長時間労働・残業まみれの生活は、サラリーマンのリスク・リターンのバランスを崩壊させる

スポンサーリンク

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

サラリーマンって、言葉通り「組織の歯車」なんですよね(別に、卑下しているわけではありません)。

  • 1つぐらい歯車に不備があっても組織全体としては回るし
  • もし壊れたら交換すれば済むし
  • ただの歯車なので、当然、機械(組織)が生み出した果実にはありつけません

うちの職場には「スーパー経理マン」と呼ばれた40代のプレイングマネージャーがいました。職場の同僚達は、皆口を揃えて「彼がいなくなったらうちの職場は成り立たない!」と言っていたのですが、実際は全くそんなことはありませんでした。

彼が異動した後も、まるで何事もなかったかのように組織は回ってしまったのです。しかも、いかに彼がスーパーな存在と言えど所詮はサラリーマン。給料は同年代のやる気のないサラリーマン達と大して変わりません。

彼が「ま、サラリーマンなんて誰がいてもいなくてもあんまり変わらないんだよ。」と自嘲的に言ってのはとても印象的でした。

このように

  • 承認欲求が満たされにくい(自分の貢献具合が分からない、自分の存在意義に疑問)
  • おいしいところにはありつけない

という「所詮歯車」なところは、サラリーマンの大きなデメリットと言えます。しかし、裏を返せば「歯車に過ぎない」ことはメリットでもあります。

なぜなら、自分の役割さえ最低限こなしていれば、特段大きな貢献をしなくとも給料・身分保障という安定が得られるからです。

 

歯車の仕事は、決められた時間内に決められた役割をこなすこと

「所詮歯車」なサラリーマンに対しては、貢献に対する莫大な見返りは用意されていません。機械(組織)そのものの管理人である経営陣に対しては、

  • 高額な役員報酬
  • 多額の役員退職金
  • ストックオプションなどの+αのインセンティブ

などが用意されていますが、彼らは歯車ではないので当然の待遇です。

(現在の法制では、1億円以上の役員報酬を得ている上場企業の役員は、その事実を有価証券報告書へ記載して開示する義務があります。「年収1億円超」の上場企業役員530人リストを見ると、高額報酬を受け取っている役員の会社名・氏名が分かります。)

一般に、日本のサラリーマンは役職や給与の範囲を超える「(都合の良い)責任感」を押しつけられがちですが、その責任に見合う報酬を受け取れない歯車がそこまで頑張る必要があるのかは疑問です。

もしそんなに頑張りたいのなら、サラリーマンを辞めて「やればやるだけリターンがある」ポジションに行く方が合理的です。成果は私に!というガッツのある人は、独立・起業して世界を目指すべきなのです。

会社組織というものは、大発明をした研究者(会社員)に対する報奨金が金一封程度で、役員や株主には莫大な利益が転がりこむような仕組みですから、究極的には「サラリーマンとして死ぬほど頑張る!」という姿勢は、方向性自体が摩訶不思議と言わざるを得ません。

そもそも、会社はサラリーマンに大きく報いる仕組みではないのです(株式投資をやっている人はそのことを良く理解していると思います)。

歯車の仕事は、決められた時間内に決められた役割を果たすこと。その見返りは「安定」です。それ以上でもそれ以下でもありません。

※今の時代のサラリーマンは既に安定すらしていない、という厳しいご意見もありますが…

 

機械の故障は歯車の責任ではない

さて、機械が故障する原因について例をあげてみます。歯車が不調をきたして機械が動かなくなるのは

  1. 歯車を回しすぎ(長時間労働の問題)
  2. 近くの歯車とのかみ合わせが悪い(職場の人間関係)
  3. そもそも歯車をはめる場所が違う(人材配置の問題)
  4. 機械自体の設計がおかしくて未稼働歯車が錆びた(組織設計の問題)

このような問題は、基本的には管理サイドの問題・責任です。もし歯車自体がこれらの問題を自然に解決してくれるとしたら、それはとんでもないスーパー歯車です。

何と言うか、サラリーマンって、責任感とか協調性とか成長とかそういう都合の良い言葉で操られてる感じがするんですよね。しかも、資本家・経営サイドからそういう風に言われるならともかく、労働者同士で監視して評価しあっているのでことさら不思議な感じがします。

繰り返しになりますが、機械の故障は歯車の責任ではありません。

機械の故障について、自己修復を求められているとしたらそれは異常な状態と言わざるを得ません。しかし、事実上それを要求されていると感じている人は多いのではないでしょうか。

「え?この問題私がどうにかしなきゃいけないんですか?」と。

 

リスク・リターンのバランスを崩壊させる長時間労働

  • 役割・責任以上の仕事
  • 故障の自己修復

これらを行うためには通常の労働時間では足りません。必然的に長時間労働が発生することになります。

そして、この長時間労働というものは極論を言えば見返りのないものに人生を捧げる行為です。信じられないぐらい多くの、そして致命的なデメリットがあります。

  • 家族と過ごす時間が減る
  • 成長のための勉強時間を確保できない
  • 生産性が下がり続ける
  • いつか体調を壊し働けなくなるetc…

これらの重大なリスクに対して得られるリターンがちょっとした残業代というわけです。

 

  • 会社が利益をあげればあげるほど見返りがあるのが経営陣や資金提供者(株主や債権者)
  • 契約上の義務さえ履行すれば、結果に関わらずフィーを得られるのが労働者

自分が会社経営に対してどれだけリスクを負っているか?その見返りとしてどれだけリターンを得られる立場にいるのか?ここを勘違いして(勘違いさせられて)、リターンのないところに人生を投入するのは非常にもったいないと思うのです。

大切なのは企業との労働契約に基づく義務を履行することで、それさえ守っていればサラリーマンの特権とも言える給料・身分保障は得られます。給料の多寡はあれどこの安定こそがリターンそのものなのです。

(債券を買っておいて、株式よりもリターンが少ないと騒ぐ投資家はいないですよね。元本保証のハイリターン商品はあり得ません。)

逆に、経営陣や資金提供者(株主など)に給料・身分保障はありませんから、結局、世の中はリスクとリターンのバランスがうまく均衡して成り立っているわけですね。

長時間労働による新たなリスクの引き受けと、そこから得られるリターン(ちょっとした残業代)は、このバランスをぶち壊しているのです。

労働契約の中に「長時間労働せよ」という項目がない以上、サラリーマンのメリット(給料・身分保障)はそんなことをせずとも得られているわけです。それなのに、ちょっとしたリターンのために新たなリスクを引き受けるのは投資家目線では不適格な行為と言わざるをえません。

長時間労働はインフォメーションレシオが極端に悪いのです。

補足:インフォメーションレシオ

投資の専門用語で、「超過リターンを得るために、どのくらい追加リスクを負担したか?」を表す指標です。数値が高ければ高いほど望ましく、アクティブ運用の成果を計測するために利用されます。

 

まとめ

サラリーマンの特権ともいえる給料・身分保障は、労働契約上の義務を履行している限りは守られます。給料・身分保障という大きなメリットがある一方で、そのリターンは大きく抑えられています

スポーツ選手が結ぶ出来高契約のように、サラリーマンは「やればやっただけ見返りがある」立場にいるわけではないですから、長時間労働をしたところで得られるものはちっぽけな残業代程度です。

長時間労働による

  • 家族と過ごす時間が減る
  • 成長のための勉強時間を確保できない
  • 生産性が下がり続ける
  • いつか体調を壊し働けなくなるetc…

といった新たなリスクの引き受けに対して、リターンは極端に低いのです。長時間労働などせずとも、サラリーマンとしてのメリットは既に受けられていることを自覚すべきだと思います。

それを自覚したうえで、安定はそのままにもっと報酬や達成感が欲しいのなら、別なところでチャレンジすれば良いというのが私たちの意見です。「債券」のグレードを上げたいのなら、転職という選択肢もアリでしょう。

長時間労働は、せっかく均衡しているリスク・リターンのバランスを崩壊させる行為です。こんなに不利な取引を受け入れてはいけないと思います(逆に言えば、もしリスクとリターンが見合うことが確認できるのなら、必ずしも否定すべきものではありません)。

リスク・リターンのバランスを考えなければならないのは、金銭の投資だけではないということですね。不利な取引を強いられることなく、自分らしい生活が送れるように頑張っていきたいものですね。

それではまたっ!

 

関連記事です。

長時間労働や残業が発生するのは誰の責任か?

2017.07.24

「残業しないで定時帰り」を9ヶ月間続けた記録

2017.07.14

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comのボス(役割:投資対象の選定)。「お金の話」と「健康」をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計職人。40歳時点で、給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。