかなるかな?

法人の事業とする条件は

  1. 安定した需要を獲得できること
  2. 拡張性がないこと(スキーム上、労働集約的ではなく、年商約300万円以上に売上が伸びてしまう可能性のあるものは個人事業の方がいい)
  3. 法人運営経費がほとんどかからないこと(オフィス不要、販売促進費や研究開発費が不要)
  4. 在庫を持たないこと

色々ありますが、ざっくりこんな感じでしょうか。

 

現状、興味のある金策候補はこんな感じです。

 

ビジネス候補

ビジネスの種
  1. 簿記講座
  2. 経理マン転職支援
  3. ファンダメンタル分析講座
  4. LP製作
  5. フリーランスCFO代行

 

簿記講座

簿記は超得意なので、有力候補。10年以上にわたる大企業・子会社の経理実務経験を交えた、本当に使える簿記の知識を提供できるでしょう。

簿記2級/簿記3級は研究され尽くして飽和してる感があるので、狙うなら1級かな。会計士や税理士は、せっかく難関試験に合格したのに簿記1級の先生にはならないですしね。

簿記2級+ビジネス会計検定2級の同時対策講座とかならアリかもしれない。そういうの、まだないので。

 

経理マン転職支援

これもできますね。というか、すでにチョコチョコやってます。このへんは、経理業界の実状、経理実務を知らない転職エージェントより有用な情報が提供できるかと。

もちろん、転職市場全体の話とか、キャリアコンサルの技術になると勝てませんが。キャリアコンサルの先輩がいるので、協業でもいいかもしれない。

 

ファンダメンタル分析講座

できるけど…ファンダメンタル分析の技術と株のパフォーマンスはあまり関係ないからなぁ…市場が効率的になればなるほど…

小型株集中投資なら歪みも取れるかもしれませんが、自分自身がそういう投資をやらないですから、説得力があまりにも微妙です。

金にならなくてもいいから、ファンダメンタル分析をしたい!という層がどれほどいるのか…

 

LP(ランディングページ製作)

今はできないけど、単純に楽しそうです。現在、休日にhtmlとcssを学習中です。亀の歩みですが、面白いんで良いでしょう。

ただ、デザインセンスが致命的にない。思考停止コーダーでも全然いいんですけど(事業ポートフォリオのなかに単純作業があった方がいいw)、まぁこのあたりは今一生懸命考えてもしょうがないでしょう。

とりあえずコツコツ勉強続けます。

 

フリーランスCFO代行

現在色々と試行錯誤中です。実際に、1名のフリーランスさんと一緒に活動中。

これも本業の経験を100%生かせる事業候補ですね。経理代行だけだと差別化できないので、他のところでメリットをたくさん提供できたらなと。

 

やってみたいことがいっぱい

上記の他にも、『スモールビジネスの種』を探していきたいと思います。

ちなみに、個人事業の方ではサイト運営をやります。株も不動産も法人には持たせません。

  • 週2~3のお仕事で
  • 場所と時間拘束がなくて
  • 月の手取りがトータル30万円くらい

あら素敵。家族と友達とのんびり暮らしたい。目指せ『よつばと』ライフ。

最近は、売上拡大の無限ループは別にいいや…という感じになってきましたねw

どの種を育てようかな~

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。