こびと株メンバーが友達にすすめている投資手法

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

投資って、勉強すればするほど「難しいこと」をやりたくなるんですよね。自分で資産運用するとアレコレ考えてしまうのですが…

友達にアドバイスを求められた場合は話が別で、とにかくシンプルに答えます。本当に大切なことだけに要点を絞ると、難しいことってあんまりないんですよね。

 

やはり王道は「長期・国際分散投資

  1. 世界中の株を買え
  2. できる限りコストを負担するな
  3. 円預金でリスクをコントロールせよ

これを、ひたすら長期でコツコツと続けるのみです。

投資の世界に正解はないですが、人類がたどってきた経済成長の歴史を見れば、これほど確実性の高い投資はないでしょう。

 

世界中の株を買え

もちろん投資目的によりますし、個別株投資の有用性を否定する気はまったくありませんが、私の身の回りの友人に限って言えば、個別株投資はないケースが多いです。

時間経験知識もないからです。カモになるのがオチです。

個別株など買わず、指数を買えばいいでしょう。アクティブ運用ではなく、スマートベータでもなく、時価加重型のパッシブ運用がいいです。

極論、VT一本で良いでしょう。米国の比重を重くしつつ国際分散投資を実現したいのなら、VTIやVEA、VEOで調整すればOKです。このへんが、唯一の調整しどころでしょうか。

とにかく、そんなに多くのETFは必要ありません。

 

できる限りコストを負担するな

  • 売買手数料
  • 信託報酬
  • 為替手数料
  • 税金

あらゆるコストは最小化すべきです。現状で達成できるミニマムなコストだけ負担するようにしましょう。

胴元を勝たせるような立ち回りをしている限り、自分には大きなリターンは落ちてきません。

 

円預金の割合でリスクをコントロールせよ

日本人にとって、無リスク資産は国債か円預金ということになりますが、国債は結構微妙です。

史上空前の低金利ということもあり、プロの実務家のなかには「ほとんどリターンを生まない円建て債券をコストをかけてポートフォリオに組み入れることには慎重になるべき」という意見を持っている人もいます。

固定利付債は、金利上昇による価格下落リスクもありますからね。

というわけで、個人的には

  • もっとも流動性が高く
  • 保有/取引コストが一切なく
  • 価格変動リスクのない

円預金でリスクをコントロールするのが無難かと思います。現金があれば怖くないのねん。貧乏神も言ってましたよね。

外貨建ての株式はハイリスクですから、保守的なぐらいキャッシュの割合を厚めにしておいても良いと思います。イケイケでやってしまうと、必ず枕を高くして眠れない日々が訪れます。

 

まとめ:結論はシンプル

長期国際分散投資がいいんじゃないかな!

時間軸は最低でも10年。欲を言えば、20年は持ち続けたいところです。20年という数字は、学者様の研究上は重要な数字ですね。

全世界株式円預金のポートフォリオ。シンプルで美しい(個人の感想です)ですね。何百時間も勉強して、数年の投資経験を踏まえたうえ友達におすすめできるとりあえずの結論です。

乱暴な議論に感じる人もいるでしょうが、そのへんはご容赦くださいw

で、念のために言っておきますが、絶対に多額の初期・一括投資をしてはいけません。時間も金額もうまく分散しましょう。

全世界の株式へ投資するのは、ハイリスクですから、そのリスクの大きさを甘くみてはいけません。だからこそ、リターンも期待できるんですけどね。

で、ペーパーアセットの資産運用はこのへんにしておいて

  • お仕事がんばる
  • 副業がんばる
  • 起業して事業を起こす
  • 与信を生かして不動産投資する

こういうことに注力した方がいいんじゃないでしょうか。多分ですけど。

以上、友達に伝えているシンプルな投資手法です。

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    シーウィード

    こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。