不屈の精神で月20万円の副収入を育てると、月20万円の収入を失う話【つらい】

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

40歳までに、給与以外に月20万円の収入を作る!というコンセプトのもと、日夜活動に励んでおります。

  • 配当金 月5万円(税引後)
  • 不動産 月5万円(税金、経費考慮後の手取り)
  • サイト 月10万円

年間で240万円になります。これにプラスして月10万分ぐらい働けば、家族2人なら十分に暮らせるでしょう。子供がいても、妻が月10万円稼げば全然OKです。夢の週2~3労働だ!

最近では金融資本の蓄積=配当金の伸びが順調なので、40歳時点で月10万円ぐらいの配当に到達しそうな感じです。

サイト収入に関しては、現時点で月15~20万円ぐらいの収益があるのでもうゴールしてますね。あとはこれをいかに長く安定させてキープするか。

 

このブログを開設した2016年10月時点と比較すると、2年でずいぶんと計画が進捗したように思います。いたって順調!何事もやってみるものですね。

 

ところが。

 

良いことがあれば、悪いこともあるのが世の常です。

順調に育つ副収入を横目に、妻ちゃんがこんなことを言い始めました。

 

妻「月20万円の副収入ができたら、私はもう働かなくて良くなるね♪」

 

シーさん
え?

ちょっと待っていただきたい。Youが働かなくなると、Meはフルタイムで働き続けなきゃいけない可能性があるんですが?

 

妻「私の月給は手取り20万円ぐらいだからー、月20万円の配当・ブログ収益ができればプラマイゼロだよ!」

 

シーさん
違うんです違うんです。You(ユー)が働かなくてよくなるYou(よう)に、副収入を育ててるわけじゃないんですYo。違うんです。違うんです!

 

妻「早く副収入が20万円になるといいなー。ダラダラ過ごしたなー♪」

 

ダメだ話が通じない…

 

最近、純正のダメ上司が異動してきたらしく、労働意欲を著しく削がれているようです。

リタイアを夢見始めた妻。こうなると、現実の世界に連れ戻すのは並大抵の努力では不可能です。

 

あぁ、しっかりと議事録をとっておくべきだった…

  • なぜ私がこのような取り組み(4つの財布計画)を始めたか?
  • 私たちファミリーはどこからきて、どこへゆくのか?

 

自由へと向けた私の取り組みは、今や「妻を労働から解放するため」の崇高な戦いへと形を変えてしまったようです。

え、これさぁ。月20万円の副収入を育てる=妻の月給20万円がなくなるなら、僕の頑張り意味なくなくなくない?何もしないのが正解じゃないか!

これを「世帯年収保存の法則」と言います。

 

とりあえず、今晩、ケーキを買って帰って肩を揉みながらネゴシエーションをしようと思います。

負けないよ!

 

もしブログの更新が止まったら、つまりそういうことです。

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。